スポンサードリンク

理学療法士の生涯収入は国立・公立病院が圧倒的に高い


理学療法士の生涯給料を考えた場合に、民間病院や一般企業で働くよりも、圧倒的に国立・公立病院で働いたほうが高くなります。

私の友人は某公立病院に勤めており、50歳で役職なしの先輩理学療法士の給与明細を見たらしいですが、その明細から計算するに年収は約700万円ほどだったそうです。

おそらく役職が付いたなら年収で800万円ちかくになると考えられ、この額を民間病院でもらうことはまず不可能でしょう。

もちろん公立病院は地方公務員なので県や市によって給与はピンキリなので、就職する前に調べておくことが大切です。

例えキリだとしても、ボーナスや退職金はしっかりと出ますし、昇給もあるはずです。

これが民間病院や一般企業だと定期の昇給がないところもかなり増えており、ボーナスも売上げに左右されてしまいます。

また、退職したあとの年金にも差が出てしまい、公務員なら共済年金となるために厚生年金よりも高いお金が入ってきます。

すべてを考慮すると生涯収入で1.5倍〜2倍ちかい違いになるため、圧倒的に国立や公立病院に就職したほうが良いといえるでしょう。

さらに年間の休みも多いですし、残業もほとんどありません。収益なんて気にしてないところも多いので、単位をとることに追われることもないでしょう。

これが民間企業ならより多くの単位をとるために無理な予定を組まされたり、週6出勤で毎日8時間勤務といったブラックなところも結構あります。

場所によっては医師の後継者がおらずに閉院したり、患者数が減少して閉院したり、役に立たないのでクビになったりすることもあるかもしれません。

こういった心配事もないので、もう圧倒的に国立・公立病院が有利だという話になるのですが、今から再就職でこのあたりに滑り込むのは難しいのが現状です。

しかしながら、起業を目指したりする場合は民間病院や一般企業に就職するほうが有利になるので、総合的な能力を伸ばすことに注力することが大事だと私は考えています。

そのためにも、今の環境を最大限に利用して能力を高めていき、あなただけにしかできないことを増やしていってください。

転職を考えている方には転職サイトランキングも作成していますので、是非ともそちらをご活用ください。

→ 理学療法士(PT)・作業療法士(OT)の転職求人サイト【2017年版】


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme