スポンサードリンク

上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘)のリハビリ治療


上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘)のリハビリ治療に関する目次は以下になります。

ゴルフ肘の概要

ゴルフ肘は上腕骨内側上顆に起始する筋肉を過剰に使用することで、起始部に炎症が起こっている状態を指します。

好発年齢は30-50代で、ゴルフをされている方々に多く発症することからゴルフ肘とも呼ばれます。また、主婦や手をよく使う労働環境などでも発症します。

肘関節|上腕骨内側上顆炎

似たような名前で「テニス肘」という症状がありますが、こちらは上腕骨外側上顆に炎症が起きている状態になります。

ゴルフ肘はテニス肘に比べて発生頻度は低いとされており、その理由として、手関節の掌屈筋群は背屈筋群より強いためだと考えられています。

付着する筋肉の数は上腕骨内側上顆が5つ、上腕骨外側上顆が7つとなっています。

上腕骨内側上顆 上腕骨外側上顆
円回内筋 総指伸筋
浅指屈筋 肘筋
長掌筋 小指伸筋
橈側手根屈筋 回外筋
尺側手根屈筋 尺側手根伸筋
長橈側手根伸筋
短橈側手根伸筋

ゴルフ肘という名前で覚えない

内側上顆炎はゴルフ肘で外側上顆炎はテニス肘と呼ばれたりしますが、実際はテニスによって内側上顆炎を発症することもあるので、名前で覚えるの混乱を招きます。

テニスでボールを打つ動作は、フォアハンドとバックハンドがありますが、フォアの場合は内側上顆に、バックの場合は外側上顆に負担がかかります。

そのため、テニス業界では内側上顆炎を「フォアハンドテニス肘」、外側上顆炎を「バックハンドテニス肘」と言い分けたりもします。

また、内側上顆炎のことを野球肘と呼ぶこともありますし、実際には野球で外側上顆炎となる場合も多いです。

そのような観点から、医療者間で情報を伝達する際は、ゴルフ肘やテニス肘という言葉は使わずに、内側上顆炎か外側上顆炎かで伝えることが大切です。

肘関節|内側上顆炎②
スポンサードリンク

炎症を起こしている筋肉を鑑別

内側上顆に付着する筋肉は、①円回内筋、②橈側手根屈筋、③長掌筋、④尺側手根屈筋、⑤浅指屈筋の五つがあります。

これらの筋肉に炎症が起こった場合、前腕の回内、手関節の掌屈、手指の屈曲時などに痛みを発することになります。

各筋肉で主力となる動作は異なりますので、どの動作で痛みが起こるかを評価することで原因の筋肉を特定していきます。

ちなみに長掌筋は動作への貢献度が低い筋肉なので、ほとんど問題となりません。

疼痛動作 原因の筋肉
前腕回内 円回内筋,橈側手根屈筋
手関節橈屈 橈側手根屈筋
手関節尺屈 尺側手根屈筋
手関節掌屈 浅指屈筋,尺側手根屈筋
手指屈曲 浅指屈筋
上腕骨内側上顆に付着する筋肉

整形外科検査

1.Wrist flexion test
手関節の屈曲運動に対して徒手的に抵抗を加える
浅指屈筋や尺側手根屈筋に問題がある場合に陽性となる
2.Forearm pronation test
前腕の回内運動に対して徒手的に抵抗を加える
円回内筋および橈側手根屈筋に問題がある場合に陽性となる

日本整形外科学会の診断基準

  1. 抵抗性手関節掌屈運動で肘内側に疼痛が生じる
  2. 内側上顆の屈筋群腱起始部に最も強い圧痛がある
  3. 腕撓関節の障害など屈筋群起始部以外の障害によるものは除外する

重症度と復帰目安

1.軽度の場合
握力が健側の2/3以上
ゴルフ後や練習中にたまに痛む
復帰までは1-4週間
2.中等度の場合
握力が健側の2/3以下
練習中はいつも痛む、ドアノブをひねる動作でも痛む
復帰まで1ヶ月以上は要する
3.重度の場合
握力が健側の1/3以下
ゴルフクラブを握るだけで痛みが出る
復帰まで2ヶ月以上を要する

リハビリテーション

保存療法では、①注射療法、②患部の安静(サポーター)、③筋力強化、④ストレッチ、⑤物理療法などが実施されます。

注射療法

疼痛が強い場合は、炎症部位へのステロイドまたは局所麻酔薬を使用します。

あくまで一時的な対症療法ですので、スポーツ(ゴルフ)を中止して、痛みや筋力が回復するのを待つことが治癒には最重要です。

安静指導(エルボーバンド)

患部の安静のためには、前腕回内と手関節掌屈動作を控えることが重要です。前述の徒手検査にて、主な原因部位がどの筋肉であるかを確認し、作用する方向を制限していきます。

例えば、浅指屈筋に主な原因がある場合は、手首サポーターを使用して手関節の掌屈を制限すると有用です。

また、エルボーバンドを装着することで、痛めている筋肉を持続圧迫することにより、疼痛の軽減および浮腫発生の抑制も期待できます。

こちらはあくまで除痛目的なので、痛みがやわらいだからといって同じ動作を繰り返していたら根本的な解決とはなりません。なので、どうしても腕を使用することが必要なときに、痛みへの対処法として一時的に使用することがお勧めです。

サポーターの購入に関しては、リハビリテーション医学に基づいて作られているMARUMITSUが性能が高いのでオススメです。症状に合ったサポーターを選ぶことができます。

・ 先進のリハビリテーション医学が生んだサポーター【Marumitsuオンラインショップ】

ゴルフ肘のサポーター
上腕骨内側上顆炎のサポーター

筋力トレーニングの方法

①手の平を上に向けてバーベルなどの重りを持ち、肘を固定し肘関節を曲げ伸ばしします。
長掌筋,筋力トレーニング,方法,ダンベル
②手の平を上に向けてバーベルなどの重りを持ち、手関節を掌屈させます。
長掌筋,筋トレ,方法
③立位にて上肢を伸展した状態でダンベルを握ります。肘関節は伸展した状態で、手首を橈屈・掌屈させていきます。
橈側手根屈筋,筋力トレーニング,方法,ダンベル,足関節橈屈

ストレッチングの方法

①四つ這いになり、両手の指先を後方に向け、上体をゆっくり後方に引きます。前腕を最大回外位にすることで、より効果的に伸張していきます。
円回内筋,ストレッチ,方法
②ストレッチ側の手を肘伸展、前腕回外、手背屈位として、もう片方の手を手指MP関節に置いてさらに手関節および手指を背屈させていきます。
長掌筋,ストレッチ,方法,手関節背屈
③片手で棒を持ち、もう片方の手で前腕を支えます。棒の重さを利用して、前腕を回外させます。
手関節,回内筋,ストレッチ,方法

物理療法

物理療法の目的は、炎症の早期鎮静化と損傷部位の回復促進です。主に使用される方法は、アイシングと超音波治療になります。

内側上顆に痛みや熱感が感じられる場合、または腕を使用した後には、患部を冷やすことで炎症症状を抑えることができます。

超音波治療では、炎症の早期鎮静化に加えて、癒着や瘢痕の防止、損傷部位の回復促進の効果も期待できます。

その他のアプローチ

筋膜間隙圧迫法・自動運動滑走法

尺骨掌側の内側縁にセラピストの四肢を骨と屈筋群の筋膜の間に隙間を作るようなイメージで差し込みます。

圧を加えた状態で患者に手指の屈曲・伸展運動を10回行ってもらいます。

痛みが軽減すれば、さらに末梢に加圧する場所を変えて10回行います。圧迫場所も触診しやすいので、セルフトレーニングとして指導しておくと効果的です。

疼痛解放現象テクニック

痛みを起こしている筋肉に対して、徒手抵抗で等尺性収縮を20秒ほど実施することにより、疼痛の軽減が認められる現象を用いた治療手技になります。

上腕骨内側上顆炎の場合、手関節や手指の屈筋群に等尺性収縮の抵抗をかけ、痛みの軽減が認められるようなら、この動作を数回繰り返していきます。

拮抗筋のトレーニング

再発予防のために、痛みのある筋の拮抗筋である手関節、手指の伸筋群を対象とした筋力強化トレーニングが重要になります。

拮抗筋を鍛えることにより、主動作筋に対して相反抑制をかけることができます


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme