後斜角筋

この記事では、後斜角筋(scalenus posterior)に関する充実したデータを閲覧できます。

後斜角筋の解説

後斜角筋の起始停止

後斜角筋は、斜角筋群を構成する3つの中で後方に位置しており、ヒトによっては欠如している場合もあります。

前斜角筋と中斜角筋の停止部が第1肋骨に対して、後斜角筋は第2(又は第3)肋骨に停止しているのが特徴です。

斜角筋隙の構成には関与していないため、臨床上はあまり問題とはならない場合が多い筋肉になります。

基本データ

支配神経 頚神経叢および腕神経叢
髄節 C7-8
起始 5-7頸椎の横突起の後結節
停止 2(又は3)肋骨
栄養血管 上行頸動脈(下甲状動脈の枝)
動作 2肋骨の挙上

頸椎の屈曲と側屈(同側)

筋体積 5.2
筋線維長 5.8
速筋:遅筋(%) 70.030.0 ※斜角筋群のデータ
連結:肩甲挙筋、中斜角筋

運動貢献度(順位)

貢献度

頸部屈曲

頸部側屈

1 斜角筋群 胸鎖乳突筋
2 舌骨下筋群 斜角筋群
3 椎前筋群 脊柱起立筋
4 板状筋群

後斜角筋の触診方法

後斜角筋の触診方法

写真では、中斜角筋後方および肩甲挙筋前方に指腹を押し込んで、後斜角筋を触診しています。

肩甲挙筋は頸部の側屈運動には関与しませんので、側屈運動を実施させて抵抗をかけることにより、筋の位置がより把握しやすくなります。

ヒトによっては欠如している場合もあり、他の2つよりも触診しにくいので、注意深く観察してみてください。

ストレッチ方法

後斜角筋のストレッチング1

後斜角筋を選択的に伸張するには、頚椎を軽度屈曲・側屈・回旋していきます。

前斜角筋や中斜角筋が頚椎伸展位で行うのに対して、後斜角筋は頚椎を軽度屈曲位で実施するところが異なります。

関連する疾患

  • 斜角筋症候群
  • 上位型腕神経叢麻痺(エルブ麻痺)
  • 下位型腕神経叢麻痺(クルムプケ麻痺)
  • 第1肋骨疲労骨折
  • 胸郭出口症候群 etc.

他の記事も読んでみる

スキルアップできる本

vc

勉強になる情報をお届けします!

セラピストが副業で稼ぐ方法

vc

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme