スポンサードリンク

脊柱起立筋


脊柱起立筋に関する充実したデータ(ストレッチ、筋力トレーニング、マッサージ方法など)をここでは閲覧できます。目次は以下になります。

脊柱起立筋の概要

脊柱起立筋(erector spinae)は、脊柱の浅層に位置しており、脊柱に対して平行に走行している長背筋群の総称になります。

具体的には、①頸腸肋筋、②胸腸肋筋、③腰腸肋筋、④頭最長筋、⑤頸最長筋、⑥胸最長筋、⑦頸棘筋、⑧胸棘筋の8つの筋肉から構成されています。

固有背筋は細かく分類すると26個もあるため、すべての名称を覚えるのは非常に大変ですが、一定のパターンも存在しています。

そのパターンさえ覚えてしまったら、おおむねの筋肉の配置や名称を暗記ではなく理解して覚えることができます。以下にその表を掲載します。

 固有背筋表固有背筋表

頭棘筋が「△」となっているのは、頭半棘筋と融合している場合が多いため、数えないこともよくあるためです。

また、多裂筋は頸・胸・腰部で三つに分ける場合もありますが、基本的にはひとつにまとめられて表現される場合が多いです。

脊柱起立筋は重力に抗するあらゆる動きで使用されるため、抗重力筋に分類され、拮抗筋である腹直筋よりも日常生活で使用される頻度が高い筋肉です。

そのため、速筋線維(白筋)よりも遅筋線維(赤筋)の割合のほうが多いといった特徴を持っています。

①頸腸肋筋の概要

頸腸肋筋(iliocostalis cervicis)は脊柱起立筋の中で最も外側に位置する筋肉で、浅層を僧帽筋や肩甲挙筋に覆われています。

起始は肩甲骨の下方で肋骨に付着しており、そこから下位頸椎の横突起に付着して、頸椎の伸展や側屈に作用します。

頚最長筋
支配神経 脊髄神経の後枝
髄節 C4-L3
起始 第3-6(又は7)肋骨の肋骨角
停止 第4-6頸椎の横突起の後結節
栄養血管 肋間動脈、腰動脈
動作 頸椎の伸展,側屈(同側)

<頸腸肋筋の観察と触診>

頸腸肋筋は上後鋸筋、肩甲挙筋、菱形筋、僧帽筋に覆われています。写真では、停止部のC4-6横突起後結節にて触診しています。

自己触診:頚腸肋筋

②胸腸肋筋の概要

胸腸肋筋(iliocostalis thoracis)は頸腸肋筋の起始部ちかく(上位肋骨)に停止部を持っており、下位肋骨に起始部を持ちます。

そのため、胸腸肋筋は脊柱起立筋で唯一脊柱に付着部を持たない特殊な筋肉になります。肋骨を引き付けるようにして、間接的に胸椎の伸展と側屈に作用します。

胸腸肋筋
支配神経 脊髄神経の後枝
髄節 C4-L3
起始 第7-12肋骨
停止 第1-6肋骨
栄養血管 肋間動脈、腰動脈
動作 胸椎の伸展,側屈(同側)

<胸腸肋筋の観察と触診>

胸腸肋筋の上部(停止側)は肩甲骨に、下部は広背筋に覆われています。肩甲骨の下角あたりより広背筋の上から収縮を触知するのが最もわかりやすい筋肉です。

胸椎伸展に力を入れたとき、胸最長筋の外側で第1-6肋骨角上縁から第7-12肋骨角に沿う膨隆として触知ができます。

自己触診:胸腸肋筋

③腰腸肋筋の概要

腰腸肋筋(iliocostalis lumborum)は胸腸肋筋の起始部外側に(下位肋骨)に停止部を持っており、腸骨稜の後部に起始部を持ちます。

そのため、骨盤に下位肋骨を引き付けるようにして、間接的に胸腰椎の伸展と側屈に作用します。

頸・胸・腰腸肋筋は起始部と停止部が入れ替わるように頸椎から骨盤まで連なっており、3筋は協働して脊柱の伸展(起立)に貢献します。

腰腸肋筋
支配神経 脊髄神経の後枝
髄節 C4-L3
起始 腸骨稜の外唇、仙骨、胸腰筋膜
停止 第6-12肋骨の後面
栄養血管 肋間動脈、腰動脈
動作 胸椎の伸展,側屈(同側)

<腰腸肋筋の観察と触診>

浅層は広背筋と下後鋸筋に覆われて走行していますが、脊椎の伸展には働かないために腰腸肋筋の収縮は容易に触知が可能です。

下の写真では、脊柱起立筋の最外側部(上位腰椎あたり)で筋収縮を触知しています。

自己触診:腰腸肋筋

腰腸肋筋のトリガーポイントと関連痛

腰腸肋筋の下位腰椎より腱に移行しており、その移行部あたりでトリガーポイント(TP)は触知されやすいです。

痛みは殿部を中心に発生し、上方に派生するように伸びていくのが特徴です。側弯や脚長差、外傷などによって損傷しやすいです。

腰腸肋筋の関連痛領域
TP 腰腸肋筋の筋腱移行部(停止部)
関連痛領域 筋腹から殿部、または上方にかけて

④頭最長筋の概要

頭最長筋(longissimus capitis)は頭半棘筋と頚最長筋の間にあり、表層は僧帽筋上部や頚板状筋に覆われています。

下位腰椎から上位胸椎に起始を持ち、側頭骨の乳様突起に停止しています。停止部では、胸鎖乳突筋と頭板状筋の深層で付着しています。

そのため、頭部を介して頸椎の伸展と側屈に作用します。

頭最長筋
支配神経 脊髄神経の後枝
髄節 C2-L5
起始 第5頸椎から第3(4,5)胸椎の横突起
停止 側頭骨の乳様突起
栄養血管 外側仙骨動脈
動作 頸部の伸展,側屈(同側),回旋(同側)

<頭最長筋の観察と触診>

頭最長筋の停止部は頭板状筋と胸鎖乳突筋の深層にあるため、両筋の間から進入し、乳様突起の下あたりを圧迫することで触知しています。

自己触診:頭最長筋

⑤頸最長筋の概要

頸最長筋(longissimus cervicis)は頭最長筋の外側を走行している筋肉で、上位胸椎より起始して、頸椎の全体にわたって付着しています。

そのため、頸椎を引き付けるようにして伸展と側屈の作用があります。

頚最長筋
支配神経 脊髄神経の後枝
髄節 C2-L5
起始 第1-6胸椎の横突起
停止 第2-6(又は5)頸椎の横突起の後結節
栄養血管 外側仙骨動脈
動作 頸部の伸展,側屈(同側)、胸椎の伸展

⑥胸最長筋の概要

胸最長筋(longissimus thoracis)は広背筋や下行胸筋の深層を走行しながら骨盤から中下位胸椎(肋骨)に停止する脊柱起立筋で最大の筋になります。

外側の筋線維は肋骨に、内側は胸椎と腰椎に停止しており、主に胸腰椎の伸展と側屈の作用を持ちます。

胸最長筋
支配神経 脊髄神経の後枝
髄節 C2(又は1)-L5
起始 仙骨、腰椎の棘突起、下位腰椎の横突起
停止 ①内側:腰椎の副突起、胸椎の横突起
②外側:腰椎の肋骨突起、肋骨、胸腰筋膜の深葉
栄養血管 外側仙骨動脈
動作 胸腰椎の伸展,側屈(同側)

<胸最長筋の観察と触診>

胸最長筋は、脊柱起立筋の収縮時に最も膨隆した部分として観察が可能です。表層には広背筋が位置しているため、その上部からの触知となります。

自己触診:胸最長筋

⑦頸棘筋の概要

頸棘筋(spinalis cervicis)は僧帽筋上中部、頭板状筋、頭半棘筋、菱形筋、上後鋸筋に覆われている深部の筋肉で、脊柱起立筋の中で最も内側を走行します。

頚棘筋
支配神経 脊髄神経の後枝
髄節 C2-Th10
起始 第6頸椎から第2胸椎の横突起
停止 第2-4(又は5)頸椎の棘突起
栄養血管 外側仙骨動脈
動作 頸椎の伸展,側屈(同側)

⑧胸棘筋の概要

胸棘筋(spinalis thoracis)は広背筋や胸最長筋の深層に位置しており、頸棘筋と共に脊柱起立筋の最も内側を走ります。

主に胸椎の伸展に作用し、内側を走行しているために側屈作用は小さいとされています。

胸棘筋
支配神経 脊髄神経の後枝
髄節 C2-Th10
起始 第10胸椎-第3(又は2)腰椎の棘突起
停止 第2-8(又は9)胸椎の棘突起
栄養血管 外側仙骨動脈
動作 胸腰椎の伸展,側屈(同側)

<胸棘筋の観察と触診>

脊柱起立筋の最も内側で触診することができます。体幹を伸展すると、胸椎から上部腰椎棘突起のすぐ外側で筋の収縮を触知できます。

自己触診:胸棘筋

脊柱起立筋の運動貢献度(順位)

貢献度 体幹伸展 体幹回旋 体幹側屈
1位 脊柱起立筋 内腹斜筋(反対側回旋) 外腹斜筋
2位 腰方形筋 外腹斜筋(同側回旋) 内腹斜筋
3位 半棘筋 脊柱起立筋 腰方形筋
4位 多裂筋 回旋筋 脊柱起立筋

ストレッチ方法

①椅子に腰かけて下肢を肩幅よりやや大きく開きます。その姿勢から体を前側方に倒しながら、上肢を遠位の地面に向かって伸ばしていきます。
脊柱起立筋,腸肋筋,ストレッチ,方法
②両腕を広げて仰向けになり、両膝を揃えて持ち上げていきます。さらに背中を丸めこむようにすることで、脊柱起立筋をより伸張することが可能となります。
脊柱起立筋,最長筋,ストレッチ,方法
③骨盤を支えながら体幹を屈曲・側屈・回旋し、両膝を肩関節の方向に近づけていきます。伸張する筋線維に応じて、体幹の回旋角度を変化させていきます。
胸棘筋,ストレッチ,方法

筋力トレーニング

①上半身が屈曲しないように注意をしながら、ボールを前方に転がすようにして重心を前方に移していきます。低負荷のため、圧迫骨折後などの高齢者でも痛みなく実施できます。
脊柱起立筋,腸肋筋,筋トレ,方法,ゴムボール
②立位にて片脚を後ろに引き、前方の下肢を屈曲させていきながら重心を前方に移します。その状態で脊柱を反らしていくことにより脊柱起立筋が緊張させます。
脊柱起立筋,筋力トレーニング,方法,体幹伸展,最長筋
③四つ這いとなって片手片脚を挙上し、地面と水平になるように意識しながら姿勢を保つように実施します。同側の上下肢を挙上することで負荷を高めることもできます。
脊柱起立筋,四つ這いバランス,胸棘筋,筋トレ
④専用のベンチなどにうつ伏せとなって足を固定し、上体を持ち上げていきます。
上体そらし,背筋,トレーニング,方法

マッサージ方法

脊柱起立筋はいくつもの筋肉から構成される群なので、マッサージを実施する場合は治療対象の筋肉を想定しながらの実施となります。

基本的な方法として、患者には腹臥位になってもらい、重ねた手根または肘を筋肉の起始部に起きます。

しっかりと組織を押圧しながら筋の走行に沿ってストリッピングしていき、硬結部などがないかを確認していきます。

硬結部を発見したら、その都度に持続圧迫を加えていき、硬結や緊張がほぐれるまで待つようにします。

脊柱起立筋と筋筋膜経路

脊柱起立筋はSBL(スーパーフィシャル・バック・ライン)の筋膜経線につながる筋肉で、足底筋膜や帽状腱膜といった組織とのつながりを持っています。

例えば、足底筋膜炎などで足を痛めた場合、筋膜の柔軟性が損なわれたり、歪みを生じさせる原因になります。

そうすると、結果的に脊柱起立筋の筋膜も歪みの影響を受けてしまい、腰部の柔軟性を失うことになります。

筋肉の滑走が不全となると腰部の負担が増強し、原因は足底筋膜にも関わらず、腰に痛みを引き起こす原因となってしまいます。

アナトミートレイン|SBL|スーパーフィシャル・バック・ライン|脊柱起立筋

お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme