スポンサードリンク

外反母趾のリハビリ治療


外反母趾のリハビリ治療に関する目次は以下になります。

外反母趾の概要

母趾が小趾側に「く」の字に曲がって変形した状態を外反母趾と呼びます。

男女比は1:10で女性に多く、軽症例まで含めると中高年女性の約半数に足指の変形が認められます。変形が重度になると痛みが生じるため、そこで初めて来院されて治療となるケースが多いです。

しかし、外反母趾は長年の経過に伴って変形していく変形性関節症の一種ですので、発症からしての治療ではなく、早期からの予防がなによりも大切です。

踵の高い靴(ハイヒール)を長時間にわたって履いている女性に発症しやすいことから、変形の可能性が高い症例には注意の喚起が必要となります。

足部の構造|正常 足部の構造|外反母趾

外反母趾角について

疼痛の主な発生部位である第1中趾節関節(MTP関節)は、中足骨頭と基節骨底で構成される顆状関節となっています。

第1中足骨と母趾のなす外反母趾角は、正常では10-15度の範囲内ですが、20度以上になると外反母趾と判定されます。重度の場合は40度以上になるケースもあります。

MTP関節|外反母趾の痛み

外反母趾が起こる理由

女性に多い理由として、ハイヒールなどを履くという外的要因に加えて、関節の弛緩性が強い、出産に伴って靭帯が緩むといった内的要因が挙げられます。

日本人の約7割は扁平足(フラットアーチ)、約2割は甲高(ハイアーチ)といわれており、理想的なアーチをもった人は1割程度しかいないともいわれています。

とくに外反母趾と関係が深いのは外反扁平足で、足部が回内することで距骨下関節が内側に傾いてしまい、荷重時に見た目上の扁平足をきたして母趾に大きな負担が加わります。

母趾は集中している荷重から逃れるために外側に広がって、足部の傾きを調整しようとします。その状態が継続することにより、母趾外転筋は短縮し、母指内転筋は伸張されていきます。

外反母趾|母趾外転筋と母趾内転筋
スポンサードリンク

ハイヒールを履くと1.5倍の負荷がかかる

外反母趾を発生させる外的要因において、ハイヒールの着用は最大の原因と考えられています。

ハイヒールを履くことにより、歩行時の前足部にかかる負荷は、踵が4.0cmのヒールで約1.5倍、9.0cmのヒールで約3倍になると報告されています。

ハイヒールと外反母趾

(Journal of Joint Surgery関節外科Vol.14 Sep.1995より引用)

痛みの原因について

1.腱膜瘤による痛み

MTP関節は体重支持の役割を担っており、とくに母趾は他の四趾よりも大きく、貢献度としても非常に高い部位です。

MTP関節に過剰な負荷がかかると、関節内側部に腱膜瘤(バニオン)が生じることがあり、腱膜瘤に刺激が加わることで痛みを生じること。

腱膜瘤は、MTP関節の側方に位置する滑液包に炎症が起こっている状態で、外反母趾によって常に刺激を受けやすい状態にあります。

痛み外反母趾|腱膜瘤による

2.固有底側趾神経の圧迫

内側足底神経は、脛骨神経から分岐した後、母指外転筋と足底腱膜の間を通過し、固有底側趾神経となって、内側種子骨の内側、外側種子骨の外側を通過します。

変形によって種子骨が外方に変位すると、内側種子骨の直下に内側の固有底側趾神経が位置することになり、母趾に荷重すると神経を圧迫するために痛みが生じる場合もあります。

固有底側趾神経

3.開張足と胼胝形成

開張足の発生機序として、第1中足骨の内反・回内変位により、深横中足靱帯が緊張します。

靱帯に引っ張られるようにして、第2中足骨にも内反・回内方向への力が加わり、穴にはまり込むような形で底屈位となります。

深横中足靱帯

これにより、横アーチが低下して開張足となり、第2・3中足骨頭部に荷重が集中するようになります。それに伴い、骨頭部に胼胝が形成され、中足骨頭部痛が生じます。

胼胝形成と外反母趾

引用画像(1)

4.槌趾変形と胼胝形成

母趾の外反が顕著になると、母趾が示趾や中趾の底側に回り込むことがあります。

そのため、第2・3趾のMTP関節は背屈位となり、趾屈筋腱が伸張され、趾節関節は屈曲して槌趾変形となります。

槌趾変形により、第2・3趾節関節背側部が靴と接触しやすくなり、胼胝が形成される場合があります。

外反母趾による変形

引用画像(1)

力学的不均衡が生じると悪循環に陥る

一旦、外反母趾を生じてしまうと、種子骨周囲の力学的不均衡が生じてしまい、症状はさらに進行していきます。

母趾外転筋が短縮してしまうと、外側種子骨を外方に引く力が増して第1中足骨が回内し、内側種子骨が外側に変位します。

その結果、母趾外転筋の停止部が足底に移動してしまい、母趾を外転する力が発揮できなくなり、更なる変形をきたすという悪循環に陥ってしまいます。

リハビリテーション

生活指導(靴選び)

予防の観点からも靴選びは非常に重要になります。ハイヒールなどの先端が細い靴を選ばないことはもちろんですが、幅が広すぎる靴もNGです。

広すぎる靴は自然につま先が靴の先端に移動してしまい、圧迫してしまう原因になります。なので、足と靴の隙間は指一本が入る程度のものを選んでください。

足底挿板療法

外反母趾の足底挿板療法では、アーチサポートの足底板(インソール)を中敷きとして靴に入れることで、足裏から潰れたアーチを持ち上げて矯正していきます。

そうすることで母趾のMTP関節に加わっていた過剰な圧を逃がすことができ、変形の進行予防や痛みの軽減を図ることができます。基本的に一度変形してしまった関節は手術をしない限りは元に戻りませんので、周りの環境を整えることが治療には重要です。

個々によって足の形状は異なりますので、病院では義肢装具士によってオーダーメイドで作成します。保険を適用した場合は、左右一組で約45,000円(三割負担で約14,000円)ほどです。

インソールはアマゾンでも購入することが可能で、個々の足に合わせた形状ではありませんが、10分の1ほどの値段で購入することができるので、試しに使用してもいいかもしれません。

胼胝を形成して痛みを伴うケースでは、その部位をくり抜くなどして除圧を図ることも可能です。

テーピング療法

テーピングの方法として、まずは母趾を覆うようにして貼り付けて、そこから外側に引っ張るようにしながらテープを踵まで持っていきます。しっかり固定するために、踵の外側あたりまで覆うように貼り付けます。

粘着力が弱くて両端が剥がれそうなら、もう一枚短いテープを両端に貼り付けたら補強できます。

テーピングは貼るために一定の知識や技術を要し、毎回の使用のために煩わしい部分はありますが、個人に合った矯正力や方向を選択でき、靴を履いてもかさばらないといった利点があります。

外反母趾のテーピング

外反母趾サポーター

テーピングを貼るのが面倒という場合は、外反母趾用のサポーターを利用することでより簡単に固定できます。サポーターのほうが矯正力も高いので、変形の予防には有用です。

外反母趾に加えて内反小趾も合併している場合は、小趾まで矯正できるサポーターが必要となります。できるだけ装着しておくことで変形の予防や矯正に働かせます。

親指ジェルパッド

もうひとつのお勧めが、外反母趾用の親指ジェルパッドです。着脱が簡単ですし、柔らかい素材なので違和感も少なく、上からストッキングや靴下などを履くことも可能です。水洗いもできるので衛生的です。

使用方法としては、インソールにて親指に集中していた荷重を逃がし、サポーターまたはジェルパッドにて正しい位置に矯正していくことが大切です。

どの方法が合うかは個人によって異なりますので、複数の方法を試しながら痛みの軽減や除圧を図れるように調整してみてください。

治療対象の筋肉について

対象 方法 効果
母趾内転筋 筋力強化 第1中足骨の内反を制動する
母趾外転筋 ストレッチ 第1中足骨の回内・外反位を改善する
背側骨間筋 筋力強化 足根中足関節の安定性を獲得する
前脛骨筋 筋力強化 足根中足関節の安定性を獲得する

タオルギャザー

上記でも示した通り、中根中足関節の安定性を向上するために、背側骨間筋の筋力訓練は重要になります。

タオルギャザーなどの足趾屈曲筋力の強化訓練を実施する際には、単純に足趾を屈曲・伸展するだけではなく、伸展とともに趾の外転を意識させることが必要となります。

ただし、一度変形してしまった関節を筋力トレーニングやストレッチだけで矯正することは不可能なので、予防的な意味合いが強いアプローチ方法です。

Towel-gather

手術療法について

保存療法で症状が改善しない場合、最終的な方法として手術が選択されます。

外反母趾に対する手術の歴史は古く、18世紀後半より行われており、現在では100種類以上の術式が存在するといわれています。

しかし、すべての症例に対応できる単一の手術法はないため、患者の状態に応じて適切な方法が選択されます。現在では、骨切りを行いながらも局所麻酔で行える日帰り手術まで存在しています。

お勧めの一冊

日本初の足専門の診療所を起ち上げた医師の著書だけあって内容は秀逸です。外反母趾のことを一般向けに解説していますが、私のような専門家にも十分な読み応えがあります。

引用画像/参考資料

  1. 吉野整形外科HP

お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme