スポンサードリンク

母趾外転筋,母趾内転筋

理学療法士が副業で年収を2倍

母趾外転筋、母趾内転筋に関するデータをここでは閲覧できます。目次は以下になります。

①母趾外転筋の概要

母趾外転筋(abductor hallucis)は、名前の通りに母趾を外転させる筋肉です。足の内縁に沿って走行し、腱は遠位で母趾屈筋の内側腱と合流します。

母趾外転筋
支配神経 内側足底神経
髄節 S1-2
起始 屈筋支帯、踵骨隆起の内側突起、足底腱膜
停止 第1基節骨の底、第1中足骨の内側種子骨、短母趾屈筋腱と合流
動作 母趾外転、母趾MP関節屈曲(副次的作用)
拮抗筋 母趾内転筋

②母趾内転筋の概要

母趾内転筋(adductor hallucis)は、名前の通りに母趾を内転させる筋肉です。横頭を斜頭を持つ二頭筋になります。斜頭のほうが大きく、より筋肉性です。

母趾内転筋は、足底金の第三層に位置する筋肉です。外反母趾を予防して、母趾を正しい位置に保つように働いています。

1.母指内転筋横頭
母趾内転筋横頭
2.母指内転筋斜頭
母趾内転筋斜頭
支配神経 外側足底神経
髄節 S2-3
起始 ①横頭:第3-5中足趾節(MTP)関節の関節包、深横中足靱帯
②斜頭:第2-4中足骨の底、立方骨、外側楔状骨
停止 第1基節骨の底、第1中足骨の外側種子骨
動作 母趾の内転、底屈、横中足アーチの支持
拮抗筋 母趾外転筋

外反母趾と母趾内外転筋

外反母趾を呈している場合は、母趾外転筋が機能不全や過緊張、母趾内転筋が短縮している状態にあります。

そのため、治療ではこれらの筋肉のリラクゼーションを図り、収縮の促通やストレッチを加えてアプローチしていくことが必要となります。

外反母趾と母趾外転筋

母趾内転筋の痛みとトリガーポイント

母趾内転筋のトリガーポイント(TP)は筋腹に出現し、関連痛は前部足底に起こります。TPの発生は非常に稀な筋肉です。

母趾内転筋のトリガーポイント

お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme