スポンサードリンク

握力を測るだけであらゆる疾患リスクが予測できる!


握力検査は、簡便に実施できるにも関わらず、とても有益な情報をもたらしてくれる検査のひとつです。

それは単純に物を握るだけの力を測るものではなく、あらゆる疾患の予測リスクとして用いることができます。

また、握力は粗大筋力であり、計測することで全身の概ねの筋力を把握することも可能となります。ここでは握力を計測する意味についてまとめてみました。

握力測定で予測できる5つのリスク

  1. 死亡リスク
  2. 骨折リスク
  3. 脳卒中リスク
  4. 心疾患リスク
  5. 認知症リスク etc.

死亡リスクが予測できる

カナダのMcMaster Universityにて、世界17ヵ国を対象とした、握力の生命予後予測価値を検証する大規模研究が実施されました(n=139,691)。

その結果、握力は全原因死・心血管因死・非心血管因死リスクを層別化しうることが判明しました。

具体的には、握力が5kg低下ごとに、それぞれの死亡リスクが16-17%の上昇がみられたと報告されています。

スポンサードリンク

骨折リスクが予測できる

握力は全身の粗大筋力を把握することに役立ちますので、握力が低下している場合は全身の筋力が低下している可能性が示唆されます。

その場合は、日常の活動状況などを聴取し、十分な運動量が確保できているかを確認しておく必要があります。

骨折を予防するためにも、握力測定は必須な評価といえます。

脳卒中リスクが予測できる

米ボストン医療センターのEric C. Camargo氏らの調査では、歩行速度や握力の低下は、将来的な認知症や脳卒中リスクが高まる傾向があることが示されています。

握力が強い人は弱い人に比べて、脳卒中リスクが42%も低下すると報告されています。

心疾患リスクが予測できる

収縮期血圧が心疾患リスクを予測するためには非常に重要であることは周知の事実ですが、カナダのMcMaster Universityの調査では、その予測因子のレベルは、握力が心血管死を予測するレベルと同等だということが示されました。

握力測定が血圧測定と同等に予測因子になりえるというのは、とても驚きですね。ちなみに、何故そこまで関連が認められているかはまだわかっていないとのことです。

認知症リスクが予測できる

筋力と認知症の発生率についての関係性はあらゆる研究で示されており、その中でも簡単に粗大筋力を測る方法として握力検査は世界各国で多用されています。

その調査の中で、1年以内に握力が450g以上の減少を示した人は、そうでない人より認知症リスクが9%高くなると報告されています。

認知症は、脳の委縮が進行することによって発症します。その初期段階として、萎縮した細胞との連携がなくなり、握力が発揮できなくなっている可能性があります。

特に神経細胞は「舌」と「手」に集中しており、それらが最も影響を受けやすいと考えられます。そう考えると、味覚が落ちてきたと感じるのも認知症の兆候かもしれません。

おわりに

ここまで握力測定の万能性について述べてきましたが、もちろん握力で予後が明確にわかる訳ではありません。

その他の検査と組み合わせ、測定値の経過をたどっていき、ここまでに挙げたリスクと照らし合わせて、病気などの早期発見に役立てるようにお願い致します。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme