短橈側手根伸筋

この記事では、短橈側手根伸筋(extensor carpi radialis brevis)に関する充実したデータを閲覧できます。

短橈側手根伸筋の概要

短橈側手根伸筋の起始停止

短橈側手根伸筋は前腕後面浅層に位置しており、長橈側手根伸筋のすぐ後方を並走しています。

長橈側手根伸筋と同様に手関節の背屈・橈屈に作用しますが、停止が中指の中手骨底のため、短橈側手根伸筋の橈屈作用は乏しいです。

この筋肉はテニスのバックハンド動作で活躍しますが、しばしばオーバーユースにて起始部の外側上顆に炎症を起こします。(テニス肘)

基本データ

支配神経 橈骨神経の深枝
髄節 C7
起始 上腕骨の外側上顆、外側側副靭帯、橈骨輪状靭帯
停止 3中手骨底の背側面
栄養血管 橈骨動脈
動作 手関節の橈屈,背屈、肘関節の屈曲
拮抗筋 橈骨手根屈筋
筋体積 22
筋線維長 8.8

運動貢献度(順位)

貢献度

手関節背屈

手関節橈屈

肘関節屈曲

1 総指伸筋 長橈側手根伸筋 上腕二頭筋
2 長橈側手根伸筋 長母指外転筋 上腕筋
3 短橈側手根伸筋 長母指伸筋 腕橈骨筋
4 尺側手根伸筋 橈側手根屈筋 長橈側手根伸筋

※短橈側手根伸筋は、手関節の橈屈にはあまり貢献しません。

短橈側手根伸筋の触診方法

短橈側手根伸筋

写真では、手関節の橈屈・背屈運動にて、短橈側手根伸筋を外側上顆(起始部)にて触診しています。

短橈側手根伸筋をのすぐ前方(手掌側)を長橈側手根伸筋が並走していますので、筋間中隔を確かめるようにして識別します。

ストレッチ方法

短橈側手根伸筋のストレッチング

端座位で肩関節伸展・肘関節伸展。前腕回内・手関節掌屈位にし、手背をベッドに置いて体幹を後方に倒しながら掌屈角度を増大させます。

筋力トレーニング

短橈側手根屈筋の筋力トレーニング

手の平を下に向けてバーベルなどの重りを持ち、手関節を背屈させます。

圧痛点と関連痛領域

短橈側手根伸筋の圧痛点と関連痛領域

短橈側手根伸筋のトリガーポイントは筋腹に出現し、関連痛は上腕骨外側上顆から前腕外側、第2指まで波及します。

短橈側手根伸筋は外側上顆炎(テニス肘)の原因に最もなりやすいため、十分に柔軟性を確保しておくことが大切です。


他の記事も読んでみる

スキルアップできる本

vc

勉強になる情報をお届けします!

セラピストが副業で稼ぐ方法

vc

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme