vc

振動刺激療法の治療効果と方法|筋緊張の緩和と筋収縮の促通

振動刺激療法の方法と治療効果について解説していきます。

振動刺激療法の歴史

身体に対する振動刺激による治療は、古代ギリシャ時代にはすでに徒手的なマッサージ手技のひとつとして用いられていました。

その後、19世紀末に振動刺激装置が登場し、1950年代にはRoodやBrunnstromが神経筋促通手技のアプローチ手段として取り入れるようになりました。

物理療法として用いられる振動刺激装置は、局所的な身体部位に振動刺激を加える機器と、全身を振動させる機器とに大別されます。

前者は簡易的なマッサージ器を用いて筋肉の弛緩や促通に使用されます。後者は振動する台座上に乗ることで筋力やバランス能力などを鍛えます。

ここでは局所的に振動刺激療法を用いる方法について解説していきます。

振動刺激療法の概要

リハビリの治療において、局所的な振動刺激療法の使用により期待される効果は、①筋緊張の緩和、②筋収縮の促通のふたつです。

これらは相反した作用であり、使用法を間違うと悪化させるリスクもあるため、目的に応じた刺激量と刺激部位については正しく理解しておく必要があります。

刺激量は周波数(振動数)と振幅のふたつの要素から計算することができます。ヒトが体性感覚として知覚できる振動刺激の周波数は0.1-500Hzの範囲内です。

以下に振動刺激療法における目的別の使用法をまとめた表を記載します。

筋緊張の緩和 筋収縮の促通
周波数 100Hz未満 100-150Hz
振幅 1㎜以上 1㎜以上
部位 筋全体 腱部
筋肉 中間位 軽度伸張位

筋緊張が変化するメカニズム

筋緊張が緩和する機序としては、振動刺激による微小な筋長の変化を筋紡錘が感知し、その情報がⅠa線維やⅡ線維に伝えられます。

それらの情報は抑制介在ニューロンを介して、α運動神経の興奮性を抑制する方向に働くことになります。

この反応は振動刺激の周波数が低く、振幅が大きい時に顕著に現れます。マッサージなどで筋肉が緩むのも同じ原理です。

筋収縮が促通する機序としては、伸張反射と同じ原理であり、腱部に急激な伸張が加わると筋肉は収縮する方向に働きます。

ただし振動刺激による筋収縮は伸張反射と比較して持続的な収縮となることから、これを緊張性振動反射と呼ぶ場合もあります。

この反応は振動刺激の周波数が100Hz程度で、振幅が大きいときに顕著に現れます。また、骨格筋を軽度伸張位に保持しているとより誘発しやすいです。

家庭用としても安価で購入できる

振動刺激を利用した家庭用のマッサージ機は市販でも多く売られており、アマゾンでは2,000円以下で購入することもできます。

上記の商品の場合、振動数が「速い」の設定で約6500回/分、「遅い」の設定で約5500回/分になります。

これをヘルツにして計算し治すと、前者で約110Hz、後者で約90Hzの振動数となります。なので、筋肉の緊張緩和と促通の両者に使用することができます。

適応となる障害について

筋肉に問題がある場合は、そのほとんどが適応となりますので、その範囲はとても広いです。ただし、効果が得られるのは表層筋のみで、深層筋に使用できません。

関節可動域を拡大する方法として使用される場合がありますが、あくまで改善できるの筋肉の緊張のみであり、原因が関節包や靱帯にある場合は適応外です。

適応となりやすい疾患については、脳卒中(痙縮麻痺と弛緩麻痺の両方)、胸郭出口症候群、梨状筋症候群などが挙げられます。

脳卒中のような痙縮性の麻痺、弛緩性の麻痺にも使用することができますので、中枢系の障害に対しても効果を発揮します。

胸郭出口症候群などは筋肉の緊張が原因で神経の絞扼を起こしている場合が多いので、振動刺激療法による緩めることで症状を緩和することができます。

呼吸理学療法への応用

振動刺激療法は呼吸理学療法の手段としても用いられており、電動式振動法(バイブレーション)と呼ばれています。

方法として、胸壁に200Hz程度の振動刺激を加えると、肺内および気管支内の痰の粘性が低下し、排痰作用が促進されます。

また、胸壁に2-20Hzの振動刺激が加わると、気道内の空気振動により肺のガス交換が促進されるとしています。

振動刺激療法の使用方法

筋肉に対して使用する場合は、治療対象となる筋肉の走行(長軸方向)と振動の向きを合わせることが必要となります。

筋肉の形状によってはヘッド部分をうまく当てられない場合もあるため、その際は適当な形状のものを間に置き、それを介して振動を伝えると良いです。

効果が得られるまでの時間は様々ですが、通常は1箇所あたり1分程度で即時的に効果が認められます。

振動刺激は相反する作用を有しているため、治療後はその場で効果判定を行い、目的とする効果を発揮できているかを確認するようにしてください。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme