vc

棘下筋

棘下筋に関する充実したデータ(ストレッチ、筋力トレーニング、マッサージ方法など)をここでは閲覧できます。目次は以下になります。

棘下筋の概要

棘下筋(infraspinatus)は肩甲骨の下方(棘下窩)から起始し、上腕骨骨頭の後上部に停止している肩関節の外旋筋になります。

棘下筋の上部線維(横走線維)は肩関節の外転に、下部線維(斜走線維)は肩関節の内転に作用します。

肩関節90度屈曲位ではベクトルの変化から外旋よりもむしろ水平外転の作用が大きくなるため、水平内転制限の原因としては棘下筋や小円筋の短縮や攣縮が問題となります。

上腕骨頭を深層で覆う回旋筋腱板の中で、唯一筋腹が表層に位置する筋肉であり、触診を容易に行うことができます。

棘下筋に筋力低下(出力不全)が起こると結髪動作(髪をうしろにとく、かきあげるなどのブラッシング動作)が困難となります。

また、肩関節周囲炎では棘下筋に過緊張(攣縮)が起こりやすく、その場合は肩関節の内旋運動(結帯動作)が制限されます。

 1.前方から見た棘下筋
棘下筋|正面
 2.側方から見た棘下筋
棘下筋|側面
 3.後方から見た棘下筋
棘下筋|後面
支配神経 肩甲上神経
髄節 C5-6
起始 肩甲骨の棘下窩
停止 上腕骨の大結節中部、肩関節包
栄養血管 肩甲上動脈、肩甲回旋動脈
動作 ①上部:肩関節の外旋,外転
②下部:肩関節の外旋,内転
筋体積 225㎤
筋線維長 6.8㎝
速筋:遅筋(%) 54.7:45.3
筋連結 棘上筋、三角筋、小円筋、大円筋、広背筋

肩甲上神経麻痺について

棘下筋や棘上筋は肩甲上神経(C5-6)の支配筋で、肩甲骨上部にある肩甲切痕と上肩甲横靭帯の間を通過し、肩甲棘下に回って棘下筋に神経を与えています。

バレーボールなどの急激な肩関節外旋を繰り返すスポーツでは、棘下筋の過度な緊張が誘発されて、下部に位置する肩甲上神経が圧迫される場合があります。

そうすると、棘上筋にはすでに棘上部で神経を与えているので問題はありませんが、棘下筋のみに限局した萎縮や鈍痛が出現することになります。

そのため、スポーツ習慣者で棘下筋に萎縮が存在している場合は、肩甲上神経の麻痺を疑ってから検査を行うようにしてください。

肩甲上神経

棘下筋の運動貢献度(順位)

貢献度 肩関節外旋
1位 棘下筋
2位 小円筋
3位 三角筋(後部)

※肩関節への外転にはほとんど貢献しません。

棘下筋の触診方法

棘下筋は浅層に位置しているため触診は容易であり、萎縮している場合は視診にて左右差を確認することも可能です。

棘下筋の上部線維は肩関節下垂位(1st:ファースト・ポジション)で伸長位となるために、外旋運動時の筋活動が高まって触診しやすくなります。

上部線維を選択的にストレッチしたい場合は、下垂位で内旋していきます。

自己触診:棘下筋上方線維

棘下筋の下部線維は肩関節90度外転位(2nd:セカンド・ポジション)で伸長位となるために、外旋運動時の筋活動が高まって触診しやすくなります。

下部線維を選択的にストレッチしたい場合は、90度外転位で内旋していきます。

自己触診:棘下筋下方線維

肩関節90度屈曲位(3rd:サード・ポジション)ではベクトル方向の変化から棘下筋の筋活動は少なくなり、代わりに小円筋の活動が高まります。

ストレッチ方法

①肩関節は130度屈曲・内旋位、肘関節は軽度屈曲位とし、もう片方の手で肘を斜め上方に引き寄せていきます。
棘下筋,ストレッチ,方法,部位
②片手を腰に当てて肘を外側に向け、反対の手でその肘を前方にゆっくりと引っ張っていきます。
棘下筋,ストレッチ,肩関節内旋

筋力トレーニング

①脇を締めて肘を90度に屈曲し、両手でゴムチューブを握ります。脇が開かないように注意しながら肩関節を外旋していきます。
棘下筋,筋トレ,方法,ゴムチューブ,セラバンド
②反対側の腕で抵抗をかけて実施します。三角筋などのアウターマッスルの代償運動が入らないように注意して実施していきます。
棘下筋,筋力トレーニング,徒手抵抗,方法
③側臥位にて脇を締めて肘を90度に屈曲し、重りをつけた腕を外旋して持ち上げていきます。この方法は代償運動が入りにくく、患者も受け入れやすい方法です。
棘下筋,重錘,ダンベル,重り,筋トレ

棘下筋の痛みとトリガーポイント

棘下筋のトリガーポイントは上部線維と下部線維の起始部、そして停止部付近といった三箇所に存在します。

とくに停止部付近は圧痛は顕著に出現します。関連痛領域は上腕から手掌前面にかけて放散するように出現します。

また、稀ではありますが肩甲骨の内側縁に痛みが起こる場合もあります。

棘下筋のトリガーポイントと関連痛領域

棘下筋はDBAL(ディープ・バックアーム・ライン)という筋膜経線上に存在しているため、問題が生じることで菱形筋から小指外側まで痛みが拡がります。

棘下筋の場合は小指側よりも上肢の中央部を中心にして、手掌部まで全体的に痛みが放散するように出現します。

アナトミートレイン|DBAL|ディープ・バックアーム・ライン

マッサージ方法

患者に腹臥位をとってもらい、術者は重ねた母指を肩甲棘のすぐ下に置き、フリクションさせながら上腕骨頭部後面の付着部まで滑らせます。硬結部を見つけたら、その都度に持続圧迫を加えてリリースしていきます。

棘下筋は範囲が広いので、指関節を曲げた面(ナックル)を利用してストリッピングを行うことにより、効率よく棘下筋全体をマッサージしていくことができます。

表層の一部には僧帽筋下部があるため、緊張が入らないように姿勢を調整して、効果的に棘下筋に力が加わるように実施していきます。

棘下筋|浅層筋

お勧めの一冊

筋肉の走行を見ながら触診やマッサージ方法を学ぶことができるベストセラー書です。付属のDVDで実際の流れを見て覚えることができるのでお勧めです。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme