棘下筋

この記事では、棘下筋(infraspinatus)に関する充実したデータを閲覧できます。

棘下筋の概要

棘下筋の起始停止

棘下筋は肩甲骨の棘下窩から起始し、上腕骨の大結節中部と関節包に停止している肩関節外旋の主力筋になります。

上腕骨頭を深層で覆う回旋筋腱板(①棘上筋、②棘下筋、③小円筋、④肩甲下筋)を構成する筋肉のひとつです。

棘下筋は肩関節外旋以外にも、上部線維(横走線維)は肩関節の外転に、下部線維(斜走線維)は肩関節の内転に作用します。

基本データ

支配神経 肩甲上神経
髄節 C5-6
起始 肩甲骨の棘下窩
停止 上腕骨の大結節中部、肩関節包
栄養血管 肩甲上動脈、肩甲回旋動脈
動作 ①上部:肩関節の外旋,外転

②下部:肩関節の外旋,内転

※肩関節90度屈曲位では水平外転に作用

筋体積 225
筋線維長 6.8
速筋:遅筋(%) 54.745.3

運動貢献度(順位)

貢献度

肩関節外旋

1 棘下筋
2 小円筋
3 三角筋(後部)

※肩関節の外転や内転への貢献度は低いです。

棘下筋の触診方法

①棘下筋(上部線維)

自己触診:棘下筋上方線維

棘下筋の上部線維は、肩関節下垂位(1st:ファースト・ポジション)で筋出力を発揮します。

そのため、棘上筋の代償として鍛える場合は、1stで上部線維を鍛えることが有用となります。

②棘下筋(下部線維)

自己触診:棘下筋下方線維

棘下筋の下部線維は、肩関節外転90度(2nd:セカンド・ポジション)で筋出力を発揮します。

ちなみにですが、肩関節屈曲90度(3rd:サード・ポジション)では棘下筋のベクトルが変化し、外旋ではなく水平外転に作用します。

代わりに小円筋の活動性が高まるため、どのポジションでどこの筋肉が主に働くかは理解しておくことが必要です。

ストレッチ方法

棘下筋のストレッチング

肩関節を100度屈曲・内旋位、肘関節は軽度屈曲位にして、反対の手で肘を斜め上方に引き寄せていきます。

筋力トレーニング

棘下筋の筋力強化

脇を締めて肘を90度に屈曲し、両手でゴムチューブを握り、脇が開かないように注意しながら肩関節を外旋していきます。

棘下筋のトレーニング②

1〜2kgの重り(ペットボトルなど)を手に持ち、肘関節を90度屈曲した状態で肩関節を外旋させながら持ち上げていきます。

アナトミートレイン:DBAL

棘下筋1:筋膜:DBAL

棘下筋はアナトミートレインの中で、DBAL(ディープ・バックアーム・ライン)に繋がっています。

DBALは肩関節の安定性に大きく関与しており、拘縮や損傷が生じると肩関節が正常の軌道から外れて運動時痛を引き起こします。

DBALは棘下筋を介して小指に終着しますので、硬結が存在すると指先まで牽引力が伝わり、手や小指にしびれが生じます。

圧痛点と関連痛領域

上肢外旋運動配列障害

棘下筋は肩関節外旋の主動作筋であり、外旋運動配列の筋膜に属します。

圧痛点(トリガーポイント)は停止部付近に出現し、痛みは肩関節の外後方から上肢を下行して薬指まで波及することがあります。

棘下筋はDBALに属していることから、薬指や小指のしびれ感に関与していることを念頭に入れて治療は進めていきます。

また、肩関節の結帯動作制限が存在する患者では、棘下筋の拘縮が関与している場合が非常に多くみられます。

その際は、棘下筋の圧痛点を押圧してからリリースし、その後に肩関節内旋運動を実施してストレッチングするとよいです。

関連する疾患

  • 腱板損傷
  • 棘下筋単独萎縮
  • 肩関節不安定症
  • 肩甲上神経麻痺
  • 肩関節周囲炎 etc.

腱板損傷

棘上筋と棘下筋

腱板の中で最も断裂しやすいのは棘上筋で、棘下筋にまで至る断裂は大断裂に該当し、手術が適応となります。

棘下筋の上方線維は停止部で棘上筋とリンクしていますので、棘上筋が損傷している場合は代償します。

そのため、腱板損傷の初期は棘下筋の上部線維を鍛えることが重要です。

棘下筋単独萎縮

肩甲上神経

肩甲骨の中部にある棘窩切痕部にて神経圧迫を受けている場合を棘窩切痕症候群といい、棘下筋のみに限局した萎縮が生じます。

棘下筋が障害されると下垂位での肩関節外旋の筋力低下が起こりますので、徒手的に筋力検査を行うことも重要です。

棘下筋のみに発生する筋萎縮は他の障害ではあまりみられない特徴であるため、若年のスポーツ習慣者では確認が必要です。

とくにバレーボールや野球などの腕を上げる動作を繰り返すスポーツでは、肩甲上神経が伸張ストレスを受けるために発生しやすいです。

肩甲上神経の問題以外にも、過度な内旋強制による部分断裂が生じている可能性も考えられます。

肩関節周囲炎

肩関節周囲炎における結帯動作制限は、後方より棘上筋へリンクする棘下筋と肩峰下滑液包との癒着を改善することが重要です。

また、棘下筋や小円筋の伸張性低下が存在する症例では、肩関節の水平内転も制限されることになります。

肩関節不安定症

棘下筋に拘縮や筋出力低下があると肩関節が不安定となり、正常の軌道から外れて組織の挟み込み(インピンジメント)が起こります。

そのため、特定の動きで急激な痛みが生じたり、肩関節に触れるとギシギシとした軋轢音が発生します。


他の記事も読んでみる

スキルアップできる本

vc

勉強になる情報をお届けします!

セラピストが副業で稼ぐ方法

vc

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme