vc

ヒラメ筋

この記事では、ヒラメ筋(soleus)に関する充実したデータを閲覧できます。

ヒラメ筋の概要

ヒラメ筋の起始停止

ヒラメ筋はその大部分を腓腹筋に覆われている扁平な筋肉で、語名はsolea(靴底)に由来しています。

筋体積に対して筋横断面積が大きいため、筋出力が非常に高いことが特徴です。

歩行など日常生活では常に使用し続けられる筋肉であるため、全筋肉の中で遅筋線維の割合が最も高く、全体の90%弱を占めています。

白筋線維より赤筋線維のほうが不活動による萎縮を起こすため、ヒラメ筋は術後などの長期臥床によって廃用が進行しやすいので注意が必要です。

また、下腿には静脈洞や強力な筋膜、上方には静脈が位置しているため、ヒラメ筋は骨格筋のポンプ作用として非常に重要な役割を担っています。

基本データ

支配神経 脛骨神経
髄節 S1-2
起始 腓骨頭、腓骨と脛骨の間のヒラメ筋腱弓、脛骨後面のヒラメ筋線
停止 踵骨隆起
栄養血管 後脛骨動脈
動作 足関節の底屈
筋体積 575
筋線維長 3.1
速筋:遅筋(%) 12.387.7

運動貢献度(順位)

貢献度

足関節底屈

1 ヒラメ筋
2 腓腹筋
3 長腓骨筋

※ヒラメ筋は腓腹筋よりも足関節底屈に貢献する筋肉です。

ヒラメ筋の触診方法

自己触診:ヒラメ筋

膝関節を屈曲した状態で足関節の底屈運動を実施すると、腓腹筋の深部で収縮する扁平なヒラメ筋を触知することができます。

下腿下部の側方より指腹を入れ込むことで、容易に収縮を感じとることができます。

下腿の断面図

下腿中央の断面図|ヒラメ筋

下腿中央を断面でみた場合、ヒラメ筋は腓腹筋に囲まれるように位置していることがよくわかります。

側面は腓腹筋が覆っていない部分もあるので、そこに指をあてることで直接的な触知が可能です。

ストレッチ方法

ヒラメ筋のストレッチング

膝関節伸展位では二関節筋である腓腹筋が伸張されるので、膝関節は屈曲して実施することでヒラメ筋を選択的にストレッチできます。

筋力トレーニング

ヒラメ筋の筋力トレーニング

膝関節が伸展していると下腿三頭筋の収縮が入ってきますので、ヒラメ筋を選択的に強化するために膝関節は軽度屈曲位で実施します。

圧痛点と関連痛領域

ヒラメ筋の圧痛点と関連痛領域

ヒラメ筋はは内方運動配列の筋膜に属します。

圧痛点(トリガーポイント)は主に腓腹筋内側頭とヒラメ筋の間(筋腱間接合部)に出現しやすく、関連痛は足関節内方に出現します。

このラインに問題が生じると、腓腹筋内側頭の筋痙攣や足関節内反捻挫を引き起こす原因となります。

歩行時の筋活動

ヒラメ筋の歩行時の筋活動

ヒラメ筋は荷重応答期(LR)の後半から立脚終期(TSt)にかけて活動します。

この時期は足関節が背屈している時期であり、ヒラメ筋は遠心性に働いて足関節の安定に寄与します。

そして立脚終期の最後の一瞬だけ蹴り出すようにして求心性に収縮します。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme