扁平足障害のリハビリ治療

扁平足障害のリハビリ治療に関する目次は以下になります。

扁平足の概要

扁平足障害

扁平足とは、足部の内側縦アーチ(土踏まず)が低下あるいは消失した状態を指し、それに伴う諸症状を扁平足障害といいます。

扁平足は年代別に小児期、思春期、成人期の3期に分類されます。

小児期より未熟な幼児期においては、土踏まずの周囲に脂肪が付着しているため、内側縦アーチはまだ確認することができません。

それが成長に従って徐々に脂肪が消失していき、小児期(8歳頃)にはアーチとして確認することができます。

小児期の扁平足は無症状なので基本的に治療対象ではなく、重要なのは思春期や成人期に起こる扁平足障害になります。

扁平足障害はなぜ起こるのか

扁平足の発生機序として、以下の流れを辿ります。

  1. 距骨が前方と内方に滑り、踵骨は後方に回転して外反する
  2. 距舟靱帯に引っ張られて舟状骨が下がる
  3. 舟状骨に停止を持つ後脛骨筋は延長位になり弱化する
  4. 後脛骨筋の延長で内側縦アーチが下がる
  5. 内側縦アーチの低下で足底腱膜が伸ばされる
  6. 内側縦アーチの低下で長趾屈筋や長母趾屈筋も延長位になり弱化する
  7. 内側楔状骨の低下で前脛骨筋も延長位になり弱化する
  8. 踵骨の外反で三角靭帯と距踵靱帯に緊張が生じる
  9. 距骨が前内方に滑り、前足部が外転して、横アーチも低下する
  10. 踵骨の外反で母趾に荷重が集中して外反母趾を起こす
  11. 外反母趾が原因で母趾内転筋は短縮して、母趾外転筋は延長する

扁平足の問題点

無症状の扁平足は数多く存在していますので、扁平足だから何が問題なのかを理解しておくことが治療においては重要です。

臨床において問題となりやすいのは、距骨下関節の過回内(オーバープロネーション)です。

距骨下関節が回内位になると足関節はゆるみの位置になるため、足関節を安定させて地面を蹴り出すことができません。

そのため、患者は「ペタペタと歩くような感覚」に陥っており、歩行効率も非常に悪い状態といえます。

内側縦アーチが低下することで第1中足骨の荷重が増加し、外反母趾を発生させるなどの二次障害にも留意する必要があります。

リハビリテーション

  1. 後脛骨筋の筋力強化
  2. 関節モビライゼーション
  3. 後足部回外誘導テーピング
  4. インソールの着用 etc.

後脛骨筋の筋力強化

扁平足では内側縦アーチ(舟状骨)が沈み込むことによって、舟状骨に付着する後脛骨筋に伸張ストレスが加わります。

その状態が続くと舟状骨や後脛骨筋腱に炎症が生じ、足の内側部痛を訴えたり、足底腱膜炎を引き起こすことにつながります。

さらに進行すると後脛骨筋腱は部分的に断裂してしまい、機能不全が生じて扁平足の改善が困難となります。

そのため、早期から後脛骨筋の負担を軽減し、しっかりと働かせることが進行の予防においても重要といえます。

後脛骨筋の筋力トレーニング

後脛骨筋の筋力トレーニングの方法として、立った状態で壁に手を当てて、背伸びをするように踵を上げていきます。

下肢が伸展した状態では下腿三頭筋が主に働いてしまうので、後脛骨筋を選択的に働かせるために膝関節はやや屈曲し、内反方向に誘導します。

痛みが伴う場合や筋力低下が著しい場合は、椅子に腰掛けた状態で踵を上げる運動を行うようにします。

関節モビライゼーション

扁平足障害では距骨下関節が過回内の状態となりやすいので、徒手的に距骨下関節を回外に誘導することで一時的なアライメント修正が可能です。

あくまで効果は一時的ではありますが、それで除痛が認められるようなら、そこに問題があるのだという根拠にもつながります。

方法としては、患者に背臥位をとってもらい、施術者は片方の手で距骨を外側に、もう片方の手で踵骨を内側に誘導していきます。

別法としては、患者に側臥位をとってもらい、足部外側を天井方向に向け、軽度底屈位のまま踵骨を床面に誘導していきます。

その際に距骨をベッドに軽く押し付けて固定しておくことで、効果的に距骨下関節を回外することができます。

後足部回外誘導テーピング

後足部回外誘導テーピング1

距骨下関節のオーバープロネーションを調整するためのテーピングであり、載距突起を持ち上げて後足部を回外方向に誘導します。

距骨下関節が回外することでショパール関節はしまりの位置となり、足部の剛性を高めて足底腱膜などの負担を軽減することが可能です。

テーピングで十分に効果が発揮するようなら、オーバープロネーションを防止するサポーターの購入を検討してもよいです。

インソールの着用

扁平足の治療において、最も選択される方法のひとつが足底挿板療法(インソール)です。

アーチサポートを挿入することにより、矯正的に荷重を分散してくれますので、使用した瞬間から症状が劇的に改善するケースも多くあります。

ヒトによって足の形は違いますので、装具士がオーダーメイドで作成することになります。

医療保険は適応されますが、それでも実費で12,000円前後はかかります。

簡易的なもので良ければ、Amazonで2,000円以下で購入することも可能なので、試してみる価値は十分にあります。


vc

他の記事も読んでみる

スキルアップできる本

vc

勉強になる情報をお届けします!

ピックアップ記事

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme