スポンサードリンク

肩甲上神経麻痺のリハビリ治療


肩甲上神経麻痺のリハビリ治療に関する目次は以下になります。

肩甲上神経の概要

肩甲上神経(C5-6)は腕神経叢(C5-T1)の上神経幹から起こっており、棘上筋と棘下筋を支配している神経になります。

僧帽筋上部や肩甲舌骨筋の下部を走りながら肩甲骨に向かっていき、肩甲骨上部にある肩甲切痕と上肩甲横靭帯の間を通過します。

そこで棘上筋に神経を与え、さらに肩甲棘の外側から肩甲棘下に回り込み、棘下筋に神経を与えています。

肩甲上神経

肩甲上神経麻痺について

肩甲上神経麻痺は、臨床でも非常に見落とされやすい神経障害のひとつです。

その多くは肩峰下インピンジメント症候群や腱板損傷、頸部神経根障害と誤診されることになります。

そのため、肩甲上神経麻痺の症状や起こりやすい症状を理解することで、肩関節治療の精度を上げることができるようになります。

肩甲上神経の主な絞扼部と障害名

絞扼部 名称
肩甲切痕 肩甲切痕症候群
棘下筋腱移行部
斜角筋隙 斜角筋症候群(胸郭出口症候群)

肩甲切痕症候群

肩甲骨の上部にある肩甲切痕部にて神経圧迫を受けている場合を肩甲切痕症候群と呼びます。

肩甲切痕部の障害では、純粋な肩甲上神経麻痺を呈するため、その支配神経である棘上筋と棘下筋の筋力低下や萎縮がみられます。

肩甲上神経は肩甲切痕を通過した後、肩甲上腕関節上部の知覚を支配する枝を分岐するため、肩上方の痛みの原因となります。

棘下筋による圧迫

棘下筋によって肩甲上神経が圧迫されている場合は、棘上筋にはすでに棘上部で神経を与えているため、棘上筋には障害は起こりません。

そのため、障害が起きる部位は棘下筋のみとなります。

バレーボールや野球などの腕を上げる動作を繰り返すスポーツでは、肩甲上神経や棘下筋が伸張されて圧迫を受けるために起こりやすいとされています。

また、しばしばガングリオンの発生によって神経が圧迫されているケースも認められます。

斜角筋症候群

斜角筋症候群とは、前斜角筋と中斜角筋の間隙を通過する腕神経叢が圧迫を受けることにより、それより下位の神経が麻痺した状態をいいます。

そのため、斜角筋症候群による肩甲上神経麻痺の場合は、その他の多くの知覚異常や運動麻痺呈することになります。

その他の肋鎖間隙や小胸筋下間隙で起こる胸郭出口症候群は肩甲上神経が分岐後の腕神経叢を圧迫するため、棘下筋や棘上筋に麻痺は起こりません。

そのため、上肢全体にわたって症状が出現し、なおかつ棘上筋や棘下筋にも運動麻痺が認められる場合に疑うことができます。

胸郭出口症候群|斜角筋隙

その他の疾患との鑑別方法

まずは肩甲上神経麻痺を起こしている部位について正確に予測する必要があります。そのためには、似た症状をきたす他の疾患との鑑別が必要です。

腱板損傷(棘上筋や棘下筋の損傷)の場合、棘上筋のみに障害が起きることは多いですが、肩甲上神経麻痺の場合は棘上筋のみに障害が起きることはありません。

棘上筋に障害があるなら、棘下筋にも必ず障害が起きており、棘下筋は触知しやすい筋肉なので筋萎縮を確認することができます。

頚部神経根障害や胸郭出口症候群などの場合は、知覚異常やその他の筋肉にも麻痺が起きるため、鑑別はそう難しくはありません。

また、腱板損傷や頚部神経根障害はMRIにて確認することができますので、症状と見合わせながら正確な鑑別が可能かと思います。

肩峰下インピンジメント症候群については、神経麻痺が起こってから二次的に発生している場合も多いため、なにが主因で起こったかを推察する必要があります。

そのためには、スポーツ歴からこれまでの経過、肩峰下の圧痛や画像所見などを手がかりとしていくことが求められます。

どちらにせよ、アプローチとしては両者に配慮する必要があるため、治療過程の中で炎症が落ち着いていき、肩甲上神経麻痺に特徴的な所見が認められるかを併行して診ていくとよかと思われます。

リハビリテーション

基本的には神経の牽引や圧迫が問題であるため、安静の指示と筋のリラクゼーションが治療の第一選択になります。

とくに神経を圧迫している可能性のある部位は十分に緊張をほぐしていき、神経の圧迫が取り除けるようにアプローチしていきます。

萎縮があるからといって筋力強化などを行う必要はなく、むしろ悪化させてしまう可能性があるので控えます。

筋力低下や萎縮に関しては、神経の圧迫さえ除去できたら自然経過の中で改善していきます。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme