vc

棘下筋

この記事では、棘下筋(infraspinatus)に関する充実したデータを閲覧できます。

棘下筋の概要

棘下筋の起始停止

棘下筋は肩甲骨の棘下窩から起始し、上腕骨の大結節中部と関節包に停止している肩関節外旋の主力筋になります。

上腕骨頭を深層で覆う回旋筋腱板(①棘上筋、②棘下筋、③小円筋、④肩甲下筋)を構成する筋肉のひとつです。

棘下筋は肩関節外旋以外にも、上部線維(横走線維)は肩関節の外転に、下部線維(斜走線維)は肩関節の内転に作用します。

基本データ

支配神経 肩甲上神経
髄節 C5-6
起始 肩甲骨の棘下窩
停止 上腕骨の大結節中部、肩関節包
栄養血管 肩甲上動脈、肩甲回旋動脈
動作 ①上部:肩関節の外旋,外転

②下部:肩関節の外旋,内転

※肩関節90度屈曲位では水平外転に作用

筋体積 225
筋線維長 6.8
速筋:遅筋(%) 54.745.3

運動貢献度(順位)

貢献度

肩関節外旋

1 棘下筋
2 小円筋
3 三角筋(後部)

※肩関節の外転や内転への貢献度は低いです。

腱板損傷で鍛えるべき筋肉

棘上筋と棘下筋

棘上筋は肩峰下インピンジメントにて損傷しやすく、腱板断裂のほとんどは棘上筋腱の部分断裂となっています。

腱板は上腕骨頭を関節窩に固定する作用があり、棘上筋腱の断裂によってその機能が失われると、肩関節の挙上が困難となります。

その時に重要となるのが棘下筋であり、前述したように棘下筋の上部線維は肩関節外転の機能を有しています。

つまりは棘上筋と同じ役割を持っているため、鍛えることで代償的に働くことが可能というわけです。

棘下筋の触診方法

①棘下筋(上部線維)

自己触診:棘下筋上方線維

棘下筋の上部線維は、肩関節下垂位(1st:ファースト・ポジション)で筋出力を発揮します。

そのため、棘上筋の代償として鍛える場合は、1stで上部線維を鍛えることが有用となります。

②棘下筋(下部線維)

自己触診:棘下筋下方線維

棘下筋の下部線維は、肩関節外転90度(2nd:セカンド・ポジション)で筋出力を発揮します。

ちなみにですが、肩関節屈曲90度(3rd:サード・ポジション)では棘下筋のベクトルが変化し、外旋ではなく水平外転に作用します。

代わりに小円筋の活動性が高まるため、どのポジションでどこの筋肉が主に働くかは理解しておくことが必要です。

ストレッチ方法

棘下筋のストレッチング

肩関節を100度屈曲・内旋位、肘関節は軽度屈曲位にして、反対の手で肘を斜め上方に引き寄せていきます。

筋力トレーニング

棘下筋の筋力強化

脇を締めて肘を90度に屈曲し、両手でゴムチューブを握り、脇が開かないように注意しながら肩関節を外旋していきます。

棘下筋のトレーニング②

1〜2kgの重り(ペットボトルなど)を手に持ち、肘関節を90度屈曲した状態で肩関節を外旋させながら持ち上げていきます。

圧痛点と関連痛領域

棘下筋の圧痛点と関連痛領域

棘下筋は肩関節外旋の主動作筋であり、外旋運動配列の筋膜に属します。

圧痛点(トリガーポイント)は停止部付近に出現し、痛みは肩関節の外後方に出現します。

棘下筋で筋膜の硬結が出現すると肩関節の後方関節包が引っ張られるようになり、薬指にまで関連痛が波及することもあります。

肩関節の結帯動作制限が存在する患者では、棘下筋の拘縮が関与している場合が非常に多くみられます。

その際は、棘下筋の圧痛点を揉みほぐすようにしてからリリースし、その後に肩関節内旋運動を実施してストレッチングするとよいです。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme