スポンサードリンク

エジソンが言いたかったのは才能がないと努力は無駄ってこと


エジソンの言葉は誤解されている

発明王のトーマス・エジソンは、「天才とは1%のインスピレーションと99%の努力だ」と言いました。

この言葉は、人間は努力し続けたら必ずいつかは成功できるという言葉として瞬く間に世間に浸透していきました。

しかしエジソンは、サクセス・マガジンという雑誌の取材で、以下のように答えています。

”私は1%のインスピレーションがなければ、99%の努力は無駄になると言ったのに、世間は私の言葉を都合のいい美談に仕立てあげ、私を努力の人と美化し、努力の重要性だけを成功の秘訣と勘違いさせている。

インスピレーションは私の才能であり、その才能を努力によって伸ばしたことにより、現在の成功があるんだ。(トーマス・エジソン)

世間で認識されている言葉の意味は、実は正反対にとらえられていたのですね。

一万回の失敗についてインタビュアーに尋ねられた際に、「失敗ではない。うまくいかない方法を一万通り発見しただけだ。」と言ってのけるエジソンだからこそ、このように誤解されたのかもしれません。

スポンサードリンク

エジソンの努力は半端じゃなかった!

そんなエジソンも、「私は毎日18時間働くことにしている」「決して時計をみるな」といった言葉を残しており、並大抵の努力ではなかったことは明らかです。

元ライブドア社長の堀江貴文氏も著書で、凡人が年収1,000万円を稼ぐための最も近道は、毎日18時間以上働くことだと述べています。

本気で稼ごうと考えているのなら、最低限はそれぐらいの努力が必要ってことでしょうね。

才能がない人でも稼げるのか

作家のサマセット・モームは、「才能のない人達が、美術を追究することほど悲惨なことはない」と言い切っています。

ここまではっきり言われると逆に清々しいぐらいですが、ようするに才能がない人間は成功できないのかという話になってしまいます。しかし、なにもまったく才能がない人間というのは、むしろ少数派ではないかと思います。

誰にでも才能があるとは言いませんが、誰しもが趣味や没頭できることを一つは持っているはずです。それを極めることが、才能を開花させるためには重要です。

人生を賭けたらK点を越えられる

自分の才能がわからないという人は、作家のリチャード・H・モリタ氏の著書がとても参考になると思います。書籍では以下のように述べられています。

”本当の目標を見つけるには、人生の生活史を作成することが必要です。そうすれば本当の自分、自分の価値観、人生観が明確にわかってくるはずです。

さらに自己との対話を深めながら意識下にある記憶を想起、保持していくと、あなたらしさと、自分らしい目標がきっと見えてきます。そして、本当の目標を見つけた時に、更なる高みを目指すことができるのです。(リチャード・H・モリタ)

簡単に要約すると、本当の目標というのは自分の中に隠れているということですね。それを見つけることが難しくて、見つけてさえしまったらあとは簡単なことであり、自然と人生の意味へとつながっていくということでしょう。深イイ話ですよ。

目標を見つけたら人生が変わった

私もそうですが、自分の才能を探すために過去を見つめ直したことがあります。その時に、小学生の頃に書いた作文が県のなにかで受賞したことを思い出しました(超うろ覚えですけど)。

もしかしたら、自分には書く才能があるんじゃないかと考えて、そこからパソコンで文章を打つようになりました。

結果的に、電子書籍ですけど出版することもできましたし、こうやってブログで副収入を手にすることもできています。まだまだ微々たるものですけど、今後も才能を伸ばすために努力していきたいと思っております。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme