スポンサードリンク

後脛骨筋

理学療法士が副業で年収を2倍

後脛骨筋に関する充実したデータ(ストレッチ、筋力トレーニング、マッサージ方法など)をここでは閲覧できます。目次は以下になります。

後脛骨筋の概要

後脛骨筋(tibialis posterior)は下腿後面で最も深層に位置する筋肉で、腱は脛骨とアキレス腱の間を通って足裏に停止します。

足関節内反の主力筋で、内側縦アーチの形成に関与する筋肉でもあります。偏平足の治療でアプローチする機会の多い部位です。

内反運動は距腿関節の底屈と距骨下関節の内転の複合運動になります。

1.前方から見た後脛骨筋
後脛骨筋|前面
 2.側方から見た後脛骨筋
後脛骨筋|側面
 3.後方から見た後脛骨筋
後脛骨筋|後面
支配神経 脛骨神経
髄節 L5-S1
起始 下腿骨間膜、脛骨と腓骨の後面
停止 舟状骨、全楔状骨(立方骨、第2-3中足骨底まで停止部が広がる場合も)
動作 足関節の底屈,内反
筋体積 93㎤
筋線維長 3.5㎝
速筋:遅筋(%) 50.0:50.0
筋連結 前脛骨筋、長母趾屈筋、長趾屈筋、ヒラメ筋、長母趾伸筋、膝窩筋

足底のアーチについて

後脛骨筋は足底の内側縦アーチを支持する筋肉であるため、これらの筋肉に弱化や麻痺が起こることでアーチが崩れる場合があります。

1.足底のアーチ(横側)
足関節のアーチ
2.足底のアーチ(足底)
足関節のアーチ|横アーチ|内側アーチ|外側アーチ
部位 支持する筋肉
内側縦アーチ 前脛骨筋
後脛骨筋
長母趾屈筋
長趾屈筋
母趾外転筋
外側縦アーチ 長腓骨筋
短腓骨筋

下腿の断面図

下腿中央を断面でみた場合、後脛骨筋は脛骨の後外側部に付着部を持っていることがわかります。

また、腓骨および下腿骨間膜(脛骨と腓骨の間に位置して繋いでいる膜)にも付着部を持っています。

下腿中央の断面図|後脛骨筋

後脛骨筋の運動貢献度(順位)

貢献度 足関節内反
1位 後脛骨筋
2位 長母趾屈筋
3位 長趾屈筋
4位 前脛骨筋

後脛骨筋の触診方法

足関節を内反させることで内果後方を走る腱が隆起しますので、視診にて容易に確認できます。アキレス腱炎と似た症状を呈するので圧痛の有無を確かめます。

深層に位置するため筋腹の触診は困難であり、腓骨頭下方後面から腓骨の後面に進入するように圧迫を加えることにより、間接的に筋収縮を触知することができます。

自己触診:後脛骨筋

ストレッチ方法

①坐位にて両手で前足部を把持し、足関節を外反していきます。伸張時は両手指の力だけでなく、体幹を伸展しながら上肢全体を利用すると効果的です。
後脛骨筋,ストレッチ, 方法
②片足のつま先を段差や階段に立てかけ、膝を伸ばしたまま上体を前傾させます。後脛骨筋を選択的に伸張するため外反に誘導します。
後脛骨筋,ストレッチ,部位,アキレス腱のばし
③下肢はやや内転・内旋方向に入れて、足関節を外反方向へ誘導しながらアキレス腱伸ばしの要領で実施します。
後脛骨筋,ストレッチ,方法,足関節背屈

筋力トレーニング

①背伸びをするように踵を上げていきます。後脛骨筋を選択的に働かせるために膝関節はやや屈曲し、内反方向に誘導します。
後脛骨筋,筋トレ,方法,カーフレイズ,踵上げ
②上記の踵上げ運動を片脚にて実施します。
後脛骨筋,筋力トレーニング,片脚立位

後脛骨筋の痛みとトリガーポイント

後脛骨筋のトリガーポイントは起始付近に現れ、関連痛は下腿後面からアキレス腱、足底にかけて波及します。

アキレス腱炎や足底腱膜炎と誤診されやすいので鑑別を要します。

後脛骨筋のトリガーポイントと関連通領域

後脛骨筋はDFL(ディープ・フロント・ライン)の筋膜経線上に位置しており、深部の筋膜を介して下顎骨までつながります。

アナトミートレイン|DFL|ディープ・フロント・ライン

後脛骨筋腱炎について

後脛骨筋腱は炎症は、長距離ランナーやジャンプ動作が多いスポーツで発生しやすく、オーバーユース障害のひとつになります。

下の図のように、オーバープロネーション(過回内)が発生する場合は後脛骨筋が伸張されて過剰な負荷がかかります。

オーバープロネーションは膝関節がX脚の場合や足部に扁平足がある場合に起こりやすいため、外部からの影響について評価することが重要です。

オーバープロネーション

後脛骨筋の歩行時の筋活動

後脛骨筋は荷重応答期(LR)から立脚終期(TSt)まで活動し、この期間は下腿三頭筋といった底屈筋と同様の働きをみせます。

しかしながら、筋線維の割合はヒラメ筋や前脛骨筋、腓骨筋のように遅筋線維が高くはなっていないため、関与は低いと考えられます。

後脛骨筋と似た名前に前脛骨筋がありますが、こちらは足関節背屈の主力筋であり、主に遊脚期に働いています。

後脛骨筋の歩行時の筋活動

マッサージ方法

患者に腹臥位をとってもらい、後脛骨筋の腱部を確認しながら母指を置き、走行に沿いながらストリッピングしていきます。

後脛骨筋は深層筋であり、筋腹の触知は困難なため、下腿三頭筋の上から深く圧迫するようにしながら間接的に施術していきます。

お勧めの一冊

筋肉の走行を見ながら触診やマッサージ方法を学ぶことができるベストセラー書です。付属のDVDで実際の流れを見て覚えることができるのでお勧めです。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme