【専門職向け】上腕二頭筋のトリガーポイントと痛みの場所

この記事では、上腕二頭筋(biceps brachii)に関する充実したデータを閲覧できます。

上腕二頭筋の概要

上腕二頭筋の起始停止

上腕二頭筋は2つの起始を持っており、肩甲骨の関節上結節(上方関節唇)に起始する側を長頭といい、烏口突起に起始する側を短頭といいます。

肘関節屈曲の主力筋で、前腕の強力な回外にも作用します。

前腕回内位では橈骨が回転して停止部の橈骨粗面がずれるため、肘関節の屈曲力が低下し、代わりに上腕筋の屈曲貢献度が高くなります。

また、肘関節屈曲時は筋肉が弛緩するため、前腕の回外力も低下し、代わりに回外筋の貢献度が高くなります。

上腕二頭筋は「硬くなりやすい筋肉」であり、小胸筋と共に肩関節前方の痛みに大きく関与します。

基本データ

支配神経 筋皮神経
髄節 C5-6
起始 ①長頭:肩甲骨の関節上結節、上方関節唇

②短頭:肩甲骨の烏口突起先端

停止 橈骨粗面、上腕二頭筋腱膜を介して前腕筋膜
栄養血管 上腕動脈
動作 肩関節の屈曲(主に長頭)水平内転(主に短頭)

肘関節の屈曲、前腕の回外

主な拮抗筋 上腕三頭筋
筋体積 366
筋線維長 14.1
速筋:遅筋(%) 53.646.4

運動貢献度(順位)

貢献度

肘関節屈曲

前腕回外

肩関節屈曲

1 上腕二頭筋 上腕二頭筋 三角筋(前部)
2 上腕筋 回外筋 大胸筋(上部)
3 腕橈骨筋 長母指外転筋 上腕二頭筋
4 長橈側手根伸筋 長母指伸筋 前鋸筋

※肩関節の水平内転も大胸筋、三角筋に続いて3番目の貢献度であり、肘だけでなく肩にも重要な役割を持つ非常に優秀な筋肉です。

上腕二頭筋の触診方法

①上腕二頭筋長頭

自己触診:上腕二頭筋長頭

単純な肘関節屈曲では上腕筋との区別が難しいため、肘関節90度屈曲位での前腕回外運動にて収縮を触知します。

②上腕二頭筋短頭

自己触診:上腕二頭筋短頭

短頭は前腕内側に位置するため、触診する際は隆起部の内側に手を当てることで簡単に触知できます。

上腕中央の断面図

上腕中央の断面図|上腕二頭筋

上腕二頭筋を断面図で見た場合、上腕骨を境に筋間中隔によって上腕三頭筋と分かれています。

上腕筋よりも前内方に位置しており、上腕二頭筋の中では短頭が最も内側に位置していることがわかります。

ストレッチ方法

上腕二頭筋長頭のストレッチング

肩関節を伸展させて壁に手を付き、上体を下ろしていきます。

指先を下向きにすることで長頭が、上向きにすることで短頭が選択的にストレッチングすることができます。

上腕二頭筋に緊張が存在すると強い痛みを伴いますので、十分にリラクゼーションしてから行うことが大切です。

筋力トレーニング

上腕二頭筋の筋力トレーニング

ダンベルや重りを両手に持ち、前腕は回外に把持した状態で、肘関節をゆっくりと屈伸していきます。

前述したように上腕二頭筋は短縮しやすい筋肉であるため、疼痛などの治療において積極的に鍛えることはほとんどありません。

それよりも拮抗筋である上腕三頭筋を鍛えることにより、過度な緊張を抑制することが重要となります。

上腕三頭筋の筋力トレーニング

トリガーポイントと関連痛領域

上腕二頭筋の圧痛点(トリガーポイント)は筋腹に出現し、関連痛は主に肩関節前方と肘関節前方に出現します。

緊張状態が続いていると徐々に筋肉が短縮していき、肘関節の伸展制限をきたしているケースもあります。

アナトミートレイン

上腕二頭筋はDFAL(ディープ・フロントアーム・ライン)という筋膜経線上に存在しており、このラインは小胸筋を介して上位肋骨に繋がります。

表層筋ではありますがDFALに属しており、それは表層のSFALが上腕部の内側筋間中隔を通過する急行性の筋膜だからです。

肩関節前方に痛みを訴える患者では、このラインに問題をきたしているケースが多く、小胸筋や上腕二頭筋に圧痛を認めます。

上腕二頭筋が関連する疾患

  • 上腕二頭筋長頭腱炎
  • 肩上方関節唇損傷(SLAP損傷)
  • 上腕二頭筋長頭腱断裂
  • 上腕二頭筋長頭腱脱臼
  • 烏口突起炎 etc.

上腕二頭筋長頭腱炎

上腕二頭筋長頭炎|結節間溝②

上腕二頭筋長頭腱は大結節と小結節の間(結節間溝)、棘上筋と肩甲下筋の間(腱板疎部)を通過して関節上結節と上方関節唇に付着します。

肩関節外旋位で緊張が増加し、その作用によって骨頭を関節窩に押し当てて、不安定な肩甲上腕関節を安定させています。

肩関節の中でも長頭腱は問題が発生しやすく、繰り返されるメカニカルストレスによって結節間溝部で腱炎が起きます。

また、野球の投球動作などで急激に収縮した際に起始部(上方関節唇)が剥離する肩上方関節唇損傷が生じます。

烏口突起炎

烏口突起に付着する筋肉1

上腕二頭筋短頭は肩甲骨の烏口突起尖端より起始しますが、起始部では烏口腕筋と合流しており、共同腱として烏口突起に付着しています。

短頭はその走行から肩関節の水平内転にも作用しますが、それに対して長頭はその走行から肩関節の屈曲運動への貢献度が高くなります。

肩関節周囲炎(その中でも烏口突起炎)では、烏口突起に強い圧痛を認めることになり、肘関節屈曲時に上腕二頭筋短頭の収縮時痛を認めます。

短頭は長頭に比べて障害をきたすことはほとんどないため、肘関節の屈曲時痛が認められる場合は、まずは長頭の問題を疑って調べていくと効率的です。


vc

他の記事も読んでみる

スキルアップできる本

vc

勉強になる情報をお届けします!

ピックアップ記事

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme