スポンサードリンク

前斜角筋,中斜角筋,後斜角筋


斜角筋群に関する充実したデータ(ストレッチ、筋力トレーニング、マッサージ方法など)をここでは閲覧できます。目次は以下になります。

斜角筋群とは

斜角筋群(scalenus)は頸椎前側面の深層に位置する筋肉で、第1,2肋骨を引き上げることにより胸郭を拡大させ、横隔膜(吸気)の補助筋として働きます。

平常時の呼吸はそのほとんどが横隔膜の収縮と弛緩で行われるため、斜角筋群が関与することはありません。

しかし、運動などで酸素が足りなくなっている場合は、より多くの酸素を取り込むために斜角筋群などの呼吸補助筋が活動します。

そのため、普段から活動している筋肉ではないことから、斜角筋群は速筋線維の割合がとても多くなっています。

停止部の肋骨が固定されることにより、斜角筋群の両側が収縮することで頸椎屈曲、片側が収縮することで頸椎側屈(同側)といった働きも担います。

斜角筋

①前斜角筋の概要

前斜角筋(scalenus anterior)は斜角筋群の中で筋体積が最も小さい筋肉であり、名前の通りに三つの筋の中で前方に位置しています。

中斜角筋と後斜角筋が横突起の後結節から起始しているのに対し、前斜角筋は前結節から起始しています。

前斜角筋
支配神経 頚神経叢および腕神経叢
髄節 C5-7(又はC4-7)
起始 第3-7頸椎(又は4-6)の横突起の前結節
停止 第1肋骨の前斜角筋結節(リスフラン結節)
栄養血管 上行頸動脈(下甲状動脈の枝)
動作 第1肋骨の挙上、頸椎の屈曲,側屈(同側)
筋体積 3.8㎤
筋線維長 4.6㎝
速筋:遅筋(%) 70.0:30.0 ※斜角筋群のデータ
スポンサードリンク

前斜角筋の触診方法

胸鎖乳突筋鎖骨部と僧帽筋上部線維の間に指腹を当て、頸部を屈曲または側屈することで筋の収縮を確認します。

自己触診:前斜角筋

斜角筋隙と斜角筋症候群

斜角筋隙(斜角筋三角)は、①前方を前斜角筋、②後方を中斜角筋、③下方を第一肋骨にて構成する三角形の空間で、鎖骨下動脈と腕神経叢が通過しています。

上肢の挙上を繰り返す作業などで斜角筋に負担がかかりすぎると、筋肉が肥厚してしまい、斜角筋隙が狭小化する場合があります。

また、COPDなどの呼吸器疾患により、斜角筋によって努力性吸気が起きている場合も過度な緊張で狭小化する場合があります。

狭小化すると隙間を通過している神経や動脈を圧迫し、痛みや痺れを起こします。その状態を斜角筋症候群と呼びます。

胸郭出口症候群|斜角筋隙

②中斜角筋の概要

中斜角筋(scalenus medius)は斜角筋群の中で筋体積が最も大きい筋肉であり、名前の通りに三つの筋の真ん中に位置しています。

中斜角筋
支配神経 頚神経叢および腕神経叢
髄節 C3-8(又はC2-8,C4-8)
起始 第2-7頸椎(又は1-7)の横突起の後結節
停止 第1肋骨周辺に広く停止
栄養血管 上行頸動脈(下甲状動脈の枝)
動作 第1肋骨の挙上、頸椎の屈曲,側屈(同側)
筋体積 11.0㎤
筋線維長 6.0㎝
速筋:遅筋(%) 70.0:30.0 ※斜角筋群のデータ

中斜角筋の触診方法

前斜角筋を触知し、その後方に位置する中斜角筋を指腹で確認します。頸部の側屈運動に抵抗をかけることで筋の位置がより明確に把握できます。

前斜角筋と中斜角筋の間には斜角筋隙があるため、触れること鎖骨下動脈の拍動を触知でき、圧迫することで痛みが生じます。

自己触診:中斜角筋

③後斜角筋の概要

後斜角筋(scalenus posterior)は名前の通りに三つの筋の中で後方に位置しています。この筋はヒトによっては欠如している場合もあります。

前斜角筋と中斜角筋の停止部が第1肋骨に対して、後斜角筋は第2(又は3)肋骨に停止しています。

後斜角筋
支配神経 頚神経叢および腕神経叢
髄節 C7-8
起始 第5-7頸椎の横突起の後結節
停止 第2(又は3)肋骨
栄養血管 上行頸動脈(下甲状動脈の枝)
動作 第2肋骨の挙上、頸椎の屈曲,側屈(同側)
筋体積 5.2㎤
筋線維長 5.8㎝
速筋:遅筋(%) 70.0:30.0 ※斜角筋群のデータ

後斜角筋の触診方法

中斜角筋後方および肩甲挙筋前方に指腹を押し込んでいきます。頸部の側屈運動に抵抗をかけることで筋の位置がより明確に把握できます。

自己触診:後斜角筋

斜角筋の運動貢献度(順位)

貢献度 頸部屈曲 頸部側屈
1位 斜角筋群 胸鎖乳突筋
2位 舌骨下筋群 斜角筋群
3位 椎前筋群 脊柱起立筋
4位 板状筋群

ストレッチ方法

①鎖骨下に指を入れて肋骨を引き下げながら、反対側に頸椎を伸展回旋させていきます。
前斜角筋,ストレッチ,方法,頚部側屈
② 仰向けになり、首を横にひねる。その時ひねった方向と反対側の手で頭部を軽く押します。斜角筋をより伸張するために頸部の側屈動作も入れていきます。
中斜角筋,ストレッチ,方法,頚部回旋

筋力トレーニング

①仰向けになり、頭部をベッドの端から落とします。その状態から頸部を屈曲させて頭部を持ち上げていきます。
筋トレ|スパイン・ネック・フレクション|斜角筋
②椅子にタオルを敷いて前頭部を乗せた状態からブリッジングを実施して身体を支えます。負荷が高いので痛みに注意してください。
筋トレ|ネック・フレクション・ブリッジ|頸部屈筋群
③頭にタオルを引っかけて両端を手で握り、頸部側屈方向に引っ張ります。頸部はそれに逆らって反対方向への側屈に力を入れます。
筋トレ|タオル・ネック・サイドフレクション|斜角筋

斜角筋の痛みとトリガーポイント

斜角筋は全周性に圧痛を有する筋肉であり、トリガーポイントも全域にわたって触知できる場合が多いです。

痛みは肩から肩甲骨、上肢の外側から第1,2指までに波及します。

前・中斜角筋の過緊張は腕神経叢を圧迫し、胸郭出口症候群の原因となるため、指先にかけての痛みや痺れを起こします。

前斜角筋,トリガーポイント,痛み,部位,関連痛 中斜角筋,トリガーポイント,痛み,部位,関連痛

マッサージ方法

斜角筋は三つの筋肉がすべて全周性に圧痛を誘発しやすい筋肉であり、さらに斜角筋隙には鎖骨下動脈や腕神経叢が通過しています。

そのため、むやみにマッサージを実施するとかえって痛みが増してしまう場合も少なくありませんので、実施する場合は慎重に行ってください。

方法として、患者に仰臥位をとっていただき、四指を首の下に入れて母指を第3-7頸椎の横突起(前斜角筋の起始)に置きます。

そこから第1肋骨(停止部)に向かって母指を滑らせてストリッピングしていきます。同様の作業を中斜角筋、後斜角筋にも実施していきます。

ポイントとして、実施前に斜角筋隙の脈拍動を触知し、そこに圧迫が加わらないように方向を定めます。

具体的には前斜角筋は前縁部から、中斜角筋は後縁部からアプローチすることで、神経や動脈への圧迫刺激を防ぐことができます。

斜角筋群の過緊張を緩和したい場合は、マッサージよりも軽い筋収縮を反復させるほうが安全かつ効率的に緩めていくことができます。

お勧めの一冊

筋肉の走行を見ながら触診やマッサージ方法を学ぶことができるベストセラー書です。付属のDVDで実際の流れを見て覚えることができるのでお勧めです。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme