vc

梨状筋,大腿方形筋

梨状筋,大腿方形筋に関する充実したデータ(ストレッチ、筋力トレーニング、マッサージ方法など)をここでは閲覧できます。目次は以下になります。

股関節の深層外旋六筋とは

股関節深層に位置する外旋筋を総称して深層外旋六筋と呼びます。

具体的には、①梨状筋、②内閉鎖筋、③外閉鎖筋、④上双子筋、⑤下双子筋、⑥大腿方形筋の6つが深層外旋六筋に属します。

大腿外旋六筋

①梨状筋の概要

梨状筋(piriformis)は殿部深層に位置する筋肉で、洋なしの形に見えることが筋名の由来となっています。股関外旋と僅かに外転にも作用します。

梨状筋はしばしば坐骨神経を圧迫し、坐骨神経痛の原因となります。それを梨状筋症候群と呼びます。

梨状筋は代表的な股関節外旋筋ですが、股関節90度屈曲位では内旋作用に変化することも特徴的です。

 1.前方から見た梨状筋
梨状筋|正面
 2.側方から見た梨状筋
梨状筋|側面
 3.後方から見た梨状筋
梨状筋|後面
支配神経 仙骨神経叢
髄節 L5-S2
起始 仙骨の前面で第2-4前仙骨孔の間とその外側の大坐骨切痕の縁
停止 大腿骨の大転子の尖端内側面
栄養血管 下殿動脈、外側仙骨動脈、上殿動脈
動作 股関節の外旋,外転(僅か) ※股関節90度屈曲位では内旋作用に変化
筋体積 53㎤
筋線維長 2.6㎝
速筋:遅筋(%) 50.0:50.0
筋連結 大殿筋、中殿筋、小殿筋、上双子筋

梨状筋症候群について

坐骨神経の走路には個人差があり、梨状筋の上または下を通っており、場合によっては貫通(又は一部貫通)しているケースもあります。

そのため、梨状筋の浮腫や過度な緊張は坐骨神経を圧迫することにつながり、坐骨神経痛を起こす原因になります。

バレエ・ダンサーは、恒常的に股関節の外旋動作(名称:ターンアウト)が要求されるため、梨状筋症候群を発生しやすいことが報告されています。

坐骨神経と梨状筋

坐骨神経の走行のほとんどはAタイプであり、梨状筋の下を通過しています。残りの10%は坐骨神経を貫通していたり、梨状筋の上を通過することになります。

梨状筋症候群においては、タイプBやタイプDといった梨状筋を貫通しているものに発生しやすい傾向にあります。

坐骨神経は梨状筋の下を通過する 坐骨神経が梨状筋の一部を貫通する
坐骨神経が梨状筋を挟んで通過する 坐骨神経が梨状筋を貫く

梨状筋の痛みとトリガーポイント

梨状筋のトリガーポイントは停止付近にあり、関連痛は殿部から大腿後面にかけて起こります。

前述したように坐骨神経の絞扼を起こしている場合は、足先まで痛みや痺れが出現したり、運動麻痺を呈しているので鑑別を要します。

梨状筋のトリガーポイントと関連痛領域

梨状筋の触診方法

腹臥位をとってもらい、膝関節を90度屈曲した状態で表層にある大殿筋の緊張を取り除きます。指腹で仙骨外側縁(起始ちかく)に触れるように圧迫していきます。

もう一方の手で股関節外旋に抵抗をかけると、梨状筋の収縮が触知できます。

仙骨外側縁

マッサージ方法

腹臥位をとってもらい、両手の母指を重ねて仙骨外側縁に置きます。しっかりと組織を圧迫しながら、筋の走行に沿って大転子上縁(停止部)に向けて滑らせていきます。

筋硬結部を発見したら、両手の母指または肘を利用して、持続圧迫を加えながらリリースしていきます。

前述したように梨状筋の下方は坐骨神経が走行しているため、強く圧迫しすぎると坐骨神経が絞扼されるので注意が必要です。

坐骨神経痛を発症している場合は、梨状筋全体が張っていますので、軽い筋収縮を行わせてリラクゼーションを図ります。

 1.表層は大殿筋に覆われている
大殿筋|表層筋
 2.大殿筋を取り除いた図
梨状筋|浅層筋

深層外旋六筋の筋出力(順位)

順位 股関節外旋筋群
1位 大腿方形筋
2位 内閉鎖筋
3位 梨状筋
4位 外閉鎖筋
5位 下双子筋
6位 上双子筋

②大腿方形筋の概要

大腿方形筋(quadratus femoris)は股関節下部深層に位置する筋肉で、内閉鎖筋と共に最も強力な外旋筋になります。

四角い扁平な筋肉で、下双子筋の下に位置します。大腿方形筋は、外閉鎖筋と共に大転子下部内側の痛みの原因となりやすい筋肉です。

 1.前方から見た大腿方形筋
大腿方形筋|正面
 2.側方から見た大腿方形筋
大腿方形筋|側面
 3.後方から見た大腿方形筋
大腿方形筋|後面
支配神経 仙骨神経叢の分枝
髄節 L4-S1
起始 坐骨結節
停止 大腿骨の転子間稜
栄養血管 下殿動脈
動作 股関節の外旋、内転(わずか)
筋体積 113㎤
筋線維長 5.4㎝
速筋:遅筋(%) 50.0:50.0

大腿方形筋の触診方法

腹臥位をとってもらい、膝関節を90度屈曲した状態で表層にある大殿筋の緊張を取り除きます。指腹で坐骨結節外側縁上部(起始)に触れるように圧迫していきます。

もう一方の手で股関節外旋に抵抗をかけると、大腿方形筋の収縮が触知できます。

坐骨結節外側縁上部

大腿方形筋のマッサージ方法

腹臥位をとってもらい、膝関節は軽度屈曲させた状態で大殿筋の緊張が入っていないことを確認します。

術者は両母指を坐骨結節外側縁上部(起始)に置き、しっかりと押圧を加えながら大転子下部(停止)まで母指を滑らせていきます。

大腿方形筋|浅層筋

大腿方形筋の運動貢献度(順位)

貢献度 股関節外旋
1位 大殿筋
2位 大腿方形筋
3位 内閉鎖筋
4位 中殿筋(後部)

※股関節外旋は深層外旋六筋では大腿方形筋と内閉鎖筋が中心となって貢献します。しかしながら、表層にある大殿筋の貢献度が最も高いです。

ストレッチ方法

①あぐらをかくように座って両足の裏を合わせ、体幹は伸展したまま上体を前に倒していきます。その際に、両手で膝あたりを下に押さえます。
梨状筋,股関節外旋筋,方法,ストレッチ
②脚を上げて足首を反対の膝の上に置き、その状態を保持したまま腰をゆっくりと落としていきます。
梨状筋,ストレッチ,方法

筋力トレーニング

①両足を肩幅に広げて立ち、お尻の外側をへこませるようなつもりで引き締めていきます。
梨状筋,筋トレ,方法,お尻を引き締める
②仰向けになって膝を立て、大腿遠位部にセラバンドを巻き、脚を左右に広げるように力を入れていきます。
梨状筋,ゴムチューブ,トレーニング
③足部の前方にセラバンドを巻き付けて、下肢を外旋させていきます。
セラバンド,下肢外旋,梨状筋

お勧めの一冊

筋肉の走行を見ながら触診やマッサージ方法を学ぶことができるベストセラー書です。付属のDVDで実際の流れを見て覚えることができるのでお勧めです。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme