vc

大腿筋膜張筋

大腿筋膜張筋に関する充実したデータ(ストレッチ、筋力トレーニング、マッサージ方法など)をここでは閲覧できます。目次は以下になります。

大腿筋膜張筋の概要

大腿筋膜張筋(tensor fasciae latae)は大腿外側に位置する筋肉で、停止部は大殿筋とともに腸脛靭帯に移行します。

上前腸骨棘の外側から起始したのち、大転子の前方を通過して腸脛靭帯に至るため、股関節外転に加えて屈曲と内旋運動にも作用します。

そのため、歩行時には股関節が外旋するのを防ぎ、膝関節を安定させながら下肢の振り出しを調整するといった役割があります。

 1.前方から見た大腿筋膜張筋
大腿筋膜張筋|正面
 2.側方から見た大腿筋膜張筋
大腿筋膜張筋|側面
 3.後方から見た大腿筋膜張筋
大腿筋膜張筋|後面
腸脛靭帯
支配神経 上殿神経
髄節 L4-5
起始 腸骨稜外唇の前部、上前腸骨棘、大腿筋膜の深面
停止 腸脛靭帯を介して脛骨外側顆の下方につく
栄養血管 上殿動脈
動作 股関節の屈曲・内旋・外転、膝関節の伸展、大腿筋膜の緊張 ※膝関節深屈曲位では屈曲作用に変化
筋体積 76㎤
筋線維長 9.5㎝
速筋:遅筋(%) 50.0:50.0

大腿筋膜張筋の作用の変化

大腿筋膜張筋の膝関節への作用は軽度屈曲位では伸展作用、深い屈曲角度では屈曲作用へと変化します。

これは大腿筋膜張筋の移行先である腸脛靭帯が軽度屈曲位では膝関節軸の前方を、深い屈曲位では後方を走行することに起因しています。

腸脛靭帯は膝関節が45度屈曲位を境界として、その作用方向が変化します。

腸脛靭帯の作用変化

大腿筋膜張筋が短縮すると股関節の伸展・外旋位での内転運動が制限されるため、Ober’s testが陽性となります。

テストの方法として、側臥位で検査側の股関節を伸展・外転した状態をとり、そこから股関節を他動的に内転させていき、非検査側の下肢と接触できるかを確認します。

オーバーズテスト,短縮

大腿筋膜張筋の運動貢献度(順位)

貢献度 股関節屈曲 股関節外転 股関節内旋
1位 大腰筋 中殿筋 中殿筋(前部)
2位 腸骨筋 大殿筋(上部) 小殿筋(前部)
3位 大腿直筋 大腿筋膜張筋 大内転筋
4位 大腿筋膜張筋 小殿筋 恥骨筋

※大腿筋膜張筋は股関節の「屈曲+内旋+外転」に複合的に働く筋であり、個別の屈曲や外転に働く貢献度としては低くなっています。

大腿筋膜張筋の触診方法

浅層に位置している筋肉なので触診は容易で、上前腸骨棘のすぐ後方にて起始部を触知することができます。

下の写真では、大腿筋膜張筋の固有の動きである股関節の屈曲・外転・内旋の複合運動を行ってもらい、筋肉の収縮を触知しています。

自己触診:大腿筋膜張筋

スレッチ方法

①床に仰向けになって片方の膝を曲げ、もう片方の脚の上から交差させます。曲げた脚の膝を反対側の手でつかんで引き下げます。
大腿筋膜張筋,ストレッチ,方法,回旋
②立位で両脚を交差させ、後ろの足に向けて上体を傾けます。大腿筋膜張筋を選択的に伸張するために、股関節の伸展・外旋の動きを入れながら実施します。
大腿筋膜張筋,ストレッチ,方法,立位,体幹側屈
③ベッドで側臥位をとり、ストレッチ側の膝関節を伸展してベッドの端から垂らし、股関節を内転します。この際に骨盤の回旋が起こらないように注意します。
大腿筋膜張筋,個別ストレッチ,方法

筋力トレーニング

①大腿筋膜張筋の固有の動きである股関節の屈曲・内旋・外転の動きを入れながら、側臥位で下肢を挙上していきます。
大腿筋膜張筋,筋トレ,方法,股関節外転
②足首にチューブを巻いて立位の姿勢をとり、股関節を外転させていきます。
大腿筋膜張筋,ゴムチューブ,セラバンド,方法,筋トレ

腸脛靭帯炎(ランナー膝)の概要

腸脛靭帯は膝関節伸展時には大腿骨外側上顆の前方に位置し、屈曲時には後方に移動します。

そのため、膝の屈伸動作が繰り返されると大腿骨外側上顆で擦れてしまい、それが長時間にわたって繰り返されると腸脛靭帯が炎症を起こします。それを腸脛靭帯炎といいます。

腸脛靭帯炎はマラソン選手やランニングを習慣にしている人たちに発生しやすいことから、別名でランナー膝とも呼ばれています。

昨今は健康ブームの影響からランニングをされている人が増えているため、ランナー膝は増加傾向にあります。

腸脛靭帯炎

大腿筋膜張筋の痛みとトリガーポイント

腸脛靭帯炎以外にも筋実質の障害にて関連痛が生じる場合もあり、その多くは上前腸骨棘(起始部)の下方でトリガーポイントが出現します。

痛みは筋の走行に沿いながら大腿外側(腸脛靭帯部)に起こります。転子滑液包炎に似た症状を引き起こすので鑑別を要します。

大腿筋膜張筋の関連痛領域

大腿筋膜張筋はLL(ラテラル・ライン)の筋膜経線上にあり、LLは体幹の側屈や股関節の外転、足の外反といった運動機能に関与するラインになります。

姿勢保持では前後左右のバランスをとっており、他の浅層ライン(SFL,SBL,SPL)を仲介する役割を担います。

アナトミートレイン|LL|ラテラル・ライン|大腿筋膜張筋

大腿筋膜張筋の歩行時の筋活動

大腿筋膜張筋は遊脚終期(TSw)から立脚終期(TSt)までと非常に長い間にわたって活動する筋肉になります。

遊脚終期は膝関節が0度となって接地に備えるため、腸脛靭帯を緊張させて股関節の外旋を防ぎ、膝関節を安定させるために働いています。

接地後も適度な緊張状態を保つことで片脚立位を支持し、立脚終期の後半より緊張が抜けていくといった流れを示します。

大腿筋膜張筋の歩行時の筋活動

マッサージ方法

浅層に位置する筋肉であるためマッサージは容易ですが、筋肉の厚さは2㎝ほどで硬く、柔軟性に乏しいため、圧迫の際には痛みを伴うことがあるので注意を要します。

方法として、患者に背臥位をとっていただき、術者は四指を上前腸骨棘のすぐ後方の起始部に置いて押圧します。

その状態から筋肉の走行に沿ってストリッピングしていき、硬結部などが存在しないかを確認しながら筋全体に圧を加えていきます。

大腿筋膜張筋|浅層

お勧めの一冊

筋肉の走行を見ながら触診やマッサージ方法を学ぶことができるベストセラー書です。付属のDVDで実際の流れを見て覚えることができるのでお勧めです。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme