小指対立筋(opponens digiti minimi)

この記事では、小指対立筋を治療するために必要な情報を掲載していきます。

小指対立筋の概要

小指対立筋の起始停止

小指対立筋は手掌深部に位置する筋肉で、表層は手掌腱膜、短掌筋、小指屈筋に覆われています。

小指外転筋や短小指屈筋よりも中心(親指側)から起始しており、小指球の膨らみを形成しています。

小指CM関節の対立運動は日常生活でそれほど重要ではないため、他指の対立運動が可能なら問題となりません。

基本データ

項目

内容

支配神経 尺骨神経の深枝
髄節 C8-T1
起始 有鈎骨鈎、屈筋支帯
停止 5中手骨の尺側縁
動作 小指CM関節の対立運動

小指対立筋の触診方法

小指対立筋

写真では、小指の対立運動にて小指対立筋を停止側(第5中手骨の尺側縁)で触診しています。

表層には小指外転筋が位置していますので、下方から滑り込ませるようにして指を入れることで収縮がより触知しやすくなります。

手内在筋(小指球筋)とは

手内在筋は、手根骨もしくは手指骨に起始と停止を共に持つ筋肉のことを呼びます。

小指球筋は、①小指対立筋、②小指外転筋、③短小指屈筋、④短掌筋の四つで構成されます。

手内在筋の一覧

手内在筋

筋肉

支配神経

母指球筋 母指対立筋 正中神経
短母指外転筋 正中神経
短母指屈筋 正中神経,尺骨神経
母指内転筋 尺骨神経
小指球筋 小指対立筋 尺骨神経
小指外転筋 尺骨神経
短小指屈筋 尺骨神経
短掌筋 尺骨神経
中手筋 虫様筋 正中神経,尺骨神経
背側骨間筋 尺骨神経
掌側骨間筋 尺骨神経

アナトミートレイン

小指球筋はDBAL(ディープ・バックアーム・ライン)の筋膜経線につながる筋肉で、瞼板筋(肩甲下筋を覗く)や菱形筋までのつながりを持ちます。

小指球筋の関連痛は小指の外側および背側に限局して起こり、小指球筋の問題がラインを通じて中枢側に痛みを波及させることはありません。


お薦めのリハビリ本

vc

他の記事も読んでみる

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme