ジャンパー膝(膝蓋腱炎)のリハビリ治療

vc

膝関節のスポーツ障害として多い膝蓋腱炎(ジャンパー膝)のリハビリ治療について解説していきます。

ジャンパー膝の概要

ジャンパー膝のリハビリ治療
ジャンパー膝の好発部位

名前の通りにジャンプ動作の多いスポーツで発生しやすく、バレーボールやバスケットの選手では、その30〜40%に発生すると報告されています。

予後は比較的に良好ですが、腱は血流が乏しいために1度炎症が発生すると慢性化しやすく、治癒までに長期間を要することもあります。

ジャンパー膝の治療方法としては、①安静指示(炎症の軽減)、②大腿四頭筋のリラクゼーション、③後方筋群の伸張になります。

安静指示(炎症の軽減)

炎症を沈静化させるためには安静が第一であり、そのためには膝蓋腱の牽引ストレス(大腿四頭筋の収縮や伸張)を控えることが大切です。

痛みのある動作は炎症部位に負担が加わっているという合図ですので、運動は痛みのない範囲で行うか、しばらく休むようにしてください。

ジャンプ動作はもちろんですが、キック時の踏み込み動作(軸足)や膝関節屈曲位での荷重、骨盤後傾位などもストレスの増大因子となります。

膝蓋腱の痛みが強くて生活に支障が出る場合や、どうしても練習や試合を休めない場合に有効なのが膝蓋腱の圧迫です。

方法としては、テーピングやサポーターなどがありますが、ここでは簡単に痛みを軽減できるテーピングを紹介します。

膝蓋腱炎のテーピング

上の写真を見ていただくとわかりやすいですが、単純に膝蓋腱を圧迫するようにテープを巻くだけでいいです。

どうしてこれだけで痛みが軽減するかというと、腱を引っ張っているのは筋肉であり、腱はその力を伝達するための硬い組織です。

損傷している腱がある手前で筋腱を圧迫してしまうと、それより遠位にある腱には引っ張られる力が加わらなくなります。

損傷した組織へのストレスがなくなるのですから、必然的に膝蓋骨下方(膝蓋腱)の痛みもなくなるというわけです。

テーピングで十分に効果が認められるなら、その後の生活を考慮して、簡易的なサポーターの購入をおすすめします。

超音波治療も炎症の軽減に効果的であり、リハビリと合わせて物理療法を併用するようにしてください。

大腿四頭筋のリラクゼーション

大腿四頭筋の過度な緊張は停止部の負担を増強させるので、静的リラクゼーション(マッサージ)にて緩めます。

痛みを伴うストレッチは患部の負担を増加させてしまうので、無理に伸張するような方法はとるべきではありません。

大腿四頭筋のストレッチを行うのは疼痛が落ち着いてからであり、再発を予防するうえでは重要となります。

大腿四頭筋の短縮を調べるテストとして、腹臥位で膝関節を屈曲させるエリーテストがあります。

通常なら踵が殿部まで付きますが、短縮している場合は大腿前面に突っ張り感が出現し、疼痛回避動作として尻上がり現象が起こります。

具体的なストレッチ方法としては、立位の状態から反対側の手で伸ばしたい側の足部を把持し、踵をお尻までゆっくりと近づけていきます。

ジャンパー膝/オスグッド病のストレッチ2

後方筋群の伸張

ハムストリングスの短縮は骨盤を後傾させて、大腿直筋が伸張することで負担を増加させることに直結します。

下腿三頭筋や後脛骨筋の短縮は足関節の背屈制限をきたし、ジャンプ動作時などに膝が前に出なくなって後方重心となります。

そうすると重心を前方に保つために、前方に位置する筋肉(大腿四頭筋など)に過剰な収縮が求められます。

そのため、ハムストリングスを中心とした後方筋群の伸張は必須であり、在宅エクササイズとしてストレッチングを指導しておきます。

また、ジャンパー膝を起こしやすい身体的特徴として、膝関節の外反、下腿外旋位、足部の外転・回内などが挙げられます。

下腿が外旋すると膝蓋腱は伸張位となるため、ストレスを高めて膝蓋腱炎を起こしやすくなります。

そのため、ジャンプの着地動作では骨盤が後傾位とならないことに加えて、ニーインしないように注意することが必要となります。


他の記事も読んでみる

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme