スポンサードリンク

指先が腫れる!ヘバーデン結節やブシャール結節の原因と治し方


指先が腫れて、指を曲げるときに痛みが生じる。リウマチを疑われて検査するも陰性。そんな症状のときに疑われる原因がヘバーデン結節、またはブシャール結節です。

変形性指関節症
変形性指関節症|側面|レントゲン写真

上記の写真をみていただくと、薬指(第4指)の遠位指節間関節(DIP関節)と近位指節間関節(PIP関節)に関節腔の狭小化が認められます。

関節腔の狭小化が起きる代表的な疾患は変形性膝関節症ですが、それが指関節に起きる場合を変形性指関節症といいます。

最初に症例報告をした人の名前をとって、DIP関節の変形をヘバーデン結節、PIP関節の変形をブシャール結節と呼びます。

ヘバーデン結節・ブシャール結節

結節とは、指の節(ふし)が結び合わさることであり、関節の隙間がなくなって引っ付く様子を意味しています。

症状は他の変形性関節症と類似しており、発生したからといって必ずしも痛みや腫れを伴うことはなく、無自覚に進行しているケースも多いです。

ただし、病院に来院してくる患者は必ず痛みや腫れを伴っていますので(痛くないと病院に来ない)、正しく状態を把握することが求められます。

指先の腱鞘炎

ヘバーデン結節とブシャール結節は第2指(人差し指)から第5指(小指)にしか発生せず、第1指(親指)には発生しません。

その理由は単純で、親指には指節間関節が1箇所しか存在せず、DIP関節とPIP関節がないからです。(ちなみにIP関節だけ存在)

ただし、これはあくまで診断名の話であり、もちろん母指にも変形は起こりますし、他の4指よりもその発生頻度は多いです。(腱鞘炎やばね指などから派生する)

変形性関節症は膝関節や股関節など、荷重を担う部位に多く発生しますが、手指のようにあまり負担のかからない部位にも発生することがあります。

40歳代以降の女性に発生しやすく、手作業の多い仕事や遺伝的な要因が関与していると考えられていますが、まだ関係性についてはわかっていない部分も多いようです。

初期症状として痛みや腫れといった炎症が前触れなく出現し、進行に伴って関節の変形や骨棘の形成が認められます。

その他として、指の背面に水ぶくれのような出っ張り(粘液嚢腫:ミューカシスト)が出現することもあります。

関節に腫脹が起きると関節可動域が制限され、変形が進行すると強直の原因にもなります。とくにブシャール結節では第2関節(PIP関節)を曲げると指の腹側が痛みます。

これはPIP関節から遠位手掌皮線までの間は元々が屈筋腱鞘が非常に狭いため、炎症が起きるとそれがさらに狭小化して通り抜けられなくなることに起因しています。

この部分は切断時の腱縫合後の予後があまりにもよくないために、ヒトが立ち入ってはいけない場所(No man’s land)と呼ばれたりもします。

no-mans-land

基本的に変形性関節症は遺伝的要因(性別など)に環境的要因(仕事など)が関与しているため、治療では環境的要因を整えることが第一になります。

例えば、指先を使いすぎていることが要因になっていると考えられるなら、仕事量を制限するか、テーピングやサポーターなどで関節の動きを制限することが有用です。

テーピングならダイソーにも売っているので安くで簡単に購入できます。毎回巻くのが面倒ならサポーターのほうが便利です。

ダイソーのテーピング

テーピングの利点としては圧を調整したり、運動を制限したい方向が決められるところにあります。

下の写真では、第2指の近位指節間関節に1枚グルッと巻いており、軽く圧迫することで痛みを和らげています。

また、親指側にもう1枚貼ることで指関節が中指側に変形するのを防いでいます。

ブシャール結節のテーピング

他にも背面に貼ることで指を曲げる方向を制限したりできますし、痛みのある方向への動きを止めることができます。

テーピングの注意点としては、強く圧迫すると指先の血流を止めてしまうことがあるため、指先に血がしっかりと通う程度で実施してください。

DSC00051

あくまでテーピングは補助的な手段であり、痛みが軽くなったからといって使い続けると炎症が悪化する可能性もあります。

炎症が認められる間は、無理して動かし続けると変形を助長させることになるため、早期の沈静化を図ることが大切です。

具体的には、少量のステロイドを関節内に注射したり、アイシングや低出力レーザーを用いて消炎鎮痛を図るようにしていきます。

前述したように指先は拘縮が残りやすい場所なので、マイルドに関節可動域運動やモビライゼーションを加えていき、炎症が治まるまで癒着を最小限に防止していく必要があります。

患者によって経過は異なりますが、炎症が沈静化するまでに1〜2年ほどかかるケースも多いようです。

関節リウマチのように変形が急激に進行していくことはありませんが、変形が一度起こると自然治癒は望めないため、患者にはしっかりと状態を説明するようにお願い致します。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme