スポンサードリンク

小胸筋


小胸筋に関する充実したデータ(ストレッチ、筋力トレーニング、マッサージ方法など)をここでは閲覧できます。目次は以下になります。

小胸筋の概要

小胸筋(pectoralis minor)は大胸筋の深部にある小さな筋肉で、上位肋骨に起始して肩甲骨の烏口突起に停止し、肩甲骨の下制や下方回旋に作用します。

小胸筋は大胸筋の補助筋と思われがちですが、むしろ大胸筋が作用する際に肩甲骨を体幹に押し当て、固定・支持する作用があります。

そうすることで上腕骨に停止する強大な大胸筋が、安定した筋出力を発揮することができるようになります。

1.前方から見た小胸筋
小胸筋|前面
 2.側方から見た小胸筋
小胸筋|側面
 3.後方から見た小胸筋
小胸筋|後面
支配神経 内側及び外側胸筋神経
髄節 C7-T1
起始 第2-5肋骨又は第3-5肋骨
停止 烏口突起
栄養血管 胸肩峰動脈(胸筋枝)
動作 肩甲骨の下制,下方回旋、吸気の補助
筋体積 73㎤
筋線維長 15.0㎝
筋連結 烏口腕筋、内肋間筋
スポンサードリンク

小胸筋は努力吸気に働く

肩甲骨側がロックされている場合は起始側である上位肋骨が引き上げられるために、吸気の補助として貢献します。

上位肋骨(第1-4肋骨)の動きはポンプハンドル運動とも呼ばれ、ポンプを押すような動きに似ており、吸気時に上方に押し上げられ、呼気時に下方に移動します。

ポンプハンドル運動

腕神経叢圧迫による胸郭出口症候群

腕神経叢や鎖骨下動静脈は小胸筋下間隙(小胸筋と胸壁の隙間)を通過しており、小胸筋に過度な緊張があると圧迫されて麻痺を起こす場合があります。

その症状を胸郭出口症候群と呼びます。とくに肩関節を外転させることで間隙が狭小化されて症状が憎悪することから、過外転症候群とも呼ばれます。

小胸筋下間隙での神経圧迫は「いかり肩」(肩が挙がった状態)に多いため、症状の改善には小胸筋のリラクゼーションやストレッチが有効となります。

胸郭出口症候群|小胸筋下間隙

小胸筋の運動貢献度(順位)

貢献度 肩甲骨下方回旋
1位 大菱形筋
2位 小菱形筋
3位 小胸筋

小胸筋の触診方法

写真では、座位にて肩甲骨の前傾運動を実施してもらい、小胸筋を停止部(烏口突起)で触診しています。烏口突起は圧迫すると痛みが出やすい部位になります。

自己触診:小胸筋

小胸筋の短縮を確認する方法

小胸筋の短縮は、肩関節の可動域制限や胸郭出口症候群の原因にもなるので、常に状態については確認すべき筋肉のひとつです。

方法として、患者に背臥位をとってもらった際に、肩がベッドから浮いている場合は小胸筋の短縮(過緊張)を疑うことができます。

ベッド面から肩最前端までの距離を計測することで定量的な評価も可能です。

ベッド肩峰間距離

ストレッチ方法

①腹臥位にて肩関節45度屈曲・内転位とし、肘をベッドに置き屈曲します。肩甲骨内側縁が後方に突出するように、右斜め上方に体重移動しながら肘で体重を支えます。
小胸筋,ストレッチ,方法,個別

筋力トレーニング

①上述した状態から肘をベッドに押しつけるようにして力を加えていきます。烏口突起部で筋収縮を確認しながら行います。
小胸筋

小胸筋の痛みとトリガーポイント

小胸筋の関連痛は、肩前部から前胸部、腕の掌側に沿って第3,4,5指まで波及します。左小胸筋では、狭心症に似た症状を引き起こす場合もあります。

小胸筋の障害は胸郭出口症候群の影響も推察されるため、動脈の拍動なども確認しておくことが大切です。

小胸筋,トリガーポイント,痛み,関連痛

マッサージ方法

患者には背臥位をとっていただき、腕をお腹の上に置いてもらいます。大胸筋を緩めた状態で乳頭のやや上から押圧すると、コリコリとした小胸筋が触知できます

四指で小胸筋を押圧して円を描くように揉みながら、筋肉の走行に沿って起始から停止へ指先を移動させていきます。

小胸筋の停止部(烏口突起)の手前では深層に腕神経叢、鎖骨下動脈・静脈が通過しているため、強く圧迫することで上肢に痛みや痺れが生じるので注意してください。

お勧めの一冊

筋肉の走行を見ながら触診やマッサージ方法を学ぶことができるベストセラー書です。付属のDVDで実際の流れを見て覚えることができるのでお勧めです。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme