スポンサードリンク

腰方形筋


腰方形筋に関する充実したデータ(ストレッチ、筋力トレーニング、マッサージ方法など)をここでは閲覧できます。目次は以下になります。

腰方形筋の概要

腰方形筋(quadratus lumborum)は腰椎の両側にある長方形の深層筋で、後面を広背筋、脊柱起立筋、内腹斜筋、腹横筋に覆われています。

骨盤から起始して腰椎の肋骨突起に停止しており、骨盤を介して股関節を上げることが出来るため、「股関節挙筋」とも呼ばれます。

また、第12肋骨にも停止部を持っていることから、努力呼気時に第12肋骨を固定する作用も担っています。

腸骨稜から前上方に走行しているため、両側が収縮することで腰椎の伸展、片側が収縮することで腰椎の側屈が起こります。

 1.前方から見た腰方形筋
腰方形筋|正面
 2.側方から見た腰方形筋
腰方形筋|側面
 3.後方から見た腰方形筋
腰方形筋|後面
支配神経 腰神経叢
髄節 Th12-L3
起始 腸骨稜の内唇
停止 第12肋骨、L1-4(又は3)の肋骨突起
動作 腰椎の側屈、伸展、第12肋骨の下制
筋体積 25㎤
筋線維長 5.8㎝
筋連結 大腰筋,横隔膜,最長筋,腸肋筋

腰方形筋の運動貢献度(順位)

貢献度 体幹伸展 体幹側屈
1位 脊柱起立筋 外腹斜筋
2位 腰方形筋 内腹斜筋
3位 半棘筋 腰方形筋
4位 多裂筋 脊柱起立筋

腰方形筋が硬くなると骨盤がずれる

歯科医師などのように特殊な斜め姿勢で作業をする職種や脊椎側弯症、脚長差、運動中にバランスを崩すなどで損傷する場合が多いです。

長期間の不良姿勢は腰方形筋を短縮させてしまい、骨盤の高さが左右で違うといった姿勢変化をもたらすことになります。

関節の生理学上、脊椎の側屈は伸展と回旋の動きを含みます。従って、片方の腰方形筋が硬くなると、側屈に加えて身体の捻れが生じます。

腰方形筋の触診方法

下の写真では、触診側の骨盤挙上運動にて腰方形筋を筋腹で触知しています。挙上運動を反復することにより、収縮する腰方形筋を確認できます。

表層には内腹斜筋や腹横筋が覆っていますので、体幹の屈曲や回旋の動きが入らないように注意しながら実施します。

腰方形筋

腰方形筋のトリガーポイントと関連痛領域

腰方形筋のトリガーポイントは停止付近に存在し、関連痛は筋腹、仙腸関節、下殿部から前方に向けて放散していきます。

腸骨に長時間の牽引ストレスが加わることで仙腸関節の負担が増していき、結果的に仙腸関節障害を招いてしまいます。

仙腸関節障害は周囲の後仙腸靱帯に刺激となり、仙腸関節から下殿部にかけての放散した痛みを引き起こします。

また、筋肉が損傷している場合は深い横腹の痛みを生じるため、しばしば内臓の痛みと混同される場合があります。

腰方形筋の関連痛領域

ストレッチ方法

①両手を頭上に上げ、上体を片側へゆっくり大きく捻ります。
 腰方形筋,ストレッチ,方法
②四つ這いで片手を足首の方に伸ばします。横腹あたりがしっかりと伸ばされているのを感じながら実施してください。
腰方形筋,四つ這い,体幹ストレッチ,方法

筋力トレーニング

①片手にダンベルを持ち、持った側と反対側に上体を曲げます。腰方形筋の収縮が入っていることを確認しながら実施してください。
腰方形筋,ダンベル,体幹側屈,方法,筋トレ,体幹筋,コアトレーニング
②立位にて片脚を斜め後方(股関節伸展・内転方向)に引き、前方の下肢を屈曲させていきながら重心を前方に移します。
腰方形筋,筋トレ,体幹伸展,方法,立位,姿勢矯正,方法,腰痛

マッサージ方法

施術の際はベッドで側臥位となってもらい、下側の腹部にはタオルなどを入れ、上側の下肢は伸展内転、上肢は外転させるようにして腰方形筋を広げます。

腰方形筋は深い位置にあるため、母指などを垂直に入れて爪が刺さらないように、手はグーを握った状態で指関節を用いて、ゆっくりと深く押圧します。

腰方形筋の浅層には、内腹斜筋や腹横筋が位置しているため、それらの緊張が入らないように注意しながら施術していきます。

腰方形筋|全体

お勧めの一冊

筋肉の走行を見ながら触診やマッサージ方法を学ぶことができるベストセラー書です。付属のDVDで実際の流れを見て覚えることができるのでお勧めです。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme