スポンサードリンク

ブログで雑記を書かなくなった理由と雑記を書いた理由


前回の記事で「リハトラネットが死亡した理由」について書きましたが、意外にも結構読まれていたので今回もまた雑記を書こうと思います。

昔から読んでくれている人はご存知かもしれませんが、一年ぐらい前は雑記も結構書いてたんですが、今ではほとんど書かなくなりました。

理由はひとつで、雑記はほとんど検索流入がないので、過去記事は埋もれてしまって誰からも読まれずにひっそりと役目を終えるからです。

そういった記事ばかりを書いていると、どれだけ記事数を増やしてもPVは安定しませんし、疲弊するだけなのでもう書かなくなりました。

雑記を減らしたらどうなったかというと、閲覧しに来てくれるリピーターが明らかに減少したような気がします。

また、一本の記事に注力するようになるため、更新頻度も下がります。そういったことが重なっていくと、新しい記事を書いたときの読まれる数が減ります。

先月は60万PV/月を超えてましたが、その時よりも一年前の雑記を書いてたときのほうが新着記事は明らかに読まれていました。

そういった意味からもサイトの方向性は大きく分けると二種類あると考えています。

ひとつはニュースサイトやファンサイトのようにリピーター向けに毎日記事を更新するサイトで、もうひとつはSEO向けに検索でヒットする記事を書くサイトです。

前者はカリスマ性というか人気があっての商売だと思うので、個人ブログとしてはかなり難易度が高いと思います。

有名ブロガーのイケハヤさんなんかはまさに前者で、最近はほとんどファン向けの記事ばかり書いています。

ただそちらのほうが実は収益性がとても良くて、シナプスようなコミュニティも作れますし、有料記事を書いたらファンが買います。

芸能人があれだけお金を稼げるのも、やはり人気があってのことです。

もしも療法士ブロガーだったら講演などの機会も増えると思いますし、知名度を利用して学会などの役員として招集されることもあるはずです。

後者のSEO向けサイトのメリットは、毎日更新する必要がありませんし、自分のペースで気ままにできることです。

また、一定の記事数が集まったら更新しなくても収益を発生させることができますし、不労所得感が強いサイトを作ることができます。

人を引き付けるような強い魅力や特技がないという方は、いくら記事を書いてもリピーターは増えませんので、SEO向けに書いたほうが効率はいいです。

具体的な作り方などについてはまた書いていこうとは思いますが、おそらくブログのブルーオーシャンはすぐに終わると個人的に思っています。

AIが情報収集してまとめる時代になったら、どう考えても人間では勝てませんからね。

現在ブログをやってる人やこれから始めたい人は、その時が来るまでにリピーター向けサイトにシフトしたほうが無難かもしれません。

AIには真似できない感情的な部分や技術的な部分で稼げるようになることが、これからの療法士ブロガーには必須です。

私もそちらの方向へ徐々にシフトしていけるように、試行錯誤しながらやっていこうと思いますので、良かったらサイトのほうもちょこちょこと覗いてみてください!


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme