上腕骨外側上顆炎(テニス肘)のリハビリ治療

vc

上腕骨外側上顆炎のリハビリ治療について解説していきます。

上腕骨外側上顆炎の概要

上腕骨の遠位は筋肉が付着しやすいように隆起しており、外側(橈側)を上腕骨外側上顆、内側(尺側)を上腕骨内側上顆といいます。

外側上顆に付着する筋肉を過剰に使用することで、起始部に炎症が起こっている状態を「上腕骨外側上顆炎」といいます。

好発年齢は30〜50代で、テニスをされている方々に多く発症することから「テニス肘」とも呼ばれます。

発生メカニズム

一般的には、加齢的変化によって筋肉や腱の退行変性などが起こり、そこに過度な負荷が加わることによって生じるとされています。

外側上顆に付着する筋肉の中でも、とくに短橈側手根伸筋(extensor carpi radialis brevis:ECRB)が問題となっている場合が多いです。

また、炎症がほとんどないにも関わらず、長期にわたって痛みが残存しているケースでは筋膜障害の可能性もあります。

テニスよりも重量物の運搬で発生する

554例の外側上顆炎を解析した報告によると、最も多くみられた発症原因は「重量物の運搬」で、全体の38%を占めていました。

テニスが原因となっている症例は約10%であり、全体の比率からみると発生頻度はそれほど高くありません。

しかし、テニスプレーヤーにおける発生率は30〜50%と高率で、とくに硬式テニスやプロレベルになると60%以上が本症を経験しています。

上腕骨外側上顆炎の場合は筋肉が障害部位であるため、障害部位の圧痛に加えて、原因筋の収縮時痛が認められます。

整形外科検査

Thomsen test

  • 肘を伸ばしたまま手関節の背屈に対して抵抗を加え、手関節伸筋群起始部の疼痛を診る
  • テニス肘では高頻度に疼痛が出現する
  • 同様のテストで徒手抵抗ではなく椅子を持ち上げてもらう「Chair test」がある
中指伸展テスト

引用:日本整形外科学会発行のパンフレット「テニス肘」

中指伸展テスト

  • 肘を伸ばしたまま中指の伸展に対して抵抗を与え、手伸筋群起始部の疼痛を診る
  • 短橈側手根伸筋は第3中手骨底の背側面に付着しているため、選択的に負荷をかけることができる
Thomsen test

引用:日本整形外科学会発行のパンフレット「テニス肘」

手術療法(観血的治療)

テニス肘のほとんどは保存療法で完治しますが、難治例に対しては短橈側手根伸筋の切除術、筋膜切開術などが実施されます。

どの手術においても、その治療目的は短橈側手根伸筋の緊張を軽減して除痛することです。

近年では積極的に関節鏡視下手術も行われており、従来より早期に社会復帰が可能となっています。

また、術式によって治療成績に大差が出るとした報告はありません。

リハビリテーション

上腕骨外側上顆付近の痛みは筋膜障害で起こっているケースも多いため、上記のラインはしっかりとリリースするようにします。

とくに外側上腕筋間中隔に繋がる上腕の筋肉(上腕二頭筋、上腕筋、上腕三頭筋)の滑走不全はチェックが必須です。

筋膜制限は最終的には分節末端で代償することになり、各指は各運動配列を代償しています。

ここで重要なのは、患者が感じている指先の違和感が「第1〜3指」と「第4〜5指」のどちらにあるかです。

第1〜3指にある場合は、中隔よりも前方に問題があるので、外側上腕筋間中隔に起始を持つ上腕筋の外側を中心に滑走不全を見つけます。

第4〜5指にある場合は、中隔よりも後方に問題があるので、外側上腕筋間中隔に起始を持つ上腕三頭筋外側頭を中心に滑走不全を見つけます。

さらにアナトミー・トレインを参考にして筋連結上をみていくと、上腕三頭筋は棘下筋(腱板筋)や肩甲挙筋に繋がります。

必要に応じて、それらの強い繋がりを持っている筋肉もチェックしていくことが必要です。

その他の外側上腕筋間中隔に起始を持つ筋肉として、腕撓骨筋と長橈側手根伸筋の2つがあります。

とくに腕撓骨筋は肘関節に作用する筋肉なので、滑走不全が存在しないかをチェックすることは重要です。

次に上腕骨外側上顆に付着する筋肉ですが、合計で7つもの筋肉が起始していますが、その中でも短橈側手根伸筋が関与しやすいです。

純粋なテニス肘には手首への過剰な負担(オーバーワーク)が影響するので、安静や使い方の指導が必要となってきます。

テニス動作(ラケットの握り方など)

フォーム指導はテニス経験のない素人には難しいですが、「橈側グリップではないか」と「腕だけで打っていないか」のチェックだけは行います。

片手バックハンドストロークで順回転のボールを打つためには、強い手関節伸筋群の収縮が必要で、テニス肘の原因にもなります。

若年者のスポーツ障害である場合は、再発を避けるために両手でのバックハンドストロークへの変更も検討してください。

尺側グリップ

  • 環指と小指でラケットをしっかりと握り、示指と中指はリラックスした握り方
  • 短橈側手根伸筋への負担が少ない
テニスラケット|尺側グリップ

橈側グリップ

  • 示指と中指に力が入り、ラケットをしっかり掴んだ握り方
  • 短橈側手根伸筋への負担が大きい
テニスラケット|撓側グリップ

テニスの不良動作

  • 体幹回旋が乏しく、腕だけで打っている
  • バックハンドで手関節掌屈位となり、ECBRを過伸長している
  • サービスエースで肩関節の内旋が減少している
  • インパクトがスウィートスポットから外れている

初心者ほどテニス肘になりやすい理由

技術的に未熟な人はスウィートスポット(ラケット中央)から打点が外れるため、インパクト時の振動が大きくなり、肘部への負担が大きくなります。

また、上級者はインパクト時にのみ手関節の背屈筋や掌屈筋が強く収縮するのに対して、初心者はスウィングの間中ずっと筋収縮が起こっています。

これらの理由からテニス初心者に上腕骨外側上顆炎は起こりやすく、とくに中年以降に始めた人ほどリスクが高まります。

テニスラケット|スウィートスポット

外側上顆に負担をかける手部の筋肉

上腕骨外側上顆に負担をかける手部の筋肉として、長母指外転筋と背側骨間筋があります。

長母指外転筋の近位は短橈側手根伸筋と並列していますので、そこに滑走不全が存在すると、間接的に外側上顆へのストレスを増大させます。

滑走不全を確認する方法としては、短橈側手根伸筋の外縁をたどるように触診していき、圧痛や滑りにくさがないかをみていきます。

背側骨間筋は「SBAL」を通じて短橈側手根伸筋などと連結を持つため、ここの筋膜の滑走不全も影響を与えている場合があります。

とくに第1背側骨間筋は外方の筋膜ラインに存在しているため、背側骨間筋の中でも特にチェックしておくとよいです。


他の記事も読んでみる

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme