スポンサードリンク

理学療法士の就職試験で適正検査や専門試験はなにが出るのか


大きな病院における理学療法士の就職試験では、①知能・学力検査、②性格検査、③専門試験、④小論文、⑤面接の5つを最大で実施することがあります。

①と②を合わせて適性検査と呼ばれており、同じ時間帯に実施される場合が多いです。では、各項目のそれぞれでどのような試験内容であるかを解説していきます。

①知能・学力検査

ここではいわゆるSPI試験を行います。内容は言語テスト(国語)と非言語テスト(数学)で、場合によっては、一般常識なども含まれます。

言語テストは対策が取りづらいので、どんな内容が出題されるを簡単に目を通しておくだけでいいと思います。非言語テストは計算問題が多いので、少し勉強しておくことで対策をとることは可能です。

下記のサイトから無料で学習することもできますので、チェックしてみてください。

http://saisokuspi.com/higengo/kakuritu/2/10/

②性格検査

性格検査はとくに対策する必要はなく、「あなたはひとりで過ごすほうが好きですか?」みたいな内容の質問が100問ほどありますので、それに淡々と答えていくだけです。

ひとつだけポイントを書くなら、「こう書いたほうが評価はいいだろうな」と考えないことです。この検査の最大の目的は、嘘つきを発見することです。なので、嘘を書くとバレると思ってください。

しっかりと学んだら対策することも可能かもしれませんが、そんなことに時間をかけるのはもったいないので、ここは直感的に答えるのが得策でしょう。

③専門試験

理学療法士の専門試験は、名前の通りに専門的な問題が中心であり、内容的には国家試験にちかいです。ここは対策ができる部分なので、絶対に受かりたいなら時間をかけたい部分です。

問題はほぼ国試なので、問題集や過去問アプリなどを使って勉強をしたらいいでしょう。ここで大事なポイントですが、就職における専門試験では、画像を見てから回答する問題はほとんど出ません。

そのため、勉強をするなら文章のみの問題を中心に実施し、あまりマニアックなところは出ないので表面的にそれなりに勉強しておくことで点数は稼げるかと思います。

④小論文

ここで細かく小論文の書き方について解説することはありませんが、小論文を簡単に説明するなら、「論理的な文章(簡易版)」みたいな感じだと思ってください。

論文を発表するときは裏付けされたデータを示すことが必要なように、相手を納得させるためにはなにが必要かを考え、論理的に書いていくようにしたら大丈夫です。

あまり難しい題材が選ばれることはなく、理学療法士のやりがいなどをテーマにする場合も多いので、ここもあまり対策することは難しい部分かもしれません。

⑤面接

とりあえず、「なぜ当院を希望したのか?」はほぼ間違いなく聞かれますので、それだけは確実に答えられるように用意しておいてください。

他は大きな病院ほどベタな質問がきやすいので、これまでに努力してきたことや長所と欠点、この病院に就職してから達成したいことなどは考えておくとよいでしょう。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme