スポンサードリンク

指先が腫れる!ヘバーデン結節やブシャール結節の原因と治し方


指先が腫れて、指を曲げるときに痛みが生じる。リウマチを疑われて検査するも陰性。そんな症状のときに考えられる原因がヘバーデン結節、またはブシャール結節です。

指先の腱鞘炎

ヘバーデン結節は示指(人差し指)から小指にかけての第1関節(DIP関節)に腫れや痛みが生じ、水ぶくれや骨棘の形成が起こります。

ブシャール結節は同じく示指から小指にかけての第2関節(PIP関節)に腫れや痛みが生じ、X線写真では変形が認められます。

これらの障害は40代以降の女性で、手を使う職業の人に多く、長年の使いすぎが原因となっている場合がほとんどです。そのため、いくつかの指に骨の変形や軽度の可動域制限が認められたりもします。

とくにブシャール結節では第2関節(PIP関節)を曲げると指の腹側が痛み、筋肉の腱が通過する道が狭くなっている、または腱自体に炎症が起きていたりします。

第2関節から遠位手掌皮線までの間は屈筋腱鞘が非常に狭いため、炎症が起きると第2関節の屈曲制限(拘縮)が生じてしまいます。

この部分は切断時の腱縫合後の予後があまりにもよくないために、ヒトが立ち入ってはいけない場所(No man’s land)と呼ばれたりもします。

no-mans-land

 

基本的にヘバーデン結節やブシャール結節の発生には使いすぎが関与しているため、治療方法としては安静が第一になります。

痛みが強い場合には、少量のステロイドを関節内に注射を実施したり、テーピングにて固定するといった方法がとられます。

安静がとれない(仕事を休めない)といわれる患者には、できる限りに使用後は冷やす(アイシング)を心がけてもらい、お風呂では指が固まらないように痛みの少ない範囲でじんわりと伸ばすよう指導します。

指先は非常に拘縮が残りやすい場所なので、腫れがある場合は癒着を最小限に防止し、血行を促しながら腫れが引くのを待つように心がけてください。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme