スポンサードリンク

病院のサイトを無料で作る方法|広告規制について


病院のサイトを作りたい。でも、作るのって難しそう…なんて考えてる皆様に朗報です。

Jimdoというweb上のホームページ制作サイトを使ったら誰でも簡単に、しかも無料でホームページを作ることができます。

私はこれまでにいくつかサイトを作ってきましたが、Jimdoが最も簡単でした。無料なので、お試しがてらにに作ってみるのも可能です。Jimdoのサイトはコチラになります。

実際に作成した病院のサイト

以下は、私が実際にjimdoを利用して作成したサイトです。これぐらいのクオリティなら誰でも簡単に作ることが出来ます。無料にしては、決して悪くない出来映えだと思います。

1.Jimdoで作成したホームページ(URLはコチラ)
Jimdoで病院のホームページを作る方法

上位表示されるには時間がかかる

Jimdoの欠点を挙げるなら、SEO対策が弱いこと(検索で上位に出にくい)と無料版では広告が出てくることですかね。

もちろん、有料版にアップグレードすることで広告は外すことが出来ますが、そんなに気になるほどでもないので無料版で十分です。

SEOについても、サイトをしっかり作っているなら時間が経ったら自動的に上位表示されるようになります。

その証拠に、「平松整形外科,長崎」でググってもらうと上位に表示されるはずです。また、HTMLやCSSの知識があるならもっとカッコよく作ることもできます。

病院のサイトを作る上での規制について

病院のホームページを作る上で注意しなければならないことは、 「広告規制がある」というところです。 病院は一般的な会社と違い、命に関わる仕事です。

なので、「絶対にうちの病院にきたら治る!」といった誇大広告や、「他の病院よりも医療機器が豊富」などいった比較広告は禁止されています。

詳しくは、以下の厚生労働省が発行している医療機関ホームページガイドラインを参照していただくようにお願いいたします。くれぐれも違反がないように気をつけてください。

トップページに載せた方がいい情報

病院のホームページを作る際に大切なのは、ここを見に来てくれる人たちはどんな情報を求めてやってきているのかを考え、その答えを真っ先に見つけられるようにして作ることです。

ほとんどの人は、今日は病院が開いているかどうか、営業時間は何時までかを調べているはずなので、トップページには必ず診療時間の案内を入れるようにしてください。

必要な情報はとにかく見やすくお願いします。

お知らせはツイッターを活用

ちょっとしたテクニックとして、お知らせは「ツイッター」を利用して更新することをおススメします。

ツイッターならわざわざパソコンを開いて打ち直す必要もなく、携帯を使用して数十秒で簡単に更新することができます。

もしもサイトを業者に委託しているなら、業者まで更新の連絡を入れないといけませんので、結局は面倒になって更新しないといった状況に陥ります。

他の病院のサイトをいくつか見てもらうとわかると思いますが、ほとんどは更新されずに放置されています。

そうなることを防ぐためにも、面倒な作業はなるべく増やさないことが大切です。

サイトを上位に表示させるためには

検索で最も重要になるのは「ページのタイトル」です。なので、タイトルを決めるときはどんな人を対象としているサイトなのかを考える必要があります。

私が作ったページでは、怪我をして近くの整形外科を探している人を対象として作っています。

具体的には、「平松整形外科医院|長崎県大村市の整形外科」といった具合に、タイトルに住所を入れ込んでしまっています。

なので、「大村市,整形外科」といったキーワードで検索している人にはヒットする可能性があります。

上位表示されるまでには時間がかかる

サイトをしっかり作っているなら時間が経ったら勝手に上位表示されると書きましたが、具体的にどれぐらいの時間がかかるのでしょうか。

私の経験から書くと、少なくとも4ヶ月ぐらいはかかると思います。時間はかかりますが、Google先生は非常に賢いので、条件に合ったサイトをいずれは必ず上位に表示してくれるようになります。

なので、焦らず気長に待っておいてください。

広域支援センターのHP作成(追記)

2015年になって県北地域リハビリテーション広域支援センターという委員会に入ることになったのですが、広域支援センターにはサイトが存在しなかったので、せっかくだからサイトを作りますよという提案をしてみました。

それで了解を得たので、久しぶりにJimdoを使ってサイトを作ってみました。そしたら、Jimdoに驚きのことが起こっていました。

Jimdoがスマホ対応になっている

久しぶりに作成してわかったのですが、Jimdoで作るサイトがスマホに対応していました。

以前はPCでもスマホでも画面には同じように表示されていたのですが、現在はスマホで見た場合は自動で最適化されて見やすくなっていました。

これが素晴らしいところは、スマホ画面に最適化されていないサイトはGoogle検索からの評価が落とされるため、スマホでは上位表示されにくかったのです。

しかし、自動で最適化されることによって、その心配がなくなりました。いやー、素晴らしいです。

これが実際に作ったサイトです。

2.Jimdoで作成したホームページ(URLはコチラ)
Jimdoで病院のホームページを作る方法2

Jimdoのメリットとデメリット

メリットはなんと言っても無料で作れることです。なので、とりあえずサンプルを作ってみてから報告することができます。

委員会に入って3日目には作って報告したので、「こいつ仕事ができる!」といった評価をもらうことができた…はずです笑。

デメリットは容量が500MBなので、写真やデータを頻繁にアップロードすると容量がなくなってしまう可能性がありますが、おそらくは大丈夫でしょう。

Jimdoは作るのも簡単ですし、医療職でこのスキルを持っているとかなり重宝されますので、是非とも取り組んでみてください。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme