スポンサードリンク

ハイヒールで足首の痛みが楽になることもある


ハイヒール靴は外反母趾などの足部障害を誘発する原因となりやすいため、整形外科では悪役扱いされやすい傾向にあります。

今回はそんな悪役(ヒール)を履くことによって痛みが軽減する場合もあることを紹介し、必ずしも悪いことばかりではないことを解説していきます。

ハイヒール靴と外反母趾

ハイヒール靴を着用していると、確かに外反母趾の発生リスクが高まることは事実です。しかし、履いていなくても発生する人たちは当然ながら存在します。

問題はどれだけ発生率が高まるのかですが、いくつかの研究によると通常よりも30%ほど高まることが報告されています。

見方を変えてみるなら、少しリスクは上がるけど必ずしもハイヒール靴を履いていたから外反母趾になったわけではないと言えます。

ハイヒール靴による外反矯正

普段からハイヒールを愛用している女性の中には、スニーカーを履くよりも楽だと訴える方々がいます。

その理由のひとつとして、女性では足部が外反している傾向が強く、足首や膝の負担が増していることがあるためです。

ハイヒールのように足先よりも踵が高い靴では、踵骨を前方に引き寄せて外反を矯正する方向に作用し、結果的に足部を安定させているのです。

そのため、急に平たい靴などに変更させられたら、普段とは違う部位に負担がかかるようになり、逆に痛みを起こしてしまうことも少なくありません。

ハイヒールによる足部外反の矯正

ハイヒール靴と腰痛の関係性

踵が上がっている状態では重心線が前方に移動するために、それを補うために股関節の伸展や骨盤の前傾といった連鎖的な動きが発生します。

元々が反り腰である人の場合は、さらに反り腰を助長してしまうため、腰痛を悪化させている原因となっていることがあります。

反対に腰の反りが少ない人では、適度な反りが作られることにより、脊椎のクッション作用が増して腰痛が楽になる場合もあるのです。

そのため、一概にハイヒールを履いているから悪いと決めつけるのではなく、その人に合っているかを見極めることが大切になります。

補高と腰椎前弯|つま先上げ

外反母趾を予防する

ハイヒールで外反母趾が起きる原因は、つま先が前方に滑っていき、長時間にわたって母趾が外反位に強制されるからです。

そのため、つま先が前方に滑っていくことさえ防止できたら、普通の靴を履くのとリスクはほとんど変わらないともいえます。

百円均一などで滑り止めは売られていますので、自分に合ったものを選ぶようにしてみてください。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme