vc

回旋筋,棘間筋,横突間筋

脊椎の深層に位置する回旋筋、棘間筋、横突間筋に関するデータを記載しています。目次は以下になります。

①短回旋筋

回旋筋(rotator muscle)は脊柱後面深層に位置する筋肉です。脊柱の筋肉で最も深層に位置しており、短回旋筋と長回旋筋から構成されています。

部位別に頚回旋筋、胸回旋筋、腰回旋筋と表現される場合もあります。名前の通り、体幹の回旋に働きます。

頸椎から腰椎にかけてノコギリのように筋束が連なり、椎骨ひとつひとつに回旋力を与えます。筋紡錘帯が密に存在し、脊柱の姿勢保持の微調整も担います。

短回旋筋
支配神経 脊髄神経の後枝
起始 環椎以外の椎骨の横突起
停止 1つ上位の椎骨の棘突起に停止する
動作 脊柱の回旋(反対側)、脊柱の伸展補助

②長回旋筋

短回旋筋が1つ上位の椎骨棘突起に付着するのに対して、長回旋筋は2つ上位の椎骨に付着します。

長回旋筋
支配神経 脊髄神経の後枝
起始 環椎以外の椎骨の横突起
停止 2つ上位の椎骨の棘突起に停止する
動作 脊柱の回旋(反対側)、脊柱の伸展補助

回旋筋の運動貢献度(順位)

貢献度 体幹回旋
1位 内腹斜筋(反対)
2位 外腹斜筋(同側)
3位 脊柱起立筋
4位 短回旋筋,長回旋筋

③棘間筋

棘間筋(interspinales)は、上下の椎体の棘突起をつなぐ筋肉です。棘筋が2つ以上をまたいで結ぶのに対して、棘間筋は隣接する椎体を結びます。

頸椎・胸椎・腰椎に存在しますが、胸椎ではしばしば欠損例が認められます。

棘間筋
支配神経 脊髄神経の後枝
起始 椎骨の棘突起
停止 1つ上位の椎骨の棘突起
動作 脊柱の伸展、脊柱の安定化

④横突間筋

横突間筋(intertransversarii)は、背筋群の中でも最も深層に位置する筋肉です。上下の椎体の横突起間をつなぎます。

頸椎では前後に、腰椎では内外側にふたつ存在しており、胸椎ではしばしば欠損しています。下記の写真は腰部外側横突間筋です。

外側横突間筋
支配神経 頚後・腰内側:脊髄神経の後枝
頚前・腰外側:脊髄神経の前枝
起始・停止 ①頚前:第2-7頚椎の隣接する横突起の前結節間を結ぶ
②頚後:第2-7頚椎の隣接する横突起の後結節間を結ぶ
③腰内側:すべての隣接する腰椎の上位の副突起と下位の乳様突起を結ぶ
④腰外側:すべての腰椎の隣接する肋骨突起間を結ぶ
停止 1つ上位の椎骨の棘突起
動作 両側:頚椎・腰椎の安定化、伸展
片側:頚椎・腰椎を同側に側屈

お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme