スポンサードリンク

腰椎分離症の治療についてサクッと解説


腰椎分離症の治療法について、簡単にわかりやすくサクッと解説していきます。

腰椎分離症の概要

発育期のスポーツ活動により発生した腰椎椎弓の関節突起間部の疲労骨折が原因で発生します。発生初期に安静が図れない場合は、前方へのすべりが生じます。

日本人の約6%が患っており、女性よりも男性に多く発生します(約2倍)。発症年齢のほとんどは12-17歳ですが、スポーツ選手では20代以降でも発生する場合があります。

アスリート全体では30-40%に腰椎分離症が認められると報告されており、一般の人の6倍以上にものぼります。分離のほとんどは第5腰椎に発生します。

痛みは体幹の伸展動作にて、椎間関節に負荷がかかることで誘発されます。伸展に加えて側屈させることで、左右のどちらに問題があるかを鑑別することも可能です。(kempテスト)

訴えとしては、激痛ではなく鈍痛である場合がほとんどで、障害のある棘突起に圧痛を認めます。

腰椎分離症,体幹伸展動作,痛み

腰椎分離症の原因

基本的にオーバーユース障害であり、腰椎の一部分に負担が蓄積して疲労骨折をきたすことが原因となります。

初期ではヒビが入ったような状態ですが、ここで適切な治療が行われなかった場合、最終的には腰椎が完全に分離します。

分離部を放置したままにしていると偽関節となってしまい、二度と元には戻らなくなってしまいます。

オーバーユース障害ではありますが、実際にはスポーツを熱心にしていないにも関わらず、分離症を発症している子供も多く、遺伝的な要因が大きく影響していることがわかっています。

初期 末期
脊椎|脊椎分離症|初期 脊椎|脊椎分離症

画像検査

初期の腰椎分離症はX線写真では診断できないため、腰椎分離症が疑われる場合はMRIやCTを撮影することが必要です。

CTでは、初期より分離部に淡い骨折線を確認することができます。また、進行期になると明かなギャップを認め、さらに進行すると骨硬化や分節化を認めます。

MRIでは、初期より椎弓根付近に輝度変化が認められるため、早期診断に有用となります。

腰椎分離症は発生初期なら保存量法で治癒しますが、進行後は保存量法での治癒が望めなくなります。そのため、MRIやCTで進行度合いを確認することが治療方針を決定するうえでも大切です。

腰椎分離症の保存療法

治療には、発生の初期段階でコルセットなどの装具療法を行い、骨の修復が完了するまではスポーツ活動を中止して、患部の安静に努めることが大切です。

前述したように、完全に分離してしまうと二度と自然修復されることはないので、そのことを患者にもよく理解していただくことが大切です。

たとえ分離したとしても、成長期が終わるとともに次第に痛みが消失していくため、成人後の分離症は生活に支障をきたさない場合がほとんどです。

しかし、加齢につれて分離部が肥厚していき、結果的に脊髄神経などを圧迫することがありますので、発生はできる限りに予防することが大切です。

お勧めの書籍を紹介

現在、腰痛関連の本を中心に読みあさっているのですが、とても役立つ本を見つけたのでご紹介したいと思います。

著者は徳島大学の西良浩一教授であり、腰痛治療のエキスパートです。超一流のトップアスリートたちの治療にも携わっている有名な外科医です。

本書では、非特異的腰痛症の原因を特定するための方法や治療方法について外科医の立場から解説されており、目からウロコの内容が数多くあります。

値段も1,500円以下とお買い得なので、腰痛治療で難渋されているセラピストは必見の一冊ですよ。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme