スポンサードリンク

多裂筋


多裂筋に関する充実したデータをここでは閲覧できます。目次は以下になります。

多裂筋の概要

多裂筋(multifidus muscle)は脊椎深層を走行している筋肉で、頸椎から骨盤まで伸びている非常に長い筋肉になります。

頸椎・胸椎・腰椎でそれぞれ作用が異なることから、部位ごとに頚多裂筋、胸多裂筋、腰多裂筋と分ける場合もあります。

細かい筋が重なるように連結しており、各筋はそれぞれ各起始部から2-4椎骨分上位の椎骨の棘突起に付着しています。

脊柱の伸展運動にも作用しますが、その走行や位置からも働きは弱く、基本的には椎骨同士を引き付けて安定させるのが主な役割となります。

 1.前方から見た多裂筋
多裂筋|前面
 2.側方から見た多裂筋
多裂筋|側面
 3.後方から見た多裂筋
多裂筋|後面
支配神経 脊髄神経の後枝
髄節 C3-4
起始 第4頸椎から第5腰椎までの横突起、仙骨の背面、上後腸骨棘、後仙腸靱帯
停止 各起始部から2-4椎骨分上位の椎骨の棘突起
動作 脊柱の伸展・回旋(反対側)・側屈(同側)、椎間関節の安定
筋体積 71㎤
筋線維長 6.7㎝

多裂筋の運動貢献度(順位)

貢献度 体幹伸展
1位 脊柱起立筋
2位 腰方形筋
3位 半棘筋
4位 多裂筋

※多裂筋は脊椎の動きに関する貢献度は非常に乏しい

表層部と深層部での作用の違い

多裂筋が高さによって、頸椎・胸椎・腰椎に分けられることは前述しましたが、さらに表層と深層でも線維の特徴が異なっています。

表層は長い線維で構成されており、最下部で仙骨背面や後仙腸靱帯に付着することから、腰仙関節や仙腸関節の安定性に関与しています。

また、運動中心軸から距離があるため、体幹の伸展動作に作用します。

深層は短い線維群で構成されており、椎間関節の関節包や一椎間下の乳頭突起に付着しています。運動中心軸に近いため、脊柱の安定化に作用します。

腰痛患者では多裂筋が萎縮している

慢性腰痛患者では多裂筋が萎縮している場合が多いですが、多裂筋が萎縮すると脊椎の安定性やフィードフォワード機構が低下することになります。

とくに下位腰椎では多裂筋の筋比率が高くなっており、その役割がより重要であることは容易に想像がつきます。

脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなど、脊椎障害の多くは下位腰椎に起こることがわかっており、多裂筋の萎縮と腰痛は非常に密接に関わっています。

多裂筋のトレーニングを実施した慢性腰痛患者では、未実施群と比較して3年後の腰痛再発率が50%以下であったとの報告もあります。

多裂筋は深層筋であるため、赤筋線維の割合が脊柱起立筋よりも多く、臥床傾向で萎縮が進行しやすいので、適度な運動を実施することが大切です。

ストレッチ方法

①仰向けの状態から、骨盤を支えながら体幹を屈曲・側屈・回旋し、両膝を肩関節の方向に近づけていきます。
多裂筋,ストレッチ,方法

筋力トレーニング

①四つ這いとなって片手片脚を挙上し、地面と水平になるように意識しながら姿勢を保つように実施します。
多裂筋,筋トレ,方法
②ブリッジの状態から片脚を挙げることで負荷を高めたトレーニングになります。体幹と下肢を一直線に保持することで多裂筋をトレーニングします。
片脚ブリッジ|多裂筋の筋力トレーニング

多裂筋のトリガーポイントと関連痛

多裂筋は特徴的な筋膜ラインに属していませんので、その関連痛領域もトリガーポイント(TP)の周辺に現れるのが特徴です。

とくに重要なのは下位腰椎に現れるTPで、痛みがある状態では十分な筋収縮が行うことができず、脊椎の不安定性を招いてしまいます。

また、多裂筋は後仙腸靱帯に起始部を持っているため、しばしば仙腸関節痛の原因にもなります。

多裂筋の関連痛領域

マッサージ方法

腰多裂筋をマッサージしていく場合は、表層を広背筋と胸最長筋が覆っているため、その上から押圧しながらの実施になります。

中位腰椎の多裂筋と脊柱起立筋との割合は1:1であるのに対し、下位腰椎では多裂筋が80%を占めています。

そのため、仙骨背面から下位腰椎の横突起周辺にて集中的に押圧を加えることで効果的に圧迫を加えていくことが可能です。

筋緊張が高い場合はうまく収縮を引き出すことができないため、多裂筋のコンディションを整えることは腰痛者に対しては重要なアプローチ手段になります。

多裂筋|全体

お勧めの一冊

筋肉の走行を見ながら触診やマッサージ方法を学ぶことができるベストセラー書です。付属のDVDで実際の流れを見て覚えることができるのでお勧めです。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme