vc

肩甲挙筋

この記事では、肩甲挙筋(levator scapulae)に関する充実したデータを閲覧できます。

肩甲挙筋の概要

肩甲挙筋の起始停止

肩甲挙筋は頸部後側面に位置する筋肉で、下方(停止部)は僧帽筋に、上方(起始部)は胸鎖乳突筋に覆われています。

僧帽筋上部線維と共に肩甲骨挙上に作用し、菱形筋や小胸筋と協同して肩甲骨下方回旋にも働きます。

肩甲骨が固定された状態では、両側の収縮で頚部伸展に、片側の収縮で頸部側屈と同側回旋に作用します。

基本データ

支配神経 肩甲背神経
髄節 C2-5
起始 1-4頸椎の横突起の後結節
停止 肩甲骨の上角・内側縁上部
栄養血管 背側肩甲動脈
動作 肩甲骨の挙上、下方回旋
筋体積 72
筋線維長 19.0

運動貢献度(順位)

貢献度

肩甲骨挙上

1 僧帽筋(上部)
2 肩甲挙筋
3 大菱形筋
4 小菱形筋

※僧帽筋が機能低下している症例では肩甲骨の固定機能を肩甲挙筋に依存することになります。

肩甲挙筋の触診方法

肩甲挙筋

写真では、肩甲骨の下方回旋を誘発しながらの肩甲骨挙上運動にて、肩甲挙筋の収縮を停止部上縁で触診しています。

肩甲挙筋は頚椎横突起後結節に起始部を持ち、骨への圧迫が容易であるため、強い触診は疼痛を引き起こすので控えます。

筋腹は肩甲骨上角のやや内側上方にて、僧帽筋の深部にコリコリとした4つの筋束として触知することができます。

表層の僧帽筋上部線維を緩めるために、肩関節を伸展・内転・内旋させた状態(結帯動作の位置)にて保持するとより触知しやすいです。

ストレッチ方法

肩甲挙筋のストレッチング

手で後頭部を引き寄せ、頸椎を回旋した後に屈曲していきます。

肩甲骨を下制しすぎると僧帽筋上部線維が伸張されてしまうので、肩を下げすぎないよう留意します。

筋力トレーニング

肩甲挙筋の筋力トレーニング

重りやバーベルを肩幅よりやや広めに持って、両肩を持ち上げます。

圧痛点と関連痛領域

肩甲挙筋の圧痛点と関連痛領域

肩甲挙筋は外旋運動配列の筋膜にも属しており、圧痛点(トリガーポイント)は肩甲挙筋の遠位部に出現します。

頚部痛や肩甲骨痛、肩痛が主訴であり、場合によっては上肢外後方から薬指にかけての関連痛を引き起こします。

マッサージ方法

患者には腹臥位をとっていただき、腕を背中に回して肩甲骨を浮き上がらせ、肩甲挙筋の停止部である上角に手を当てます。

表層には僧帽筋がありますので、緊張が高い場合は事前にリラックスさせておきます。

肩甲挙筋のトリガーポイントは上角付近に発生しますので、硬結部を発見したら持続圧迫を加えてリリースしてます。

上角から徐々に母指を上方に滑らせていき、停止部(頸椎の横突起)に向かってストリッピングしていきます。

肩甲挙筋と肩こりの関係性

菱形筋と肩甲背神経

肩甲挙筋は肩結合織炎(肩こり)において筋硬結が著名に発生しやすく、これには肩甲背神経の絞扼が関与しています。

肩甲背神経はC5神経根より分岐後、肩甲挙筋、小菱形筋、大菱形筋の深部を通過しながら枝を与えています。

肩甲挙筋に過剰な攣縮が起こると、深部の肩甲背神経を公約し、肩甲骨内側の鈍痛を訴えることになります。

また、肩甲挙筋の過剰な緊張は肩甲骨を挙上・下方回旋位でロックし、二次的に肩関節不安定性を引き起こします。

関連する疾患

  • 胸郭出口症候群
  • 肩関節不安定症
  • 肩結合織炎
  • 肩関節周囲炎
  • 投球障害肩 etc.

お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme