スポンサードリンク

椎間板症のリハビリ治療


椎間板症のリハビリ治療に関する目次は以下になります。

椎間板の概要

椎間板は、椎骨の間に存在する円形の線維軟骨で、あらゆる場面で椎骨にかかる衝撃を吸収するクッションの役割を担っています。

また、椎骨のわずかな動きを関節にする軟骨関節を形成しており、靱帯とともに脊柱の安定化に貢献します。

椎間板は椎骨へのクッションのみではなく、椎間関節に与えられた荷重についても緩和することがわかっており、腰部へのあらゆる負荷を分散します。

椎間板(椎間円板)

上位腰椎では椎間板の前面と後面はほぼ同じ高さであるのに対して、下位腰椎では前面の高さが後面の約2倍の高さとなっており、楔の形状となっています。

これは、前面を高くすることで前方部分への圧を減らし、腰椎前弯を構成するための要素となっています。

下位腰椎椎間板

通常、軟骨組織には神経がありませんが、椎間板の線維輪内には【自由神経終末】と感覚受容器があり、椎間板自体が痛みの原因となりうることが報告されています。

”【自由神経終末とは】刺激を受容するための特別な構造を持たない、神経線維の末端。 髄鞘が消失していて、痛覚・触覚・温度などの刺激を受容し脳に伝える。

椎間板は加齢的変化を伴う

椎間板は加齢に伴って変性していき、40歳ではすでに半数以上の方が椎間板に何らかの変性をきたしています。

椎間板に伴う痛みは、自覚症状が全くない場合から、強い痛みや生活への支障をきたす場合まで容体は様々です。

ただし、椎間板が完全に扁平化してしまった場合はほとんど痛みを感じなくなるので、椎間板症は変性が進行している30-50代で多くなる傾向にあります。

変性後は椎体へのクッション作用が消失していきますので、椎骨や椎間関節への負荷が高まり、脊椎圧迫骨折や脊柱管狭窄症を引き起こす割合が増加します。

20-30歳 30-40歳 40-50歳 50歳以上
椎間板の経年劣化の段階 椎間板の変性,軽度 椎間板の変性,中等度 椎間板の変性,重度

上の図を見ていただくと、加齢につれて椎間板が薄くなり、髄核が縮小しているのがわかると思います。

椎間板ヘルニアが高齢者で減少するのは、変性に伴って髄核が縮小してしまい、飛び出すことがなくなるからです。

椎間板症の進行を予防する

椎間板の変性は、遺伝的な要因も関わっていますが、基本的には加齢的変化であり、変性そのものを改善させることはできません。

なので、治療には患者自身が予防的観点を持つことが重要になります。

具体的には、椎間板内圧が上昇する動作を長時間にわたって続けることは避け、同一姿勢で作業をする際は、30分に一度は背伸びなどをして体勢を変えるようにします。

また、重量物を持ち上げるような仕事をしている方では、背筋力を強化することで、骨や椎間板への負担を軽減することも有効です。

重症例では手術を要する場合もある

椎間板が原因で重度の痛みが発生しているケースでは、脊椎固定術や人工椎間板置換術などの手術が適応となる場合もありますが、これは極めて稀です。

なぜなら、加齢に伴って椎間板が完全に扁平化してしまった後は、痛みを伝える自由神経終末が消えていくので、痛みは経過とともにやわらいでいくのが一般的だからです。

手術に対する効果も、保存療法と比較して有効性が示されていませんので、実施する場合は十分に検討することが大切です。

脊椎|椎間板症

年齢によって腰痛の原因部位は変化する

加齢によって椎間板症に伴う痛みが減少していく一方で、変性後は椎体や椎間関節への負担が大きくなるため、別のところで腰痛の発生率が増していきます。

そして結果的に、腰痛の年齢別割合に大差がない状態となっています。

このことを考慮して、腰痛の原因割合が変化していることに着目しながら検査していくことで、より正確な診断ができるようになります。

若年者 中年者 高年者
腰椎分離症 椎間板ヘルニア 脊椎圧迫骨折
強直性脊椎炎 椎間板症 脊柱管狭窄症
椎間関節障害 ぎっくり腰 腰椎終板炎
心因性腰痛症 脊椎・脊髄腫瘍
椎間関節障害 椎間関節障害

腰椎終板炎について理解する

腰椎終板炎とは、腰椎の軟骨終板に炎症を起こしている状態を指します。

軟骨終板とは、椎体と椎間板が接している部分で、脊柱に過剰な圧迫負荷が加わったときに、最初に衝撃を受ける場所になります。

脊椎|軟骨終板

軟骨終板の機能は、①栄養供給機能、②椎体に髄核が侵入するのを防ぐ作用、③髄核から与えられる静水圧を分散する作用の三つがあります。

終板炎は、椎間板の緩衝機能が低下し、椎体同士に衝撃が強く加わることが主な原因となります。そのため、椎間板症から派生して出現するケースが多いです。

なので、終板炎は若年者での発症が少なく、椎間板が変性してしまった50代以降に好発します。

稀にですが、脊椎に強い衝撃を受けて若年者でも起こることがありますが、その場合は受傷機転がはっきりとしているので、見逃すことはほとんどありません。

椎間板症と椎間終板炎を鑑別する

痛みの訴え方は椎間板症とよく似ていますが、背骨に不安定感があったり、腰が抜けているような感覚を訴えるのが特徴です。

また、椎間板症ではくしゃみや咳で腰が痛むため、無意識に何かに掴まろうとしてしまいますが、終板炎ではそのような行動はありません。

これは、終板炎が硬い椎体同士の衝突で起こるため、掴まるという行為が衝撃を緩和する手段とならないからです。

確定診断には、MRIを撮影することが有用で、軟骨終板のあたりに炎症所見が確認できるので、臨床所見と合わせて確定診断とします。

再発予防には、脊柱の安定化トレーニングが有効となります。

体幹前屈動作で痛みを誘発する

もう一度脊椎の構造についてのおさらいですが、通常は椎骨(椎体)の間には椎間板と呼ばれるクッションがあり、背骨への負担を軽減する役割を持っています。

脊椎|側面

脊椎にはいくつもの靱帯が付着しており、これらの靱帯や椎間板には痛みを感じる神経が存在するため、ストレスを受けることで疼痛を誘発することになります。

また、椎体の後方には椎孔という脊髄が通る穴が空いており、ここが椎間板ヘルニアなどで狭まることにより、神経が圧迫されて痛みや痺れが生じます。

脊椎|水平面

体幹の前屈動作を実施する上で確認すべきポイントは、①腰椎屈曲、②骨盤前傾、③股関節屈曲の三点です。

これらの各部位は連動して動くため、それぞれが正常なリズムで動いているかを確認する必要があります。動きが乏しい部位については、なにが原因かを調べていきます。

体幹前屈動作.骨盤前傾,骨盤リズム,腰椎

前屈動作を実施しているときの脊椎では、椎間板の前方に圧が集中するようになります。また、椎間板が後方に移動するため、後縦靭帯や黄色靱帯を圧迫します。

後方に圧迫された後縦靭帯が椎孔を通過する脊髄を圧迫し、さらには脊髄を伸張することで神経の圧迫をきたします。

脊椎|体幹屈曲時

通常、脊椎はS字のカーブを描いており、うまく圧を分散できる構造となっています。しかし、体幹前屈時はカーブが消失するため、腰椎の椎間板に過剰な圧が加わります。

椎間板への過剰な圧は、結果的に椎骨への負荷を高めることにもなります。そのため、骨粗鬆症などで椎骨が脆弱化している場合や、圧迫骨折をきたしている場合は痛みが起こります。

以上のことから、体幹の前屈動作において痛みが出現する原因をまとめると以下になります。

  1. 筋筋膜性腰痛症
  2. 椎間板ヘルニア
  3. 椎間板症
  4. 脊椎圧迫骨折 etc.

体幹前屈動作で痛みが出現する場合は、これらの障害を疑ってみるようにして、どこに原因があるかを詳しく精査していくことが大切です。

体幹後屈動作で部位を特定する

私がよく実施する方法として、腰椎を選択的に伸展する方法があります。

脊椎の関節ごとに伸展動作を加え、それで腰痛の軽減が認められる場合は、その間の椎間板に原因が存在している可能性が高いと判断できるという理屈です。

その具体的な方法として、背もたれのある椅子の上で正座をとり、腰に拳を入れて脊椎を伸展させていきます。この拳を入れる位置が選択的に伸展を促したい部位になります。

椎間板障害の場所を突き止める

実際には、他の部位にも伸展動作が加わるために必ずしもそこだけが選択的に伸展するわけではありませんが、より大きく動かすことができることに違いはありません。

なので、少しずつ拳の位置をずらしていきながら、最も腰が楽になる位置を探していき、原因部位を特定していくことになります。

座位で可能な超強力な背筋トレーニング

座位のまま、背筋の選択的なトレーニングを実施することも可能となります。

その方法として、痛みの原因と思われる部位を手で触れた状態のまま、正座の状態から重心を徐々に前方に移していき、お尻をゆっくりと上げていきます。

椎間板障害の場所を突き止める2

痛みが出現している部位の背筋群が最も収縮しているポイントで止めて、等尺性収縮にてトレーニングしていきます。

この運動は負荷量がとても高いので、痛みが強い時期は実施しないでください。

背筋群の収縮は結果的に椎間板内圧を上げることにつながるので、症状が落ち着いてきたから、予防的な意味合いで実施することが望ましいです。

疼痛が発生する姿勢に則して行うことにより、姿勢矯正の意味合いも込めて実施していけるのでより効果的となります。

効果的なリハビリテーションの考察

ここまでに椎間板症についての概要と鑑別方法を中心に記載してきましたが、理解するほどにリハビリでの治癒が困難であることが理解できたはずです。

我々が実施する上で最も効果的な方法は、変性をきたしている椎間板の一部に集中しているストレスを分散し、除圧していくことです。

そのためには、生活指導、姿勢矯正が必要となります。また、それらと合わせて、鎮痛系の賦活をはかる対症療法を実施していくと効果的です。

具体的な生活指導や姿勢矯正については、「腰痛と姿勢の関係性~矯正方法についての図解~」の記事にまとめていますので、そちらをご参照ください。

お勧めの書籍(Amazon)

私が執筆している腰痛症の治療に関する書籍も出版されていますので、腰痛について深く理解したい場合は、是非ともご購入を検討してみてください。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme