【専門職向け】棘上筋のトリガーポイントと痛みの場所

この記事では、棘上筋(supraspinatus)に関する充実したデータを閲覧できます。

棘上筋の概要

棘上筋の起始停止

棘上筋は肩甲骨の棘上窩から起始し、上腕骨の大結節上部に停止している肩関節外転の主力筋になります。

骨頭中心からの距離が短いために外転力はそれほど強くなく、それよりも外転時に骨頭を関節窩に引きつける作用のほうが重要です。

また、棘上筋は回旋軸を前後にまたぐ筋肉であるため、前部線維には内旋作用が、後部線維には外旋作用があります。

基本データ

支配神経 肩甲上神経
髄節 C5-6
起始 肩甲骨の棘上窩
停止 上腕骨の大結節上部、肩関節包
栄養血管 肩甲上動脈
動作 肩関節の外転、外旋(後部線維)、内旋(前部線維)
筋体積 89
筋線維長 4.3
速筋:遅筋(%) 40.759.3

運動貢献度(順位)

貢献度 肩関節外転 肩関節外旋
1 三角筋(中部) 棘下筋
2 棘上筋 小円筋
3 前鋸筋 三角筋(後部)
4 僧帽筋 棘上筋

回旋筋腱板

棘上筋は回旋筋腱板を構成する筋肉であり、腱板は上腕骨頭を囲むように付着し、肩関節を安定させるために貢献しています。

棘上筋のように関節を動かすよりも関節を安定させる役割が大きいのは深層筋の特徴であり、外転力は主に三角筋中部が担っています。

それでは、なぜ棘上筋が重要なのかというと、その場で骨頭を回転させることにより、骨頭が関節上方に浮き上がるのを防ぐからです。

浮き上がると何が問題かというと、肩峰と上腕骨頭が衝突し、その間を通過している棘上筋腱や肩峰下滑液包が潰れてしまいます。

それが腱板損傷の発生に深く関与しており、棘上筋腱が最も断裂しやすい原因にもなっています。

棘上筋の触診方法

自己触診:棘上筋

写真では、棘上窩で棘上筋の筋腹を触診し、肩関節を外転方向に力を入れることで収縮を感じとるようにして触知しています。

棘上筋の触診で大切なことは、表層を覆っている僧帽筋上部の活動が極力無い状態で行うことです。

ストレッチ方法

棘上筋のストレッチ

ストレッチ側の手を身体の後ろに回して、もう片方の手で手首を掴み、そのまま引き寄せるようにして肩関節を内転させます。

筋力トレーニング

棘上筋の筋力強化トレーニング

1〜2kgの重り(ペットボトルなど)を手に持ち、肩が浮き上がらない範囲で肩関節の外転運動を反復していきます。

注意点としては、肩関節を30〜45度ほど水平内転させた位置に保ち、肩甲棘と上腕骨軸が一直線となるようにしてください。

そうすることで棘上筋の走行が真っ直ぐになり、十分に筋力を発揮した状態で筋力トレーニングができるようになるからです。

肩甲棘と上腕骨軸が一直線となった状態を「scapular plane」といい、専門家は知識として覚えておいてください。

トリガーポイントと関連痛領域

棘上筋の圧痛点(トリガーポイント)は筋腹から停止部にわたって起こりやすく、関連痛は肩関節周囲から上肢外側にかけて放散します。

腱板断裂の痛みと区別するためには、安静時に圧痛がないかを確認することと、大結節上に断裂がないかを触診します。

アナトミートレイン

棘上筋:筋膜:DBAL

棘上筋はアナトミートレインの中で、DBAL(ディープ・バックアーム・ライン)に繋がっています。

DBALは肩関節の安定性に大きく関与しており、拘縮や損傷が生じると肩関節が正常の軌道から外れて運動時痛を引き起こします。

棘上筋が損傷している患者では、筋出力を確保するために筋膜で連結している肩甲挙筋が過剰に働きます。

そのため、腱板損傷をきたしていると肩甲挙筋が疲労し、肩こりや首コリといった症状を訴えることが多いです。

棘上筋が関連する疾患

  • 腱板損傷(棘上筋腱断裂)
  • 腱板炎
  • 肩峰下インピンジメント症候群
  • 肩関節不安定症
  • 肩甲上神経麻痺 etc.

腱板損傷(棘上筋腱断裂)

腱板損傷:棘上筋断裂

腱板の中で最も損傷する可能性が高いのが棘上筋の腱で、肩関節を挙上する際に肩峰骨頭間に挟み込まれやすいことに起因します。

腱板の部分的な断裂(小断裂〜中断裂)なら肩関節の挙上は保たれる場合が多いため、保存的に治療していきます。

しかし、棘上筋腱などが広範囲に断裂してしまった症例では、肩の挙上が困難となるため、機能の再獲得には手術を要します。

腱板炎

腱板炎

腱板炎や肩峰下滑液包炎においては、棘上筋の収縮による疼痛が強いため、腱板損傷と同様に挙上制限が起こります。

ただし、痛みを抑えることで問題は解決されるため、痛み止めの注射(ステロイド注射)で症状が劇的に改善します。

肩峰下インピンジメント症候群

肩峰下インピンジメント症候群2

棘上筋が烏口肩峰靭帯や肩峰に衝突する状態を肩峰下インピンジメント症候群といい、腱板損傷を引き起こす原因となります。


vc

他の記事も読んでみる

スキルアップできる本

vc

勉強になる情報をお届けします!

ピックアップ記事

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme