スポンサードリンク

内閉鎖筋,外閉鎖筋


内閉鎖筋、外閉鎖筋に関する充実したデータ(ストレッチ、筋力トレーニング、マッサージ方法など)をここでは閲覧できます。目次は以下になります。

股関節の深層外旋六筋とは

股関節深層に位置する外旋筋を総称して「深層外旋六筋」と呼ばれています。

具体的には、①梨状筋、②内閉鎖筋、③外閉鎖筋、④上双子筋、⑤下双子筋、⑥大腿方形筋の6つが深層外旋六筋に属します。

大腿外旋六筋

①内閉鎖筋の概要

内閉鎖筋(obturator internus)は殿部深層に位置する筋肉で、股関節の深層外旋六筋のひとつであり、大腿方形筋と並んで最も強力な外旋筋になります。

上双子筋と下双子筋の間を走行し、靱帯と骨盤で形成された小坐骨孔を貫通します。

 1.前方から見た内閉鎖筋
内閉鎖筋|正面
 2.側方から見た内閉鎖筋
内閉鎖筋|側面
 3.後方から見た内閉鎖筋
内閉鎖筋|後面
支配神経 仙骨神経叢の分枝
髄節 L5-S1
起始 閉鎖孔まわりの寛骨内側および閉鎖膜
停止 大腿骨の大転子の転子窩
栄養血管 上殿動脈
動作 股関節の外旋
筋体積 43㎤
筋線維長 4.7㎝
速筋:遅筋(%) 50.0:50.0

内閉鎖筋のトリガーポイントと関連痛領域

内閉鎖筋の関連痛は、主に尾骨の深部に起こります。稀に大腿後面まで痛みが拡がる場合もあります。

内閉鎖筋,トリガーポイント,関連痛,痛み,部位

②外閉鎖筋の概要

外閉鎖筋(obturator externus)は股関節の深層外旋六筋の中で最も深層(前面)にあり、下双子筋と大腿方形筋に覆われています。

小坐骨孔を通過せず、骨盤の前面から大腿骨に停止します。

 1.前方から見た外閉鎖筋
外閉鎖筋|正面
 2.側方から見た外閉鎖筋
外閉鎖筋|側面
 3.後方から見た外閉鎖筋
外閉鎖筋|後面
支配神経 閉鎖神経
髄節 L3-4
起始 閉鎖孔の内側骨縁の外面と閉鎖膜
停止 大腿骨の大転子の転子窩
栄養血管 閉鎖動脈
動作 股関節の外旋,内転(僅か)
筋体積 8㎤
筋線維長 3.0㎝
速筋:遅筋(%) 50.0:50.0

閉鎖筋の運動貢献度(順位)

貢献度 筋肉
1位 大殿筋
2位 大腿方形筋
3位 内閉鎖筋
4位 中殿筋(後部)

※股関節の外旋は、深層外旋六筋では大腿方形筋と内閉鎖筋が中心となって貢献します。しかしながら、表層にある大殿筋の貢献度の最も高いです。

深層外旋六筋の筋出力(順位)

順位 股関節外旋筋群
1位 大腿方形筋
2位 内閉鎖筋
3位 梨状筋
4位 外閉鎖筋
5位 下双子筋
6位 上双子筋

ストレッチ方法

①座って両足の裏を合わせ、背中を真っ直ぐにしたまま上体をゆっくり前屈します。
内閉鎖筋,ストレッチ,方法
②テーブルなどの横に立ち、片脚を曲げて反対側の膝の上に置きます。その状態から支持側の膝を曲げて上体を前傾させていきます。
外閉鎖筋,ストレッチ,方法,股関節外旋

筋力トレーニング

①立位にて下肢を外旋させる運動です。実施する際は、大殿筋に手を当てて過剰な収縮が入らいないように確認しながら実施します。
内閉鎖筋,筋力トレーニング,方法
②仰向けになって膝を立て、大腿遠位部にセラバンド(ゴム)を巻きます。ゴムを左右に広げるようにして股関節を広げます。
外閉鎖筋,筋力トレーニング,方法,ゴムチューブ,セラバンド

マッサージ方法

浅層は大殿筋に覆われており、個別にマッサージすることは困難です。内閉鎖筋は閉鎖孔を覆うように走行していますので、起始部を中心にほぐしていきます。

内閉鎖筋|浅層筋

下図は外閉鎖筋を正面から見たものですが、①長内転筋、②短内転筋、③恥骨筋に覆われていますので、それらの筋肉を取り除いた図になります。

長内転筋の深部をマッサージするようなつもりで押圧しながら、緊張を緩めていきます。

外閉鎖筋|浅層筋

お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme