梨状筋症候群(坐骨神経痛)のリハビリ治療

マイナビコメディカル

梨状筋症候群(坐骨神経痛)のリハビリ治療について解説します。

坐骨神経の概要

坐骨神経

坐骨神経は脊髄(L4-S3)から枝分かれして出てきた神経がまた集合して作られた神経束であり、人体で最大の直径と長さを持つ末梢神経です。

そこからは多くの神経が枝分かれして出ていくため、坐骨神経が圧迫を受けることで、それより末梢部分はすべて障害を受けることになります。

具体的には、大腿後面から下腿にかけての知覚障害(しびれ)と運動障害(筋出力低下)をきたします。

坐骨神経の走行は、腰仙骨神経叢➡梨状筋前面➡大坐骨孔(下殿神経と共に)と下行していって骨盤外に出ます。

そこから大腿後面を通過しながらハムストリングと大内転筋に筋枝を出して支配し、膝窩部分で総腓骨神経と脛骨神経に分岐して終了します。

坐骨神経の触診方法

坐骨神経|触診

坐骨神経は人体最大の神経で太さは小指ほどあり、大転子と坐骨結節を結ぶ線上、坐骨結節から1/3の場所を走行しています。

触診方法として、患者に腹臥位をとってもらい、大腿二頭筋長頭と大内転筋の間に指を入れて触知します。

神経は圧迫されるとしびれを感じますので、もしも坐骨神経が問題となっているのなら、圧迫にて症状の再現が認められます。

梨状筋症候群について

梨状筋と坐骨神経

坐骨神経痛を起こす原因はいくつかありますが、その中でもリハビリで改善できる可能性が高いのが梨状筋症候群です。

坐骨神経は梨状筋の後方を通過しているため、梨状筋に過度な緊張が存在すると坐骨神経を圧迫して神経障害を起こすことにつながります。

その状態を梨状筋症候群といい、ロードシス(不良姿勢のひとつ)の人に多い障害のひとつです。

梨状筋は股関節外旋に働く筋肉であるため、過度な緊張が存在していると股関節内旋に制限をきたしています。

また、下腿三頭筋の短縮で足関節の背屈制限をきたしていたり、甲高となっているケースもよくみられます。

梨状筋と坐骨神経の関係

坐骨神経は梨状筋の下を通過する 坐骨神経が梨状筋の一部を貫通する
坐骨神経が梨状筋を挟んで通過する 坐骨神経が梨状筋を貫く

坐骨神経の走行はヒトによって違いがあることが報告されており、ほとんどの方はAタイプで「梨状筋の下」を通過しています。

残りの10%は坐骨神経を貫通していたり、梨状筋を挟むようにして通過していることがあります。

梨状筋症候群においては、Bタイプの二股に分かれて一部が梨状筋を貫通しているものに発生しやすいことが報告されています。

梨状筋症候群の治し方

梨状筋症候群は筋肉の過緊張が問題なので、まずは梨状筋をリラックスさせることが重要となります。

方法としては、梨状筋に対して圧迫刺激を加えたり、軽い筋収縮を繰り返すことで緊張を和らげていきます。

次になぜ「梨状筋が硬くなったのか」を考える必要がありますが、前述したようにロードシスで緊張しているケースは多いです。

理由としては、骨盤が前傾している人は下位腰椎が伸展位にあり、椎間関節や仙腸関節に障害や拘縮をきたしやすくなります。

椎間関節障害や仙腸関節障害が起きると周囲筋は攣縮をきたし、結果的に梨状筋も過度な緊張を強いられることにつながります。

そのため、治療では必要に応じて椎間関節や仙腸関節のモビライゼーション、足関節背屈のストレッチングなども行っていきます。

閉塞性動脈硬化症との鑑別

その他で下肢のしびれを起こす障害として、下肢の閉塞性動脈硬化症(ASO)があります。

日本では70歳以上の約2%に発生しているといわれていることから、頭の中に入れておいたほうがいい疾患です。

動脈硬化が起きやすい血管として、腹部大動脈や四肢への主幹動脈があり、中でも大腿動脈の閉塞は下肢のしびれを起こす原因となります。

ASOの場合は冷感や間欠性跛行が認められ、足背動脈や後脛骨動脈の拍動の触知しにくい状態となっています。

下肢のしびれが動脈硬化症に起因する場合は、積極的な歩行練習によって内皮機能や骨格筋での代謝順応性が改善し、しびれ感の軽減が認められます。


お薦めのリハビリ本

vc

他の記事も読んでみる

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme