vc

椎間板症のリハビリ治療

腰痛の原因としても多い椎間板症のリハビリ治療に関して、ここではわかりやすく解説していきます

椎間板の概要

椎間板は、椎骨と椎骨の間に存在する円形の線維軟骨で、中心部にゼリー状の髄核という組織があり、外側は線維輪に包まれています。

主な役割は、上下の椎骨にかかる衝撃を吸収するための緩衝作用です。

立位姿勢においては、上半身の約20%を椎間関節が受け止めており、残りの80%以上を椎間板が支えています。

椎間板という弾力性のある組織を介在することにより、上下の椎骨は僅かな範囲ですが自由に動くことが可能となります。

そのため、椎体後方の椎間関節と合わせて、椎体同士の軟骨関節が脊椎の可動性を実現するためには非常に重要です。

椎間板(椎間円板)

上位腰椎では椎間板の前面と後面はほぼ同じ高さであるのに対して、下位腰椎では前面の高さが後面の約2倍の高さとなります。

これは、前面を高くすることで前方部分への圧を減らし、さらに腰椎の前弯を構成するための大切な要素となっています。

そのため、加齢などに伴って椎間板が潰れていくと、腰が曲がったり(腰椎前弯の減少)、伸張が縮むことにつながります。

下位腰椎椎間板

通常、軟骨組織には神経はありませんが、椎間板の線維輪浅層に関しては脊椎洞神経からの支配を受けています。

脊椎洞神経は椎間板を左右から囲い込むようにして右と左に神経を分岐しているため、ここで障害を受けると腰の中心に痛みを訴えます。

これは椎間板ヘルニアでも同様であり、線維輪表層に炎症が起きて脊椎洞神経が刺激されると、腰痛も中心に起こりえることになります。

脊椎洞神経は椎間板以外にも、後縦靱帯や硬膜外腔、硬膜前面、骨膜などを支配するため、これらの障害はすべて中心に痛みを訴えます。

腰痛が片側性である場合は、椎間関節障害または筋筋膜性腰痛症のどちらかであると考えて大丈夫です。

椎間板は加齢的変化を伴う

椎間板は加齢に伴って変性していき、40歳頃ではすでに半数以上の方が椎間板に何らかの変性をきたしています。

椎間板に伴う痛みは、自覚症状が全くない場合から、強い痛みや生活への支障をきたす場合まで容体は様々です。

ただし、椎間板が完全に扁平化してしまうと、そこからはほとんど痛みを感じなくなります。

そのため、椎間板に由来する腰痛は変性が進行している30〜50代で最も多くなる傾向にあります。

変性後は椎体へのクッション作用が消失しますので、椎骨や椎間関節への負荷が高まり、圧迫骨折や椎間関節障害のリスクが高まります。

20-30歳 30-40歳 40-50歳 50歳以上
椎間板の経年劣化の段階 椎間板の変性,軽度 椎間板の変性,中等度 椎間板の変性,重度

上の図を見ていただくと、加齢につれて椎間板が薄くなり、中心の髄核が扁平化(縮小)しているのがわかると思います。

椎間板ヘルニアは髄核が線維輪を突き破り、外に飛び出してしまった状態をいいますが、高齢者ではその髄核が縮小しています。

そのため、高齢になるにつれて椎間板ヘルニアの発症は減少していくことになるわけです。

椎間板症の進行を予防する

椎間板の変性は、遺伝的な要因も関わっていますが、基本的には加齢的変化であり、変性そのものを改善させることはできません。

なので、治療には患者自身が予防的観点を持つことが重要になります。

具体的には、椎間板内圧が上昇する動作を長時間にわたって続けることは避けるように心がけます。

例えば、同一姿勢で作業をする際は、最低30分に一度は背伸びなどをして、姿勢を変えるようにすることが必要です。

また、重量物を持ち上げるような仕事をしている方では、荷物を持つときに腰椎前弯が保たれるように動作指導を行います。

背筋力(脊柱起立筋群)を強化することも有効で、椎骨や椎間板への負担を軽減することにつながります。

重症例では手術を要する場合もある

椎間板が原因で重度の痛みが発生しているケースでは、脊椎固定術や人工椎間板置換術などの手術が適応となる場合もあります。

ただし、これらの手術が行われることは極めて稀で、なぜなら加齢に伴って椎間板性腰痛は減少するからです。

理由としては、完全に扁平化してしまった椎間板は痛みを伝える神経が消失し、経過につれて和らいでいくのが一般的だからです。

手術に対する効果も、保存療法と比較して有効性が示されていませんので、実施する場合は十分に検討することが大切です。

脊椎|椎間板症

年齢によって腰痛の原因部位は変化する

加齢によって椎間板症が減少していく一方で、変性後は椎体や椎間関節への負担が増加し、別のところで腰痛の発生が増していきます。

そして結果的に、腰痛の年齢別割合に大差がない状態となっています。

このことを考慮して、腰痛の原因割合が変化していることに着目しながら検査していくことで、より正確な診断ができるようになります。

以下の表は、年代別の腰痛の原因となりやすい疾患です。

若年者 中年者 高年者
腰椎分離症 椎間板ヘルニア 脊椎圧迫骨折
強直性脊椎炎 椎間板症 脊柱管狭窄症
椎間関節障害 ぎっくり腰 腰椎終板炎
椎間板ヘルニア 心因性腰痛症 脊椎・脊髄腫瘍
椎間関節障害 椎間関節障害

腰椎終板炎について理解する

腰椎終板炎とは、腰椎の軟骨終板に炎症を起こしている状態を指します。

軟骨終板とは、椎体と椎間板が接している部分で、脊柱に過剰な圧迫負荷が加わったときに、最初に衝撃を受ける場所になります。

脊椎|軟骨終板

軟骨終板の機能は、①栄養供給機能、②椎体に髄核が侵入するのを防ぐ作用、③髄核から与えられる静水圧を分散する作用の3つです。

椎間終板炎は、椎間板の緩衝機能が低下し、椎体同士に衝撃が強く加わることが主な原因となります。

そのため、椎間板症から派生して出現する場合が多く、椎間板が変性してしまった50代以降に好発します。

稀にですが、脊椎に強い衝撃を受けて若年者でも起こることがありますが、その場合は受傷機転がはっきりとしています。

椎間板症と椎間終板炎を鑑別する

痛みの訴え方は椎間板症とよく似ていますが、椎間終板炎では背骨に不安定感があったり、腰が抜けるような感覚を訴えるのが特徴です。

また、椎間板症ではくしゃみや咳で腰が痛むため、無意識に何かに掴まろうとしてしまいますが、終板炎ではそのような行動はありません。

これは、終板炎が硬い椎体同士の衝突で起こるため、掴まるという行為が衝撃を緩和する手段とはならないからです。

確定診断にはMRI撮影が有用で、軟骨終板のあたりに炎症所見が確認できるので、臨床所見と合わせて診断を確定します。

炎症が落ち着くことで痛みの軽減が期待できますが、不安定感などの改善には、脊柱の安定化トレーニングが必要となります。

立位前屈テストで診るポイント

腰椎の屈曲をみるための簡単な検査として、立位で身体を反らす(後屈)テストがあります。

立位前屈テストで確認すべきポイントは3つあり、①腰椎屈曲、②骨盤前傾、③股関節屈曲です。

これらの各部位が連動して動くことで立位前屈が起きるため、それぞれが正常な範囲で動いているかを確認する必要があります。

体幹前屈動作.骨盤前傾,骨盤リズム,腰椎

例えば、もしも股関節に屈曲制限が存在するなら、足りない動きを代償するために腰椎が過剰に屈曲します。

そうすると、腰椎の椎間板の負担が増えてしまい、その積み重ねが痛みを起こすことにつながります。

多くの関節は動きが乏しい場合か、動きが過剰な場合に痛みが起こりますので、この場合は過剰な動きが関与していると推察されます。

しかし実際の患者では、椎間板性腰痛が疑われるにも関わらず、腰椎の屈曲が起こりにくい状態となっている場合が多々あります。

これは無意識の防御反応として大腰筋や多裂筋、後方筋膜などを緊張させて、責任レベルの腰椎屈曲を起こらないようにしていると推察されます。

立位前屈テストでは椎間板症以外にも、椎間板ヘルニアや筋筋膜性腰痛症、椎体圧迫骨折などで痛みが生じます。

前述したように筋筋膜性腰痛症は二次的な問題であることも多いため、必ず核となっている原因を見つけることが治療では必要となります。

リハビリテーション

①体幹後屈ストレッチ

腰椎の前弯減少は椎間板への負荷を高めるため、不良姿勢はできる限りに改善していくことが重要です。

また、中腰での作業や重量物の運搬、デスクワークなどは椎間板への負担が強く、これらの刺激が積み重なることでも損傷します。

これらの問題を解決するために体幹後屈ストレッチは有効であり、いわゆるマッケンジー体操などがこれに該当します。

方法としては、うつ伏せにて手は腕立て伏せをするときの位置に置き、両肘を伸ばしながら上半身を持ち上げていきます。

両腕をまっすぐに伸ばすことができたら、腰がたわんだ状態(リラックスして腰を反る)を作り、その姿勢で5秒保持します。

その際に、骨盤とお尻、下肢をリラックスさせて息を大きく吐くと、より効果的に腰がたわみが生まれます。

このたわみで痛みの軽減や認められるようなら、この姿勢をもっと長く保っておくようにしていきます。

マッケンジー体操

②背筋群の強化

背筋群を鍛えるトレーニングは多くありますが、ここでは座位にて簡単に行える運動を紹介します。

その方法は、正座をした状態で痛みの原因部位を手で触れておき、そこから重心を徐々に前方に移していき、お尻をゆっくりと上げます。

椎間板障害の場所を突き止める2

痛みが出現している部位の背筋群が最も収縮しているポイントで動きを止めて、等尺性収縮にて筋肉を働かせます。

この運動は負荷量がとても高いので、痛みが強い時期はあまりお薦めできませんが、簡単で強力に鍛えることができます。

背筋群の収縮は結果的に椎間板内圧を上げることにつながるので、症状が落ち着いてから予防的な意味合いで実施することが望ましいです。

③腰椎屈曲を抑制するテーピング

痛みの原因となっている椎間板レベルが特定できたら、その部分の屈曲動作を抑制するテーピングを行います。

下図の黄色い○部分が障害部と仮定すると、その上下から障害部に皮膚を引き離すようにしながら貼付していきます。

椎間板ヘルニアに対するテーピング治療|腰椎屈曲可動域制限

テープは伸縮性があるものを選ぶことが大切で、お勧めは3Mのキネシオロジーテーピング(マルチポアスポーツ)です。

このようにして貼るだけで、脊椎の屈曲動作を制限できるため、即時的に痛みを緩和することが可能となります。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme