vc

前脛骨筋

前脛骨筋に関する充実したデータ(ストレッチ、筋力トレーニング、マッサージ方法など)をここでは閲覧できます。目次は以下になります。

前脛骨筋の概要

前脛骨筋(tibialis anterior)は下腿前面の外側浅層に位置する筋肉で、語名はtibia(脛骨)とanterior(前)から構成されています。

足関節背屈の主力筋として作用し、前脛骨筋の支配神経である深腓骨神経が麻痺することで下垂足となります。

1.前方から見た前脛骨筋
前脛骨筋|前面
 2.側方から見た前脛骨筋
前脛骨筋|側面
 3.後方から見た前脛骨筋
前脛骨筋|後面
支配神経 深腓骨神経
髄節 L4-S1
起始 脛骨の外側面、下腿骨間膜および下腿筋膜、筋間中隔
停止 内側楔状骨、第1中足骨底
栄養血管 前脛骨動脈
動作 足関節の背屈,内反、足底のアーチの維持
筋体積 130㎤
筋線維長 7.7㎝
速筋:遅筋(%) 27.0:73.0
筋連結 大腿二頭筋短頭、長母趾伸筋、長趾伸筋、後脛骨筋、長母趾屈筋

下腿の断面図

下腿中央を断面でみた場合、前脛骨筋は脛骨の外側を貼り付くように走行していることがわかります。外側には長指伸筋、長腓骨筋が下腿前面を覆っています。

下腿中央部では、ふたつの筋間中隔(①下腿三頭筋の前側、②長腓骨筋と長趾伸筋との間)と脛骨と腓骨の間に位置する骨間膜により、四つの区画に分けられています。

筋間中隔とは、筋膜と筋膜が接して出来たやや厚みある隔壁です。骨間膜とは、骨と骨の間を接続する線維性の膜組織で、骨格の支持性を高めます。

下腿中央の断面図|前脛骨筋|長腓骨筋

前脛骨筋の運動貢献度(順位)

貢献度 足関節背屈 足関節内反
1位 前脛骨筋 後脛骨筋
2位 長趾伸筋 長母趾屈筋
3位 長母趾伸筋 長趾屈筋
4位 前脛骨筋

歩行時の筋活動について

前脛骨筋は前遊脚期(PSw)の後半から荷重応答期までと、歩行中は非常に長く筋活動をしている重要な筋肉になります。

前脛骨筋の歩行時の筋活動

PSwからは求心性に収縮して足関節を背屈させることにより、つま先が地面に引っかからないように保持する働きがあります。

腓骨神経麻痺になると遊脚期の足関節背屈が不可(下垂足)となり、つま先が引っかからないように足を高く上げて鶏のように歩く鶏歩が出現します。

前脛骨筋と歩行時の活躍

LRは足が床へ接地してから体重を半分程度かける時期であり、この時期の前脛骨筋は遠心性に収縮して足関節の底屈を調節しています。

前脛骨筋の収縮により、足部が床にストンと落ちることを防ぎ、衝撃を吸収しながらしっかりと地面を踏みしめることができるようになります。

歩き方ですねに痛みが出る理由

下垂足の治療法として、可逆性の神経麻痺の場合は前脛骨筋に電気刺激を与えて収縮を促す方法があります。

しかし、腓骨神経が完全に麻痺している場合は筋肉の収縮がみられず、その場合は治療が困難となります。

少しでも収縮がみられる場合は、足部を目で確認しながら前脛骨筋の収縮に合わせて力を入れるように意識してもらいます。

状態にもよりもますが、通常は2,3ヶ月で改善し、長いケースでは2年ほどかかる場合もあります。また、神経の損傷が著しい場合は障害として残ることもあります。

歩行時の筋活動|鶏歩

関連記事:腓骨神経麻痺の治療方法はコチラ

前脛骨筋の触診方法

下記の写真では、母趾から小趾までを完全に屈曲位に保持した肢位からの足関節背屈運動にて、前脛骨筋腱を触診しています。

筋腹は脛骨粗面の約1横指外側部から確認でき、さらに末梢方向にたどると、脛骨前縁から外側に約2横指の幅を持って下腿遠位1/3付近までの間で確認できます。

また、本筋外側縁は長趾伸筋と筋間を形成しています。

自己触診:前脛骨筋

ストレッチ方法

①後方の脚のつま先を床につけたまま足の甲を下方に押しつけて、足関節を底屈させていきます。
前脛骨筋,ストレッチ,方法,個別,足関節底屈

筋力トレーニング

①立位で足部を上げ下げする動作を実施します。かかとを階段などの縁に置き、足先を垂らしから実施するとより効果的です。
前脛骨筋,筋力トレーニング,方法,つま先上げ
②足関節を背屈させる際に、反対側の足を上に乗せて体重をかけることにより抵抗を加えます。椅子などに腰かけて行うと実施しやすいです。
前脛骨筋,筋トレ,方法,徒手抵抗

前脛骨筋の痛みとトリガーポイント

前脛骨筋のトリガーポイントは筋腹中央あたりに出現し、下腿前面から足背部(母指側)にかけて関連痛を起こします。

前脛骨筋,トリガーポイント,部位,痛み,関連痛領域

前脛骨筋はSFL(スーパーフィシャル・フロント・ライン)の筋膜経線上に属しているため、障害が起こることで身体前面に痛みが波及する場合もあります。

アナトミートレイン|SFL|スーパーフィシャル・フロント・ライン

歩行時の脛の痛みは前脛骨筋が原因

前脛骨筋はその重要性に対して、あまり大きな筋肉ではないため、疲労が蓄積されやすい筋肉になります。

歩行時にすねが痛むことがよくありますが、それは前脛骨筋のオーバーワークが原因である場合が多いです。

疲労のたまった筋肉は緊張して血流が乏しくなっていますので、軽くマッサージすることで痛みを和らげることができます。

マッサージ方法

背臥位をとってもらい、術者は脛骨外側面(起始部)に母指を置いて、脛骨筋を揉念しながら走行に沿って母指を下行させていきます(母指揉捻法)。

施術中に筋硬結部を発見したら、その都度に圧迫を加えてリリースしていきます。

オーバーユースによる痛みの場合は、安静をとらないことにはすぐ痛みが再発しますので、生活指導についても同時に行います。

お勧めの一冊

筋肉の走行を見ながら触診やマッサージ方法を学ぶことができるベストセラー書です。付属のDVDで実際の流れを見て覚えることができるのでお勧めです。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme