スポンサードリンク

恥骨筋


恥骨筋に関する充実したデータ(ストレッチ、筋力トレーニング、マッサージ方法など)をここでは閲覧できます。目次は以下になります。

恥骨筋の概要

恥骨筋(pectineus)は股関節前面に位置する筋肉です。大内転筋や長内転筋、短内転筋、薄筋と共に股関節内転に貢献します。

内転筋群の中で最も上部に位置する扁平な筋肉で、大腰筋と長内転筋の間を走行します。起始部が前方の恥骨櫛にあるため、股関節屈曲にも作用します。

恥ずかしいので股を閉じる(股関節内転)と覚えてください。屈曲や内旋も加わるので、とにかく明るい安村さんの「安心してください」のポーズに近いです。

 1.前方から見た恥骨筋
恥骨筋|正面
 2.側方から見た恥骨筋
恥骨筋|側面
 3.後方から見た恥骨筋
恥骨筋|後面
支配神経 ①大腿神経(L2-3)
②閉鎖神経の前枝(L2-4)
起始 恥骨櫛
停止 大腿骨粗線の近位部と恥骨筋線
動作 股関節の内旋,屈曲,内転
筋体積 65㎤
筋線維長 7.2㎝
速筋:遅筋(%) 50.0:50.0

恥骨筋の運動貢献度(順位)

貢献度 股関節内旋 股関節屈曲
1位 中殿筋(前部) 大腰筋
2位 小殿筋(前部) 腸骨筋
3位 大内転筋 大腿直筋
4位 恥骨筋 大腿筋膜張筋
5位 長内転筋 恥骨筋

恥骨筋の触診方法

鼡径靭帯・長内転筋・縫工筋から構成される大腿三角(スカルパ三角)の後方、大腿動脈の拍動が触れる部分の後方で筋腹を触診ができます。

股関節を軽度屈曲位に保持し、股関節屈曲・内転・内旋といった複合運動に対して抵抗をかけることで筋の収縮が触知できます。

スカルパ三角

ストレッチ方法

①膝関節を屈曲して下腿部をベッドの上に置き、もう片方の脚は前外方に一歩出します。体重を前方下肢に移しながらベッド側の股関節を伸展・外転していきます。
恥骨筋,短内転筋,ストレッチ,方法
②つま先を外側に向けて両脚を広げて立ちます。両手で膝を外側に向かって押しながら、上体が上方に伸び上がるように意識しながら伸張させます。
恥骨筋,ストレッチ,方法,股関節外転
③片膝をついて下肢を外転させ、体を側方にゆっくりと動かします。恥骨筋は起始が上部にありますので、上体を仰け反るように意識しながら実施します。
股関節内転筋,ストレッチ,方法

筋力トレーニング

①足首にチューブを巻いて股関節を内転させます。その際に、下肢をやや屈曲・内旋方向に誘導することで恥骨筋を選択的に強化できます。
恥骨筋,筋力トレーニング,方法,セラバンド,ゴムチューブ

恥骨筋の痛みとトリガーポイント

恥骨筋のトリガーポイントは起始あたりに出現し、その周囲(鼡径靭帯下方)に関連痛を引き起こします。

恥骨筋,関連痛,トリガーポイント,痛み,部位

恥骨筋はDFL(ディープ・フロント・ライン)の筋膜経線上に存在します。

アナトミートレイン|DFL|ディープ・フロント・ライン

恥骨筋のマッサージ方法

患者に背臥位をとってもらい、術者は恥骨櫛(起始部)を母指で押圧し、大腿骨粗線(停止部)に向けて滑らせていきます。

硬結部を発見した場合はその都度に持続圧迫を加え、リリースしていきます。

恥骨筋の表層には大腿動脈・静脈や陰部大腿神経が走行しているため強く圧迫しすぎないように注意しながらアプローチします。

恥骨筋|浅層筋

お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme