凹足(ハイアーチ)の原因と治し方

vc

足部の異常である「凹足」の原因と修正方法について、わかりやすく解説していきます。

凹足の概要

凹足(ハイアーチ)とは、足底の内側縦アーチが高くなっている状態を意味し、足甲が高くなることから甲高とも呼ばれます。

内側縦アーチが消失している扁平足(フラットアーチ)とは反対の状態であり、どちらも足部の異常として多く存在しています。

日本人の約7割は扁平足、約2割は凹足といわれており、理想的なアーチを持つ人は1割ほどしかいません。

凹足はなぜ起こるのか

凹足になる原因としては、中足趾節関節が過度に背屈した歩行をすることで、足底腱膜が緊張して立方骨が高位化することに由来します。

通常は下腿三頭筋を使用して踵を持ち上げるのに対し、足趾を床に押し付けて踵を上げる人は、後脛骨筋・長趾屈筋・長母趾屈筋を使用します。

中足趾節関節が過度に背屈する理由としては、足関節の背屈制限が存在し、それを補うためと考えられます。

ロードシスやフラットバックといった不良姿勢は、下部体幹が後方に変位しており、足関節は軽度底屈しています。

その状態が日常的に続くことで足関節は背屈制限をきたし、結果的にハイアーチを起こしやすくなります。

後脛骨筋が硬くなることで足部内反と距骨回外が起こり、いわゆる回外足(オーバースピネーション)となります。

足部が内反することで捻挫しやすくなったり、小趾にかかる負担が増加することで内反小趾が生じます。

ハイアーチの治し方

ハイアーチを起こす原因には、①足関節の背屈制限、②下部体幹の後方変位(後方重心)が挙げられます。

足関節の背屈制限には下腿三頭筋や後脛骨筋のストレッチが有効で、立位で足先に本などをおいて背屈させます。

後方重心に対しては、立位で骨盤(お腹)を前方に突き出すようにし、いわゆるスウェイバックのような弛緩姿勢を保つようにします。

他にもインソールを使用して足部外反に誘導したり、問題の根本にある不良姿勢を修正するようにアプローチしていきます。


他の記事も読んでみる

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme