vc

棘上筋

この記事では、棘上筋(supraspinatus)に関する充実したデータを閲覧できます。

棘上筋の概要

棘上筋の起始停止

棘上筋は肩甲骨の棘上窩から起始し、上腕骨の大結節上部に停止している肩関節外転の主力筋になります。

骨頭中心からの距離が短いために外転力はそれほど強くなく、それよりも外転時に骨頭を関節窩に引きつける作用のほうが重要です。

また、棘上筋は回線軸を前後にまたぐ筋肉であるため、前部線維には内旋作用が、後部線維には外旋作用があります。

基本データ

支配神経 肩甲上神経
髄節 C5-6
起始 肩甲骨の棘上窩
停止 上腕骨の大結節上部、肩関節包
栄養血管 肩甲上動脈
動作 肩関節の外転、外旋(後部線維)、内旋(前部線維)
筋体積 89
筋線維長 4.3
速筋:遅筋(%) 40.759.3

運動貢献度(順位)

貢献度 肩関節外転 肩関節外旋
1 三角筋(中部) 棘下筋
2 棘上筋 小円筋
3 前鋸筋 三角筋(後部)
4 僧帽筋 棘上筋

回旋筋腱板

腱板を構成する4つの筋肉

棘上筋は回旋筋腱板を構成する筋肉であり、腱板は上腕骨頭を囲むように付着し、肩関節を安定させるために貢献しています。

棘上筋のように関節を動かすよりも関節を安定させる役割が大きいのは深層筋の特徴であり、外転力は主に三角筋中部が担っています。

それでは、なぜ棘上筋が重要なのかというと、その場で骨頭を回転させることにより、骨頭が関節上方に浮き上がるのを防いでいます。

浮き上がると何が問題かというと、肩峰と上腕骨頭が衝突し、その間を通過している棘上筋腱や肩峰下滑液包が潰れてしまいます。

それが腱板損傷の発生に深く関与しており、棘上筋腱が最も断裂しやすい原因にもなっています。

棘上筋の触診方法

自己触診:棘上筋

写真では、棘上窩で棘上筋の筋腹を触診し、肩関節を外転方向に力を入れることで収縮を感じとるようにして触知しています。

棘上筋の触診で大切なことは、表層を覆っている僧帽筋上部の活動が極力無い状態で行うことです。

ストレッチ方法

棘上筋のストレッチ

ストレッチ側の手を身体の後ろに回して、もう片方の手で手首を掴み、そのまま引き寄せるようにして肩関節を内転させます。

筋力トレーニング

棘上筋の筋力強化トレーニング

1〜2kgの重り(ペットボトルなど)を手に持ち、肩が浮き上がらない範囲で肩関節の外転運動を反復していきます。

注意点としては、肩関節を30〜45度ほど水平内転させた位置に保ち、肩甲棘と上腕骨軸が一直線となるようにしてください。

そうすることで棘上筋の走行が真っ直ぐになり、十分に筋力を発揮した状態で筋力トレーニングができるようになるからです。

肩甲棘と上腕骨軸が一直線となった状態を「scapular plane」といい、専門家は知識として覚えておいてください。

圧痛点と関連痛領域

棘上筋の圧痛点と関連痛領域1

棘上筋は肩関節外転の主動作筋であり、外方運動配列の筋膜に属します。

圧痛点(トリガーポイント)は停止部付近に出現し、関連痛は肩外側(三角筋中部領域上)から前腕外側にかけて波及します。

前述したように棘上筋腱は断裂しやすく、炎症が起こると前方の烏口上腕靱帯や浅層の肩峰下滑液包と癒着する場合があります。

マッサージ方法

棘上筋腱に断裂による炎症が存在する場合は、収縮による疼痛が出現するため、その場合は運動を控える必要があります。

急性期以外の筋肉の攣縮に対してはマッサージが有効であり、筋部に指を押圧しながら過度な緊張を取り除いていきます。

方法としては、患者には腹臥位で腕を背中に回してもらい、施術者は肩甲骨棘を母指で圧迫しながら、交互にスライドさせていきます。

棘上筋の浅層には僧帽筋上部が覆っていますので、まずは僧帽筋が十分にリラックスできるように整えてから実施してください。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme