vc

総指伸筋

総指伸筋に関する充実したデータ(ストレッチ、筋力トレーニング、マッサージ方法など)をここでは閲覧できます。目次は以下になります。

総指伸筋の概要

総指伸筋(extensor digitorum)は最も強力な指の伸展筋であり、第2-5指の伸展に作用します。

総指伸筋より伸びた外側束には、掌側骨間筋や背側骨間筋、虫様筋の腱が合流してPIP関節・DIP関節の伸展運動に貢献しています。

手関節を越えた遠位の総指伸筋腱は、各指に向かう腱が互いに結合しており、固定力を強めています。(腱間結合)

総指伸筋は力強く握る動作において、手関節を背屈位に固定する作用もあります。

総指伸筋
支配神経 橈骨神経の深枝
髄節 C6-8
起始 上腕骨の外側上顆,外側側副靭帯,橈骨輪状靭帯,前腕筋膜
停止 中央は中節骨底,両側は合わさって末節骨底
栄養血管 後骨間動脈
動作 第2-5指DIP/PIP/MP関節の伸展,手関節の背屈
筋体積 29㎤
筋線維長 11.6㎝
速筋:遅筋(%) 52.7:47.3
スポンサードリンク

手指の伸筋と屈筋について

浅指屈筋や深指屈筋の一部(示指のみ)は各指に対して個別に作用できるのに対し、総指伸筋は各指に対して個別に作用することはできません。

これは各指に向かう筋束(腱)が腱間結合によって固定されることに由来しています。そのため、総指伸筋は総じて動くと覚えておいてください。

指を曲げた状態で1本ずつ伸展させてみるとわかりますが、第2指と第5指だけは最終伸展まで持っていくことができます。

その理由としては、第2指には示指伸筋が、第5指には小指伸筋といった固有の伸筋が存在していることに由来します。

総指伸筋の触診方法

手をパーにして大きく開くと各手指の下で浮き出る腱がありますが、これが総指伸筋腱になります。そのため、簡単に触知することが可能です。

第2指と第5指に関しては、他指を屈曲した状態で伸展すると固有の伸筋(示指伸筋と小指伸筋)が浮き出るために注意が必要です。

自己触診:総指伸筋

手根管部の断面図

下図の緑色部分は手根管部になります。その下の有頭骨、小菱形骨の背側に位置しているのが総指伸筋腱です。

総指伸筋腱は示指伸筋腱と共に、伸筋支帯の第4区画を通って2-5指の指先(末節骨)に達します。

手根管を通過する筋肉や腱|示指伸筋、小指伸筋

手指伸筋の運動貢献度(順位)

貢献度 母指伸展 手指伸展 手関節背屈
1位 長母指伸筋 総指伸筋 総指伸筋
2位 短母指伸筋 示指伸筋 長橈側手根伸筋
3位 小指伸筋 短橈側手根伸筋
4位 尺側手根伸筋

ストレッチ方法

①軽くグーを握って、手背を大腿部に置きます。その状態から上肢に体重をかけていき、総指伸筋をストレッチしていきます。
総指伸筋,ストレッチ,方法

筋力トレーニング

①手の平を下に向けてバーベルなどの重りを持ち、手関節を背屈させます。
総指伸筋,筋トレ,方法,ダンベル
②指先で体重を支えて、腕立て伏せを実施していきます。負荷が高い運動なので、両膝をついて実施しても構いません。
指立て伏せ,総指伸筋,筋トレ,方法

トリガーポイントと関連痛領域

総指伸筋のトリガーポイントは、中指及び薬指、外側上顆に関連痛を引き起こします。

また、上腕骨外側上顆炎(テニス肘)では短橈側手根伸筋と共に疼痛の原因となり、しばしば圧痛を認めます。

総指伸筋,トリガーポイント,痛み,関連痛領域

総指伸筋はSBAL(スーパーフィシャル・バックアーム・ライン)の筋膜経線上に位置しており、筋膜のよじれは僧帽筋や後頭骨にまで痛みを波及させる原因となります。

アナトミートレイン|SBAL|スーパーフィシャル・バックアーム・ライン

マッサージ方法

グーパーの動作を繰り返してもらうと前腕部で収縮が触知できますので、その走行に沿いながら母指で圧迫を加えてマッサージしていきます。

関連痛領域に波及している場合は、上腕骨の外側上顆(起始部)から前腕を中心にストリッピングしていき、筋硬結部を探し出してリリースします。

お勧めの一冊

筋肉の走行を見ながら触診やマッサージ方法を学ぶことができるベストセラー書です。

付属のDVDで実際の流れを見て覚えることができるのでお勧めです。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme