スポンサードリンク

理学療法士が整体副業をするなら整形外科クリニックで働こう!


理学療法士として病院やクリニックなどで働き、ある程度に経験を積んでから勤め先を退職し、整体院を開いている方は多いと思います。

それが良いことか悪いことかはさておき、今は病院も潰れる時代なので、現在の職場で定年まで勤め上げるといったことは難しいのが現状でしょう。

そんなときに独立して自力で食べていける能力があるなら、いずれやってくるかもしれないリスクに対応することができます。

理学療法士は専門職であり、他の業種に転職することは難しいので、これまでに培ってきた技術を活かした仕事をするのが得策です。

それが整体院であり、そこに最も結び付けられる技術を習得できるのが整形外科クリニックだと私は考えています。

具体的には外来リハビリで経験を積むことであり、とにかく多くの患者を施術することが重要になります。

実際に開業したときをイメージしながら、効果をいかに出して患者の満足度につなげられるかを想定しながら施術するように心がけます。

なぜ外来リハビリが適しているかは説明する間でもないかと思いますが、急性期や回復期病院ではやはり対象となる客層が異なります。

外来なら患者は自分で通える生活レベルであり、すでに接骨院などで治療を受けてきたような方々が多いです。

スポーツ外来をしているクリニックなら若年層も多く、さらに治療対象の幅を広げていくことも可能です。

どのようなコンセプトでやるかによっても変わりますが、整形外来は最も初心者向けで汎用性が高い技術を習得できると考えられます。

そして、整形外科クリニックと書いたもうひとつの理由が、副業を認めてくれる可能性が期待できるところです。

実際に私が勤めている医院は院長が副業を認めてくれており、とても寛容的かつ協力的な素晴らしい職場環境です。

大きな病院などは副業を禁止している場合が多く、自費での治療などを行っていたら上司から退職するように勧告されるかもしれません。

そのような面倒なことに巻き込まれないためにも、副業に対して寛容的で理解のある職場に勤めることが大切です。

もちろん簡単に独立して食べていけるほど自費治療は甘くありませんが、副業としてならリスクをとらずに行うことが可能です。

私が理学療法士の開業を推奨する理由としては、それで少なからず救われる人がいることや、これからさらに立場が弱くなるセラピストの職域拡大につながるからです。

理想の10年後をイメージしながら、そこに辿り着くためには今の自分に何が足りないかを考え、それに向かって行動を積み重ねてみてください。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme