外側半月板損傷のリハビリ治療

vc

外側半月板損傷(Lateral meniscus damage)のリハビリ治療について解説していきます。

外側半月板損傷の概要

大腿骨と脛骨の間隙に位置する板状の線維性軟骨のことを半月板と呼んでおり、内側半月板と外側半月板のふたつが存在しています。

半月板損傷は1回の大きな外力によって生じる急性の半月板損傷と、頻繁に膝関節に加わる外力によって生じる慢性の半月板損傷があります。

前者は若年のスポーツ習慣者に多く、後者は中高年以降に多くなります。

円板状半月(半月板奇形)

半月板の奇形に「円板状半月」というものがあり、これは文字通りに半月板が円状となっている状態です。

発生率は5%前後とされており、ほとんどは外側半月板に発生し、その中の90%以上は両側性であることが報告されています。

円板状半月はその構造上から引っかかりを起こしやすく、正常よりも損傷頻度が高いことが特徴です。

外側半月板損傷の受傷機転

外側半月板にストレスのかかる姿勢は「膝関節の外反(外反膝)」です。

外反膝になりやすいヒトの特徴として、下肢内方ライン(股関節内転筋群や後脛骨筋)の緊張増大が挙げられます。

股関節内転筋群と深筋膜上で連結する内側広筋や内側ハムストリングス、腓腹筋内側頭なども同時に硬くなっていることが多いです。

リハビリテーション

外側半月板は軟骨なので神経(痛覚受容器)は存在しませんが、辺縁部のみは滑膜由来の血管や神経を含んでいます。

そのため、半月板の辺縁部は痛みの原因となり、変性や腫脹などが生じていると膝屈伸時に挟み込みやロッキングが起こります。

膝の痛みが半月板性の痛みである場合は、疼痛誘発動作を繰り返すことで変性が加速するので、運動を制限することが必要です。

筋肉の過度な緊張が膝関節の外反ストレスを強めているケースでは、硬くなっている筋・筋膜をリリースしていくことが有効となります。

内側半月板損傷はニーイン・トーアウトで発生しやすいですが、反対に外側半月板損傷はニーアウト・トーインで発生しやすいです。

そのため、歩行時などに足部が内向きになっていないかを確認し、できる限りに歩容を修正していってください。


他の記事も読んでみる

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme