vc

小趾対立筋

この記事では、小趾対立筋(opponens digiti minimi F)に関する充実したデータを閲覧できます。

小趾対立筋の概要

小趾対立筋の起始停止

小趾対立筋は小趾球の最も深層に位置する小さな筋肉で、小趾外転筋(ときに短小趾屈筋)の一部からなり、小趾対立運動を担います。

小趾対立運動とは、小趾を母趾のほうへ近づける動きですが、実際にはできないため、ほぼ屈曲(底屈)の動きのみになります。

基本データ

支配神経 外側足底神経
髄節 S1-2
起始 5中足骨の骨底および長足底靭帯
停止 5中足骨の前方端の外側
動作 5中足骨を底側及び内側にわずかに引く

小趾対立筋の触診方法

小趾対立筋に正しく触れるためには、表層を走行している短小趾屈筋と鑑別する必要があります。

方法としては、小趾対立筋には第5中足骨を内側に引く作用があるので、小指を外転位に保持した状態から内転させるように指示します。

検査者は内転運動に対して抵抗を加えることで、第5中足骨の近位にて小趾対立筋の収縮を確認することができます。

短小趾屈筋は小趾の中足趾節関節の屈曲に作用するので、その後に屈曲運動に抵抗を加えて、収縮の違いを確認してみてください。

ストレッチ方法

第5中足骨を指で把持し、リスフラン関節を背屈および外転させることにより、ストレッチすることが可能です。

それだけでは伸張が不十分なときは、指先で筋腹を押すようにしていき、ダイレクトストレッチングを行なっていきます。

筋力トレーニング

小趾対立筋の作用は、第5中足骨を底側及び内側にわずかに引くことです。

そのため、第5中足骨の遠位を指先でやや背屈した状態に保ち、そこから底屈および内側に動かしてもらうように指示します。

そこに指先で抵抗をかけることで、小趾対立筋を個別に筋力トレーニングすることができます。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme