スポンサードリンク

上双子筋,下双子筋

理学療法士が副業で年収を2倍

上双子筋、下双子筋に関する充実したデータ(ストレッチ、筋力トレーニング、マッサージ方法など)をここでは閲覧できます。目次は以下になります。

股関節の深層外旋六筋とは

股関節深層に位置する外旋筋を総称して「深層外旋六筋」と呼ばれています。

具体的には、①梨状筋、②内閉鎖筋、③外閉鎖筋、④上双子筋、⑤下双子筋、⑥大腿方形筋の6つが深層外旋六筋に属します。

大腿外旋六筋

①上双子筋の概要

上双子筋(superior gemellus)は臀部に位置する筋肉です。股関節の深層外旋六筋のひとつで、梨状筋と内閉鎖筋の間に存在する小さな筋肉です。

股関節外旋への貢献は僅かになります。

 1.前方から見た上双子筋
上双子筋|正面
 2.側方から見た上双子筋
上双子筋|側面
 3.後方から見た上双子筋
上双子筋|後面
支配神経 仙骨神経叢の分枝
髄節 S1-3
起始 坐骨棘
停止 大腿骨の大転子の転子窩
栄養血管 下殿動脈
動作 股関節の外旋
筋体積 6㎤
筋線維長 2.8㎝
速筋:遅筋(%) 50.0:50.0

②下双子筋の概要

下双子筋(inferior gemellus)は臀部下部深層に位置する筋肉です。内閉鎖筋の直下を走行し、内閉鎖筋の働きを補助します。

股関節の深層外旋六筋のひとつですが、外旋運動への貢献度は小さいです。

 1.前方から見た下双子筋
下双子筋|正面
 2.側方から見た下双子筋
下双子筋|側面
 3.後方から見た下双子筋
下双子筋|後面
支配神経 仙骨神経叢の分枝
髄節 L4-S1
起始 坐骨結節
停止 大腿骨の大転子の転子窩
栄養血管 下殿動脈
動作 股関節の外旋
筋体積 10㎤
筋線維長 2.3㎝
速筋:遅筋(%) 50.0:50.0

深層外旋六筋の筋出力(順位)

順位 股関節外旋筋群
1位 大腿方形筋
2位 内閉鎖筋
3位 梨状筋
4位 外閉鎖筋
5位 下双子筋
6位 上双子筋

※双子筋の貢献度は、上下ともに僅かな作用となります。

ストレッチ方法

①座って両足の裏を合わせ、背中を真っ直ぐにしたまま上体をゆっくり前屈します。
内閉鎖筋,ストレッチ,方法
②テーブルの横に立ち、片方の膝を曲げ、もう片方の脚の前から交差させて足首を反対の脚の膝の上に置き、上体を前傾させていきます。
外閉鎖筋,ストレッチ,方法,股関節外旋

筋力トレーニング

①両足を広げて立ち、臀部に力を入れて中央に寄せます。お尻の外側をへこませるようなつもりで実施します。
上双子筋,筋力トレーニング,方法
②足部の前方にゴムチューブを巻き付けて、反対の足首に引っかけて結びます。その状態で立位の姿勢をとり、下肢を外旋させていきます。
下双子筋,筋力トレーニング,方法,セラバンド,ゴムチューブ

マッサージ方法

浅層は大殿筋に覆われており、個別にマッサージすることは困難です。梨状筋の下部を走行していますので、頭でイメージしながら押圧を加えていきます。

上双子筋|浅層筋

下双子筋は大腿方形筋の上部を走行していますので、そのイメージで押圧を加えながら、深層筋全体をほぐしていきます。

下双子筋|浅層筋

お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme