スポンサードリンク

長母趾屈筋,短母趾屈筋


長母趾屈筋、短母趾屈筋に関する充実したデータ(ストレッチ、筋力トレーニング、マッサージ方法など)をここでは閲覧できます。目次は以下になります。

内在筋と外在筋について

内在筋は足根骨もしくは足趾骨に起始と停止を共に持つ筋を指し、外在筋は足関節よりも近位に起始を持ち、足趾骨に停止する筋を指します。

長母趾屈筋は外在筋で、短母趾屈筋は内在筋に属し、支配神経も異なります。内在筋の中でも、趾骨のみに起始と停止を共に持つ筋を中足筋と呼びます。

外内在筋 筋肉 支配神経
母趾 長母趾屈筋 脛骨神経
長母趾伸筋 深腓骨神経
他趾 長趾屈筋 脛骨神経
長趾伸筋 深腓骨神経
足内在筋 筋肉 支配神経
母趾 短母趾屈筋 内側足底神経,外側足底神経
短母趾伸筋 深腓骨神経
母趾外転筋 内側足底神経
母趾内転筋 外側足底神経
他趾 短趾屈筋 内側足底神経
短趾伸筋 深腓骨神経
足底方形筋 外側足底神経
短小趾屈筋 外側足底神経
小趾外転筋 外側足底神経
小趾対立筋 外側足底神経
虫様筋 内側足底神経,外側足底神経
中足筋 背側骨間筋 外側足底神経
掌側骨間筋 外側足底神経

①短母趾屈筋の概要

短母趾屈筋(flexor hallucis brevis)は足底内側に位置する内在筋で、表層は足底腱膜や母趾外転筋、長母指屈筋腱に覆われています。

停止部が内側と外側の2頭に分かれており、内側は母趾外転筋と、外側は母趾内転筋とそれぞれ癒着しています。

1.短母趾屈筋内側頭
短母趾屈筋内側頭
2.短母趾屈筋外側頭
短母趾屈筋外側頭
支配神経 内側頭:内側足底神経(L5-S1)
外側頭:外側足底神経(S1-2)
起始 立方骨下面の内側、楔状骨、外側楔状骨、後脛骨筋の腱
停止 内側頭:第1基節骨の底(内側種子骨経由)
外側頭:第1基節骨の底(外側種子骨経由)
動作 母趾MP関節の屈曲
血管支配 第1底側中足動脈
拮抗筋 長母趾伸筋
筋連結 母趾内転筋、母趾外転筋
スポンサードリンク

短母趾屈筋の触診方法

下記の写真では、足関節を完全底屈位に保持した肢位での母趾MP関節の屈曲運動にて、短母趾屈筋を起始部(立方骨下面の内側)で触診しています。

足底には厚い脂肪組織があり、本筋はその深部に位置しているため、触診が困難となる場合も少なくありません。

そのため、長母趾屈筋腱の内側又は外側から深部に指を押し入れて、母趾を屈伸させると触知しやすいです。

短母趾屈筋

母趾を最大伸展すると足底内側に長母趾屈筋腱が膨隆します。短母趾屈筋は長母趾屈筋腱の左右を内側頭と外側頭がほぼ平行に走行しています。

長母趾屈筋腱の隆起

②長母趾屈筋の概要

長母趾屈筋(flexor hallucis longus)は下腿後面深層に位置する筋肉で、表層はヒラメ筋や腓腹筋に覆われており、筋腹はやや下方に存在します。

アキレス腱を内側を通過して足底に伸びていきますが、足底部では腱に移行しており、そのまま細長く伸びて母趾の末節骨底に停止します。

長母趾屈筋は内側縦アーチの形成に関与する筋肉のひとつであり、偏平足の治療でアプローチすることが多い部位です。

長母趾屈筋
支配神経 脛骨神経
髄節 S1-2
起始 腓骨後面の下方2/3、下腿骨間膜の下部、筋間中隔
停止 母趾の末節骨底
栄養血管 腓骨動脈
動作 母趾IP関節の屈曲、足関節の底屈,内反
拮抗筋 長母趾伸筋
筋体積 93㎤
筋線維長 5.0㎝
速筋:遅筋(%) 50.0:50.0

足底のアーチについて

長母趾屈筋は足底の内側縦アーチを支持する筋肉であるため、これらの筋肉に弱化や麻痺が起こることでアーチが崩れる場合があります。

1.足底のアーチ(横側)
足関節のアーチ
2.足底のアーチ(足底)
足関節のアーチ|横アーチ|内側アーチ|外側アーチ
部位 支持する筋肉
内側縦アーチ 前脛骨筋
後脛骨筋
長母趾屈筋
長趾屈筋
母趾外転筋
外側縦アーチ 長腓骨筋
短腓骨筋

長母趾屈筋の触診方法

下記の写真では、足関節を軽度背屈し、第2-5趾を屈曲位に保持した肢位での母趾IP関節の屈曲運動を行ってもらっています。

第2-5趾を屈曲保持する理由は、長母趾屈筋の前方を通過する長趾屈筋腱の収縮を防ぐことができ、触診が容易となるからです。

長母趾屈筋の筋腹がある内果後上方あたりで手を当て、その状態で母趾を屈伸させることで筋収縮が確認できます。

母趾を最大伸展させると足底内側に長母趾屈筋腱が膨隆しますので、腱部はより容易に触診することが可能です。

長母趾屈筋

長母趾屈筋の個別ストレッチング

坐位にて下肢を屈曲させて踵を椅子の上に置き、両手で母趾を把持します。その状態から手を引き寄せていき、足関節および母趾を背屈させていきます。
長母趾屈筋,ストレッチ,方法

下腿の断面図

下腿中央を断面でみた場合、長母趾屈筋は腓骨後面に貼り付いてることがよくわかります。また、後方に位置するヒラメ筋との筋間中隔にも付着を持ちます。

下腿中央の断面図|長母趾屈筋

足趾伸筋の運動貢献度(順位)

貢献度 足趾屈曲
1位 長母趾屈筋
2位 長趾屈筋
3位 短母趾屈筋
4位 短趾屈筋

ストレッチ方法

①軽く膝を曲げた両脚を前後に開き、後方のつま先を床に押しつけていきます。その際に、足関節と母趾がしっかりと伸展するようにストレッチしていきます。
短母趾屈筋,ストレッチ,方法,足趾背屈

筋力トレーニング

①立位の姿勢をとり、背伸びをするように踵を上げていきます。その際に、指先を曲げるようにして、なるべく足趾で立つように意識しながら実施します。
短母趾屈筋,筋力トレーニング,方法
②床にタオルを伸ばして引いて、その端を足の指で掴みながらたぐり寄せていきます。この方法はタオルギャザーと呼ばれます。
タオルギャザー,足趾屈筋,屈曲,筋トレ,方法

長母指屈筋の筋膜経線

母指球筋はDFL(ディープ・フロント・ライン)という筋膜経線に属する筋肉で、足の指先から舌まで続く非常に長いラインになります。

DFLは他のラインとはやや異なり、三次元な構造を呈するために線として考えるには理解が難しいともいえます。

アナトミートレイン|DFL|ディープ・フロント・ライン

DFLで重要なのは姿勢機能で、内側縦アーチの保持、下肢の各区分を安定させる、腰椎を前方から支える、頭部のバランスを保つといった役割があります。

アナトミートレイン|DFL|ディープ・フロント・ライン2

長母趾屈筋のマッサージ方法

患者に腹臥位をとってもらい、術者は手根をアキレス腱の遠位外側に置き、長母趾屈筋を触知して押圧していきます。

その状態から腓骨後面の上方2/3(起始部)まで滑らせていき、筋全体に圧を加えていきます。

筋腹は下腿三頭筋に覆われているため触知できませんが、上から押圧しながら筋の走行をイメージして実施していきます。

お勧めの一冊

筋肉の走行を見ながら触診やマッサージ方法を学ぶことができるベストセラー書です。付属のDVDで実際の流れを見て覚えることができるのでお勧めです。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme