オスグッド・シュラッター病のリハビリと予防法

オスグッド・シュラッター病は、まだ骨端線が閉じていない10代前半に発生する脛骨の骨端軟骨板障害です。

1903年にロバート・ベイリー・オスグッドとカール・シュラッターが別々に症例を発表したため、この病名がつきました。

成長期は急激に軟骨が骨に成長する時期であり、脛骨結節の成長線に過剰な負荷が加わることで痛みが発生します。

その状態を一般的には「成長痛」と呼んでおり、直近2〜3ヶ月で急激に身長が伸びていないかを確認することも大切です。

基本的に軟骨には神経が存在しませんので、実際に疼痛を感知している組織は骨膜になるのではないかと考えています。

脛骨に関しては成長線の負荷に加えて、大腿四頭筋の収縮による膝蓋腱の牽引ストレスが入ると損傷を助長することになるので注意が必要です。

サッカーや陸上競技をしている12〜13歳の男子に好発しやすいと報告されており、理由としては男子のほうが急激に身長が伸びることに加えて、運動時の大腿四頭筋の収縮が強いことが挙げられます。

以上のことを考慮すると、身長が急激に伸びている時期は大腿四頭筋が過度に収縮する運動は控えることが障害の予防につながります。

運動を続けて症状が進行してしまうと、単純X線上でも脛骨粗面の膨隆や分節化といった異常所見が認められます。

オスグッド・シュラッター病のリハビリ方法としては、まずはとにかく安静を保つことが必要不可欠です。

安静とは大腿四頭筋に収縮が入らないようにするということであり、損傷している成長軟骨板への牽引ストレスを極力に減らします。

膝関節屈曲位で荷重させたり、骨盤が後傾していると伸展モーメントが増大するため、調整できる部分はできる限りに介入します。

あまり多くはありませんが、骨の成長に対して筋の伸張が追いついていない相対的短縮を起こしているケースでは、大腿四頭筋のストレッチングを行うことが推奨されます。

基本的にオスグッド・シュラッター病は徒手療法で治せるものではありませんので、早期に痛みを沈静化できることを目指すのが大切です。

そのためには、病態と発生原因を確実にとらえる必要があり、患者や家族に理解していただけるように努めるようにしてください。


vc

他の記事も読んでみる

スキルアップできる本

vc

勉強になる情報をお届けします!

ピックアップ記事

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme