vc

大腿四頭筋(大腿直筋,内側広筋,外側広筋,中間広筋)

大腿四頭筋に関する充実したデータ(ストレッチ、筋力トレーニング、マッサージ方法など)をここでは閲覧できます。目次は以下になります。

大腿四頭筋の概要

大腿四頭筋(quadriceps femoris)は大腿前面の表層に位置する筋肉で、語名はquadriceps(四つ)のfemoris(大腿)から構成されています。

文字通りに、①大腿直筋、②内側広筋、③外側広筋、④中間広筋の4つの筋から構成されます。

大腿四頭筋

①大腿直筋の概要

大腿直筋(rectus femoris)は大腿四頭筋の中で唯一の二関節筋であり、股関節屈曲にも作用します。広筋群と比較して瞬発的な動きへの貢献度が高い筋肉です。

語名はrectus(真っ直ぐな)とfemoris(大腿)から構成されています。大腿四頭筋の中で最も白筋線維が多く、萎縮しにくい筋肉になります。

 1.前方から見た大腿直筋
大腿直筋|正面
 2.側方から見た大腿直筋
大腿直筋|側面
 3.後方から見た大腿直筋
大腿直筋|後面
支配神経 大腿神経
髄節 L2-4
起始 腸骨の下前腸骨棘、寛骨臼の上縁
停止 ①膝蓋骨の上縁
②膝蓋腱を介して脛骨粗面に付着
栄養血管 大腿動脈
動作 膝関節の伸展、股関節の屈曲
筋体積 238㎤
筋線維長 5.5㎝
速筋:遅筋(%) 61.9:38.1

大腿直筋の痛みとトリガーポイント

トリガーポイントは筋腱移行部や骨突起部に出現しやすいのですが、大腿直筋の場合も起始側の移行部から付着部にかけて圧痛点が現れます。

関連痛領域は圧痛点より下部(膝から大腿前部にかけて)に波及します。

大腿直筋のトリガーポイントと関連痛領域

大腿直筋はSFL(スーパーフィシャル・フロント・ライン)の筋膜経線上に位置する筋肉であり、身体前面浅層において重要な筋肉になります。

筋膜の歪みは下腿まで拡がっていくため、このライン上の痛みなどがないかも確認しておくことが必要になります。

アナトミートレイン|SFL|スーパーフィシャル・フロント・ライン

大腿直筋の触診方法

下肢を伸展挙上させることで大腿直筋を収縮させ、起始部の下前腸骨棘の下方あたりで筋緊張を触知しています。

自己触診:大腿直筋

大腿直筋の個別ストレッチング

長坐位にて片脚を曲げて殿部の下に入れます。その状態から体幹を後方に倒して、背臥位になっていきます。

大腿直筋は大腿骨上を真っ直ぐに走行している二関節筋であるため、大腿の内外転や回旋、骨盤の前傾などが入らないようにして注意します。

大腿直筋,ストレッチ,方法

②内側広筋の概要

内側広筋(vatus medialis)は大腿前面内側に位置する筋肉で、大腿四頭筋の中で最も低い位置に筋腹を持ち、膝関節伸展の最終域で活躍します。

筋萎縮が起こりやすい部位のひとつであり、とくに術後などは顕著に萎縮しやすいため、術後早期より積極的なトレーニングが必要となります。

大腿四頭筋の中で最も遅筋線維が多く、臥床時は遅筋線維が集中的に萎縮していくため、萎縮しやすい傾向にあります。

 1.前方から見た内側広筋
内側広筋|正面
 2.側方から見た内側広筋
内側広筋|側面
 3.後方から見た内側広筋
内側広筋|後面
支配神経 大腿神経
髄節 L2-4
起始 大腿骨の転子間線から伸びる大腿骨粗線の内側唇
停止 ①膝蓋骨の上縁および内側縁
②膝蓋腱を介して脛骨粗面に付着
栄養血管 大腿動脈
動作 膝関節の伸展(特に外旋位)
筋体積 555㎤
筋線維長 7.7㎝
速筋:遅筋(%) 47.4:52.6
スポンサードリンク

Screw Home Movement

膝関節を伸展させるとき、最終域(15度前後)において、大腿骨外顆が脛骨外顆の関節面上を前方に滑り、さらに大腿骨は約7度の内旋が生じます。

この動きをネジを回転させてはめ込むのと似ていることから、スクリューホームムーブメント(SHM)と呼ばれています。

この作用により、膝関節は完全伸展位で最も安定した位置になるため、これをロッキングメカニズムともいいます。

SHMは前十字靭帯などの動作誘導に加えて、内側広筋の収縮が重要で、大腿骨を内旋に引き付ける動きは内側広筋の走行が影響しています

膝関節|側面③

内側広筋の萎縮によって膝関節を最終伸展位でロックできない状態を「エクステンションラグ」と呼びます。

この状態は膝関節の安定性を失ってしまうため、歩行時などの転倒リスクにもつながります。一度発生すると改善が乏しいため、内側広筋の廃用予防は非常に重要です。

内側広筋は内転筋膜を介して大内転筋に付着します。なので、トレーニングを実施する際は、股関節の内転筋群も併せて鍛えると効果的です。

エクステンションラグ

内側広筋の痛みとトリガーポイント

内側広筋のトリガーポイントは停止部ちかくに出現し、筋の走行に沿って上方に痛みを波及させます。

また、痛み以外にも筋出力や反応速度の低下を引き起こし、膝蓋骨の可動性を減少させて、結果的に膝蓋靭帯炎や膝くずれといった症状を引き起こします。

内側広筋のトリガーポイントと関連痛領域

内側広筋の触診方法

膝関節の終末伸展運動にて、内側広筋の筋腹部を触診しています。通常は筋腹が視診で確認できます、出現しない場合は萎縮を疑われます。

自己触診:内側広筋

内側広筋の個別ストレッチング

長坐位にて片脚を屈曲させます。その際に、股関節は外旋させて足部はお尻の下を通して反対側に出るようにします。

そのまま体幹を後方に倒していくことで、内側広筋を選択的に伸張することができます。

大腿内側筋,ストレッチ,方法

下の図を見ていただくとわかりやすいですが、内側広筋はその走行から大腿骨を内旋方向に動かすように作用します。

そのため、大腿骨を外旋させることでより伸張位に保持できます。外側広筋の場合はその逆で、大腿骨を内旋させることで伸張できます。

大腿四頭筋の収縮方向|大腿直筋|外側広筋|内側広筋|中間広筋

③外側広筋の概要

外側広筋(vastus lateralis)は大腿前面外側に位置する筋肉です。下腿が内旋位の状態からの膝関節伸展で貢献度が高くなります。

内側広筋は遅筋線維が多いのに対して、外側広筋は速筋線維が多い筋肉です。そのため、臥床時に萎縮しにくい傾向にあります。

 1.前方から見た外側広筋
外側広筋|正面
 2.側方から見た外側広筋
外側広筋|側面
 3.後方から見た外側広筋
外側広筋|後面
支配神経 大腿神経
髄節 L2-4
起始 大腿骨の大転子の外側面、転子間線、殿筋粗面および粗線の外側唇
停止 ①膝蓋骨の上縁および外側縁
②膝蓋腱を介して脛骨粗面に付着
栄養血管 大腿動脈
動作 膝関節の伸展
筋体積 514㎤
筋線維長 8.0㎝
速筋:遅筋(%) 58.5:41.5

外側広筋の痛みとトリガーポイント

外側広筋のトリガーポイントはやや停止側に出現し、痛みは大腿外側部にかけて起こります。

外側広筋のトリガーポイントと関連痛領域

外側広筋はBFL(バック・ファンクショナル・ライン)の筋膜経線上に存在する筋肉で、他の筋よりも上方に痛みが拡がりをみせます。

このラインは広背筋を通して反対側の上腕骨体までつながるといった特徴的なつながりを持ちます。

アナトミートレイン|BFL|バック・ファンクショナル・ライン

外側広筋の触診方法

写真では、膝関節の終末伸展運動にて外側広筋から外側膝蓋支帯へと移行する様子を触診で確認しています。

自己触診:外側広筋

外側広筋の個別ストレッチング

長坐位にて片脚を屈曲させます。その際に、股関節は内旋させて足部は体幹の外側に出るようにします。

そのまま体幹を後方に倒していくことで、外側広筋を選択的に伸張することができます。

大腿外側筋,ストレッチ,方法

④中間広筋の概要

中間広筋(vastus intermedius)は大腿前面深層に位置しています。大腿四頭筋の中で膝関節伸展への貢献度が最も高い強力な筋肉になります。

 1.前方から見た中間広筋
中間広筋|正面
 2.側方から見た中間広筋
中間広筋|側面
 3.後方から見た中間広筋
中間広筋|後面
支配神経 大腿神経
髄節 L2-4
起始 大腿骨の前面および外側面
停止 ①膝蓋骨の上縁
②膝蓋腱を介して脛骨粗面に付着
栄養血管 大腿動脈
動作 膝関節の伸展
筋体積 606㎤
筋線維長 7.4㎝
速筋:遅筋(%) 50.0:50.0

中間広筋のトリガーポイントと関連痛

中間広筋のトリガーポイント(TP)は起始側に発生し、表層を覆っている大腿直筋のTPの真下に出現します。関連痛は鼡径部外側から大腿上部に起こります。

中間広筋のトリガーポイントと関連痛領域

大腿四頭筋の運動貢献度(順位)

貢献度 膝関節伸展 股関節屈曲
1位 中間広筋 大腰筋
2位 外側広筋 腸骨筋
3位 内側広筋 大腿直筋
4位 大腿直筋 大腿筋膜張筋

※膝関節伸展では最も深層に位置する中間広筋が高い貢献をします。

大腿の断面図

大腿中央を断面でみた場合、大腿四頭筋は筋間中隔によって仕切られており、前方の角に位置しています。

外側広筋と中間広筋には明確な境目はみられず、中間広筋も大腿骨のやや外側に付着していることがわかります。

大腿中央の断面図|前区画|大腿四頭筋

大腿四頭筋の支配神経

大腿四頭筋の支配神経は大腿神経(L1-4)であり、腰神経叢(T12-L4)から発生する最大の神経になります。

鼡径靭帯の下方を通って大腿部に出ていき、すぐに前部と後部に分かれます。大腿四頭筋は後部の支配神経になります。

大腿神経|大腿四頭筋

大腿四頭筋の栄養血管

大腿四頭筋の栄養血管は大腿動脈で、外腸骨動脈からの連続であり、とても太い血管になります。大腿動脈は鼡径部にて触知することも可能です。

大腿四頭筋の栄養血管|大腿動脈

歩行時の筋活動について

大腿四頭筋は遊脚終期(TSw)より活動を開始、荷重応答期(LR)には遠心性に働きながら膝関節をコントロールしていきます。

大腿直筋のみは二関節筋であるため、腸骨筋と協働して前遊脚期(PSw)の股関節屈曲に貢献します。

大腿四頭筋の歩行時の筋活動

大腿四頭筋が弱化している場合、荷重応答期に遠心性に収縮しながらゆっくりと膝関節屈曲に持っていくことができず、崩れるようにして膝が曲がってしまいます。

その現象を膝くずれ(giving way)と読んでおり、主に荷重応答期のコントロール不全で起こることになります。

60歳代と20歳代の大腿四頭筋の筋力を比較した実験では、60歳代のほうが25-35%ほど低下していたと報告しています。

大腿四頭筋が低下すると歩行時における膝関節への衝撃吸収作用が乏しくなり、関節軟骨や半月板を損傷しやすくなるといったリスクがあります。

膝くずれ/giving-way

ストレッチ方法

①片脚でバランスをとって直立し、もう片方の足を殿部方向へ引き上げます。体幹が前傾しないように注意し、しっかりと胸を張って実施します。
大腿四頭筋,ストレッチ,方法
①うつ伏せで片脚を殿部へ引き付けます。大腿部の下に枕などを置いて股関節伸展位に保持することにより、より伸張していくことも可能です。
大腿四頭筋,ストレッチ,方法,臥位

筋力トレーニング

①膝下に巻いたタオルを押し潰すようにして力を入れます。主に終末伸展運動に関与する内側広筋を鍛えることができます。
四頭筋セッティング,パテラセッティング,大腿四頭筋
②仰向けで片膝を立てて、もう片方の脚は伸ばした状態で地面から15-30㎝ほど挙上させて10秒保持します。
大腿四頭筋,筋トレ,方法,SLR運動,下肢挙上
③バーベル持った状態でスクワットを行います。体幹が前傾してしまうと効果が弱くなるので、上体は曲がらないように意識します。
大腿四頭筋,筋トレ,スクワット,方法

マッサージ方法

大腿四頭筋は表層筋であるため、基本的には筋肉の走行に沿いながら圧を加えていくことになります。

方法として、患者には背臥位をとってもらい、術者は大腿直筋と内側広筋の境目、大腿直筋と外側広筋の境目を確認します。

その後、境目を両母指で圧迫しながら、停止部から起始部に向けて母指を滑らせていきながらストリッピングします。

その際に、各筋肉の緊張状態や硬結部の有無を確認しながら、障害部を見つける都度に持続圧迫を加えてリリースしていきます。

中間広筋にアプローチする場合は大腿直筋の深部にあるため、座位姿勢をとってもらい、大腿直筋を弛緩させた状態で深く押圧しながらマッサージしていきます。

大腿直筋|浅層筋

お勧めの一冊

筋肉の走行を見ながら触診やマッサージ方法を学ぶことができるベストセラー書です。付属のDVDで実際の流れを見て覚えることができるのでお勧めです。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme