vc

梨状筋

この記事では、梨状筋(piriformis)に関する充実したデータを閲覧できます。

梨状筋の概要

梨状筋の起始停止

梨状筋の起始停止2

梨状筋は殿部深層に位置する筋肉で、洋なしの形に見えることが筋名の由来となっています。

梨状筋はしばしば坐骨神経を圧迫して坐骨神経痛を引き起こし、その状態を梨状筋症候群と呼びます。

梨状筋は代表的な股関節外旋筋ですが、股関節90度屈曲位では内旋作用に変化することも特徴的です。

股関節の外旋以外にも、わずかながらに外転の作用も持っています。

基本データ

支配神経 仙骨神経叢
髄節 L5-S2
起始 仙骨の前面で第2-4前仙骨孔の間とその外側の大坐骨切痕の縁
停止 大腿骨の大転子の尖端内側面
栄養血管 下殿動脈、外側仙骨動脈、上殿動脈
動作 股関節の外旋(※股関節90度屈曲位で内旋に変化)

股関節の外転

筋体積 53
筋線維長 2.6
速筋:遅筋(%) 50.050.0
筋連結 大殿筋、中殿筋、小殿筋、上双子筋

運動貢献度(順位)

貢献度

股関節外旋

1 大殿筋
2 大腿方形筋
3 内閉鎖筋
4 中殿筋(後部)

※深層外旋六筋の中では大腿方形筋と内閉鎖筋の貢献度が高いです。

深層外旋六筋の筋出力(順位)

順位

股関節外旋筋群

1 大腿方形筋
2 内閉鎖筋
3 梨状筋
4 外閉鎖筋
5 下双子筋
6 上双子筋

梨状筋の触診方法

仙骨外側縁

腹臥位をとってもらい、膝関節を90度屈曲した状態で表層にある大殿筋の緊張を取り除きます。

指腹で仙骨外側縁(起始ちかく)に触れるように圧迫していきます。

もう一方の手で股関節外旋に抵抗をかけると、梨状筋の収縮が触知できます。

マッサージ方法

梨状筋|浅層筋

※大殿筋を取り除いた図

腹臥位をとってもらい、両手の母指を重ねて仙骨外側縁に置きます。

しっかりと組織を圧迫しながら、筋の走行に沿って大転子上縁(停止部)に向けて滑らせていきます。

筋硬結部を発見したら、両手の母指または肘を利用して、持続圧迫を加えながらリリースしていきます。

前述したように梨状筋の下方は坐骨神経が走行しているため、強く圧迫しすぎると坐骨神経が絞扼されるので注意が必要です。

坐骨神経痛を発症している場合は梨状筋全体が張っていますので、軽い筋収縮を行わせてリラクゼーションを図ります。

ストレッチ方法

梨状筋のストレッチング

腹臥位で膝を屈曲し、手で前足部を内側から把持し、 足部を外側に倒しながら股関節を内旋していきます。

注意点としては、骨盤が反対方向に回旋しないようにしてください。

筋力トレーニング

梨状筋の筋力トレーニング

足部前方にセラバンドを巻き付けて、下肢を外旋させます。

圧痛点と関連痛領域

梨状筋の圧痛点と関連痛領域

梨状筋は深層外旋六筋のひとつであり、これらの外旋筋群を結合させる筋膜に包まれているため、外旋運動配列の筋膜に属します。

圧痛点(トリガーポイント)は梨状筋の中央に出現し、関連痛は主に下肢外後方にかけて起こります。

また、梨状筋の過剰な緊張は坐骨神経を圧迫するため、坐骨神経痛を引き起こす原因にもなります。

股関節の深層外旋六筋

大腿外旋六筋

股関節深層に位置する外旋筋を総称して深層外旋六筋と呼びます。

具体的には、①梨状筋、②内閉鎖筋、③外閉鎖筋、④上双子筋、⑤下双子筋、⑥大腿方形筋の6つが深層外旋六筋に属します。

梨状筋症候群

坐骨神経と梨状筋

坐骨神経の走路には個人差があり、梨状筋の上または下を通っており、場合によっては貫通(又は一部貫通)しているケースもあります。

そのため、梨状筋の浮腫や過度な緊張は坐骨神経を圧迫することにつながり、坐骨神経痛を起こす原因になります。

バレエ・ダンサーは、恒常的に股関節の外旋動作(名称:ターンアウト)が要求されるため、梨状筋症候群を発生しやすいことが報告されています。

坐骨神経は梨状筋の下を通過する 坐骨神経が梨状筋の一部を貫通する
坐骨神経が梨状筋を挟んで通過する 坐骨神経が梨状筋を貫く

坐骨神経の走行のほとんどはAタイプであり、梨状筋の下を通過しています。

残りの10%は坐骨神経を貫通していたり、梨状筋の上を通過するといった特殊型になります。

梨状筋症候群においては、タイプBやタイプDといった梨状筋を貫通しているものに発生しやすい傾向にあります。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme